国際情報

【舛添要一氏解説】軍事侵攻を正当化する「プーチンの論理」は、旧ソ連の独裁者スターリンに酷似している

(Getty Images)

ウクライナ4州のロシアへの併合を一方的に宣言した(Getty Images)

 2022年2月に侵攻を開始してから約7か月後、ロシアのプーチン大統領はウクライナ4州の一方的な併合を宣言した。その後、南部へルソン州の州都を奪還するなどウクライナ側の反撃も激しさを増しており、11月末現在、戦いの終わりは見えていない。そもそも、なぜプーチンはウクライナ侵攻を始めたのか。

 20世紀の独裁について解説するシリーズ第3作『スターリンの正体 ヒトラーより残虐な男』を上梓した国際政治学者・舛添要一氏は、プーチンの「論理」はソ連の独裁者・スターリンのそれと酷似していると指摘する。

 * * *
 プーチン大統領は、スターリンは祖国をファシズムから守った偉大な政治家だとして、スターリン批判を禁止しています。

「人類史上一番偉い人は誰か」を問うた2021年5月のロシア人に対する世論調査では、1位がスターリンで39%、2位がレーニンで30%、3位がプーシキンで23%、4位がピョートル大帝で19%、5位がプーチンで15%です。

 スターリンは、1939年8月23日に独ソ不可侵条約を締結し、ヒトラーと組んでポーランドを分割領有したり、バルト三国などを支配下に置いたりしますが、これは第一次世界大戦、ロシア革命とそれに伴う内戦の混乱の中で奪われたロシア帝国の領土を回復する試みでした。ロシアの歴史家フレヴニュークが指摘するように、スターリンにとってこれはまさに「歴史的不正義を正すこと」だったのです。

(Gettty Images)

スターリンの領土拡張の論理「歴史的不正義を正す」をプーチンはなぞる(Gettty Images)

 プーチンは、2022年2月24日、ウクライナに侵攻します。プーチンによれば、それは、ベルリンの壁崩壊、ソ連邦の解体という混乱の30年間に失われた領土と支配地域を回復する作業の一環なのです。

 1989年のベルリンの壁崩壊で東西冷戦は終わりました。アメリカが盟主を務める西側が勝利し、ロシアが率いる東側が敗けたのです。その2年後の1991年12月までにソ連邦は解体し、15あった共和国はそれぞれ単独の国家として独立していきました。

 冷戦の敗者であるロシアにおいて、2000年3月の大統領選挙で当選し、大統領に就任したのがプーチンです。アメリカと勢力を二分したソ連邦の時代を懐かしむプーチンは、ソ連帝国、強いロシアの復活、失われた領土の回復を大きな目標に掲げます。まさに、スターリンと同じです。

 その際の大義名分は、ロシア系住民の保護です。これもスターリンと同じです。そして、ロシア連邦から離脱して独立しようとする各地域の民族主義者に対しては、徹底して弾圧するのです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン