芸能

朝ドラ以外にも増加する「帯ドラマ」は「TV見ない人にドラマを見せる“作戦枠”」 

個性的な風貌も魅力

『差出人は、誰ですか?』に出演中の柄本時生

 同じ時間帯に毎日放送される「帯ドラマ」。近年、「朝ドラ」以外にも放送されるケースが増えている。その理由とは? コラムニストのペリー荻野さんが分析する。

 * * *
 近年、「帯ドラマ」が存在感を増している。その代表といえば、60年以上の歴史を誇るNHKの朝ドラだ。今年も『カムカムエヴリバディ』から始まって、沖縄と東京を舞台にした『ちむどんどん』、現在の『舞い上がれ!』と、時代もスタイルもまったく違う三作が出そろった。

 NHKでは、今春スタートした月曜日から木曜日の「夜ドラ」も奮闘中。井上祐貴、桜田ひよりらが出演した第一弾の青春ミステリー「卒業タイムリミット」に始まり、BSプレミアム・BS4Kで話題を集めた『星新一の不思議な不思議な短編ドラマ』、平凡な住宅地に逃亡犯が?という騒ぎを描いた『つまらない住宅地のすべての家』など、ミステリー、SF、人情ドラマなどさまざまな作品が放送されている。

 中でも、元キャバ嬢のシングルマザー山崎亜子(仁村紗和)が、尼崎の実家に戻って宅配の仕事を始める『あなたのブツが、ここに』は、涙と笑いを盛り込みながら、コロナ禍や母子関係、激しいクレームやパンツ一丁で受け取りに出てこられたりする宅配業のリアルが描かれた秀作だった。

 油断できないのが、日本テレビ系の『ZIP!朝ドラ』だ。7時50分くらいから5分という放送時間ながら、中身は濃い。錦鯉の若き日々を描いた『泳げ!ニシキゴイ』では、娘(長谷川雅紀の姉・片山友希)の大学受験料をパチンコに使って、人生に絶対(勝てる)はないと勉強になったなどと言うダメ親父・純一(シソンヌじろう)も困りものだが、「父ちゃん、勉強したんだね」とか言い出す長谷川って。朝から口あんぐりなんてこともあった。今は高校生の合唱コンクールを描く『クレッシェンドで進め』が放つ青春のピカピカがまぶしい日々である。

 そして、深夜帯では、TBS『よるおびドラマ』枠で『差出人は、誰ですか?』が放送中だ。高校の国語教師(柄本時生)がはじめた「手紙ゲーム」により、主人公の美月(幸澤沙良)はじめ、高校生たちの恋心、疑惑、生きづらさ、本音が暴露されていく。SNSの時代にあえて手紙。一話15分のドラマだ。

 民放の帯ドラマは、13時台に通称「昼ドラ」としてフジテレビ系とTBS系で60年代から長く放送されていたが、2016年春に終了。テレビ朝日系で2017年、倉本聰脚本の『やすらぎの郷』で昼帯劇場が始まり、中断をはさんで2020年春に終了していた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン