芸能

松本潤、大河初主演で岡田准一や小栗旬から助言 撮影現場の雰囲気作りにも尽力

うな重の差し入れをしキャストやスタッフを喜ばせたという

小栗旬や岡田准一から助言を受けたという

 ミラーボールのような七色の光の先にあるのは、ダンスステージ……ではなく何台も並んだアツアツの鉄板とコンロ。その上で焼かれる極上の肉は、食欲をそそるにおいと音でお腹を刺激する。鉄板の前に立つのは、松本潤(39才)だった。これは10月、来年のNHK大河ドラマ『どうする家康』の撮影現場での一幕だ。同ドラマのスタッフが明かす。

「その日は、差し入れの一覧表に『焼き肉弁当』とあったので食事の時間を楽しみにしていました。どんな豪華弁当にありつけるのかと思っていたら、まさか松本さんが即席の焼き肉店を作ってしまうなんて! ミラーボールまで用意して特設会場も作っていました。座長として、現場の雰囲気作りにまで気を配っているんだと感じました」

 クランクインは今年6月。序盤は地方でのロケが中心だったという。

「愛知県内の海岸や、静岡県浜松市の展望台、ほかにも茨城県でも泊まりがけのロケが行われました。そういったときも、スタッフ全員での食事の機会を松本さんが作ってくれたことがありました。徳川家臣団のように、キャストとスタッフが一丸となって撮影が進んでいます」(前出・ドラマスタッフ)

『どうする家康』は、小国・三河の岡崎城主、松平広忠の息子として生まれた家康が、乱世を終わらせるまでを描く物語だ。群雄割拠の戦国時代を描くだけあって、キャスティングも豪華の一言。織田信長を岡田准一(42才)、武田信玄を阿部寛(58才)、今川義元を野村萬斎(56才)が演じるほか、家康の側近・酒井忠次役には大森南朋(50才)が名を連ねている。

「特に、松本さんの事務所の先輩で、2014年の大河ドラマ『軍師官兵衛』で主演を務めた岡田さんに助言をもらうことがあるそうです。時代劇では、現代とは違う独特な所作をマスターしなければなりません。例えば、歩くときに手を振らないとか、立ち上がるときは絶対に手をつかないとか。大河の主役となれば、なおさら完璧な所作が要求されますから、かなり気を使っているようです」(前出・ドラマスタッフ)

 物語序盤の舞台となる静岡県や愛知県内は、すでに大きな盛り上がりを見せているという。

「東海地方限定のポスターが11月初旬から各所に貼られ始め、松本さんが訪れた浜松城にはファンが押し寄せています。来年1月8日の初回放送日には、松本さんらキャストが1日で静岡県静岡市と浜松市、愛知県岡崎市の3か所を訪れるイベントの開催も告知されました。スタート前から大きな期待が集まっています」(NHK関係者)

関連記事

トピックス

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン
女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン