ライフ

【新刊】「伏線回収」が褒め言葉となるミステリー界に一石 『栞と嘘の季節』など4冊

虐げられた者達の私的領域は荒らさず、声にならない声を聴くハンサムボーイ達──『栞と嘘の季節』

虐げられた者達の私的領域は荒らさず、声にならない声を聴くハンサムボーイ達──『栞と嘘の季節』

 朝晩の冷え込みから冬の気配を感じられるこの頃、暖かい部屋で読書を楽しむのはいかがでしょうか? おすすめの新刊4冊を紹介します。

『ばくうどの悪夢』/澤村伊智/KADOKAWA/2035円

現代ホラーの第一人者が紡ぐ、映画『エルム街の悪夢』へのリスペクト作

現代ホラーの第一人者が紡ぐ、映画『エルム街の悪夢』へのリスペクト作『ばくうどの悪夢』

「ばくうど」は夢の世界に棲むバケモノ。冒頭の無差別殺人の凄惨さに震え、途中の「現実の登場人物」表で今までは夢だったんだと一息つくも、どんどん悪夢と現実の区別がつかなくなっていく。霊能者の真琴と「僕」と少女の3人は、夢の深い所に小狡く沈潜するばくうどと死闘を繰り広げる。幸福な夢も捨てて。宙づりのラストがこの比嘉姉妹シリーズ次作への興味を繋ぐ。

『栞と嘘の季節』/米澤穂信/集英社/1815円

『栞と嘘の季節』

『栞と嘘の季節』

 図書委員を務める高2の「僕」こと堀川次郎。返却本の間に押し花の栞を見つけ、松倉詩門がトリカブトだと見抜く。誰が何の目的でこんな猛毒の栞を? 2人は真相を探り始める。伏線回収が最上の褒め言葉になったミステリー界の風潮に一石を投じる文芸色濃いミステリー。ミルハウザーの極上短篇「夜の姉妹団」が効果的に引用され、共振する空気感にすっかり魅了される。

『ラインマーカーズ』/穂村弘/小学館文庫/616円

文庫になったベスト版歌集。ちゃんと五七五七七になる不思議『ラインマーカーズ』

文庫になったベスト版歌集。ちゃんと五七五七七になる不思議『ラインマーカーズ』

 まさかほむほむをご存じないとでも? オフビートな現代短歌を作る歌人です。例えばこれ。〈ハロー 夜。ハロー 静かな霜柱。ハロー カップヌードルの海老たち。〉。大御所歌人達が『新・百人一首』に採った歌で、この秀歌を含む自選ベスト版の文庫化だ。〈「なんかこれ、にんぎょくさい」と渡されたエビアン水や夜の陸橋〉。五七五七七のリズムが空間でダンスしてる楽しさ、味わって。

『バカと無知 人間、この不都合な生きもの』/橘玲/新潮新書 968円

ネットニュースでアクセス数が多いのは芸能人と正義の話題。ヒトの本性に迫る『バカと無知』

ネットニュースでアクセス数が多いのは芸能人と正義の話題。ヒトの本性に迫る『バカと無知』

 週刊誌連載時のタイトルを副題に追いやり、大タイトルにバカと付けたのは養老先生の跡目狙いか!? 内容的には前作『言ってはいけない』の続編。「正義は最大の娯楽である」とか「自尊心は『勘違い力』」であるとか「共同体のあたたかさは排除から生まれる」とか不都合な真実だらけ。脳科学や認知科学などの知見を紹介する著者は、人間本性陳列クラブの敏腕DJのようだ。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年12月8日号

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン