国内

《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔

プロフィールには「笑亀マン」の文言が(本人のFacebookページより)

「笑亀マン」という名前で知られていた(容疑者のFacebookプロフィール)

 昨年9月に長野県議会議員の妻が自宅で殺害された事件で、11月28日夜、夫の丸山大輔容疑者(48)が逮捕された。1年前の事件後、丸山容疑者はニュース番組の取材に対し、「真相を早く知りたい。犯人がどんな心境でそういうことに至ったのか、今はどうしているのか気になる」などと答えていた。

 丸山容疑者は、長野県塩尻市で明治時代から続く老舗酒造「笑亀酒造」に生まれた。慶應大学を卒業したあと、先代社長の急逝により2002年に社長に就任。2019年の選挙で自民党の公認を受けて当選し、現在は2期目だった。地元の支持は厚く、過去2回の選挙はどちらもトップ当選だった。

「周囲からは国政への挑戦を勧められていましたが、本人は地元にこだわりがあったようです。少子高齢化対策や産業振興に力を注いでいました」(政治記者)

 丸山容疑者を知る人物ほど、今回の逮捕に「まさか」という反応だ。近隣住民が語る。

「隣組(町内会)の長を担当する順番だったので、今年4月からお任せしていました。なにぶん忙しい方ですし、奥さんもいなくて大丈夫かなと心配していましたが、集金などの作業をしっかりやってくれました。そんな犯罪なんてするような方とは思えません」(地元住民)

 酒造の社長として営業活動も兼ねて、あちこちの飲み会に顔を出していた。冗談好きで明るい人柄が慕われ、“笑亀(しょうき)マン”というあだ名で呼ばれていた。

「お酒好きでしたが、人に迷惑をかけるような飲み方はせず、みんなを楽しく盛り上げていましたよ。酒造の催し物では、自ら『笑亀マン』というキャラクターに扮して、参加者にお酒を勧めていました。また時には『塩尻市の名物として、“ヒップリン”なんてどうだろう』なんて言い出し、実際に試食会を開いたことも。県議会議員になってからはさすがに昔と同じようなノリで飲み会はできなくなりましたが、地元思いで明るくて、“笑亀マン”は人気者でした」(丸山容疑者の知人)

 夫婦で酒造見学などの対応をすることもあった。20年来の友人は、「すごく仲の良い夫婦に見えた」と振り返る。

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン