国内

カネを溜め込むNHK 制作費と受信料徴収コストの大幅カットで余剰金2231億円に膨張

紅白「若者シフト」の狙いとは(写真/共同通信社)

制作費のカットなどで剰余金が膨らんでいくNHK(写真/共同通信社)

 年末のNHKの看板番組「紅白歌合戦」の今年の出演者が発表され、“シニア視聴者切り捨て”と波紋を広げている。K-POPアイドルが5組出場し、そのうち2組は日本ではほぼ新人。ジャニーズも6組、全出場歌手42組中、初出場組が10組を占め、若者世代には知名度があっても、シニア世代には聞いたこともないユニット名が並ぶ。

 しかし、若者世代はテレビを持っていない人も多く、そうなると当然、受信料も払っていない人が多い。番組は「若者偏重」になる一方で、受信料はシニア層に支えられている現実があるのだ。

 そして、NHKには高齢者から集めた受信料で懐にはカネがうなっている。

 NHKの決算によると、繰り越し剰余金は2019年度末の1280億円から2021年度末には過去最大の2231億円に膨らんだ。それとは別に、渋谷のNHK放送センターの建て替えのために建設積立金が1693億円あり、貯め込んだ剰余金は合計3924億円に達する。

 そうしたカネはもっぱら番組のサービス低下と受信料徴収コストの引き下げによって捻出される。

 2020年1月に就任した前田晃伸NHK会長は「スリムで強靭な新しいNHK」を掲げ、BS放送1波とAMラジオのチャンネル数削減を盛り込んだ経営計画をまとめた。

 折からのコロナ感染拡大でNHKは番組制作費を大幅にカット。2021年度のジャンル別の番組制作費を前田会長が就任する前年の2019年度と比べると、ニュースなど報道部門は197億円、スポーツ番組は195億円減り、全体では3605億円から3070億円へと535億円(約15%)の減額。その間の受信料の減少幅は315億円(約4.4%)なので、番組制作費がいかにバッサリ削られたかがわかる。

 制作費のカットは番組の質低下やコンテンツの減少につながる。NHKはその裏で浮いた制作費を剰余金としてちゃっかり貯め込んでいたのである。

 現在、NHK受信料を支払っているのは全国で約3682万世帯、受信料未払い者への訴訟など国民への“恫喝”と批判された徴収強化で支払い率は対象世帯の約79%に達している。

 徴収率がアップすると、NHKは次に集金コストを大幅に削った。集金人による戸別訪問徴収を段階的に廃止し、人件費などの営業経費を2021年度には2019年度と比べて約140億円減らした。

 NHKは来年10月から受信料の1割値下げを発表したが、貯め込んだカネから視聴者に還元されるのは地上波契約で月125円という“雀の涙”ほどの金額だ。その上、値下げと同時に受信料の未払い者には倍額を請求する制度を新設する。

『NHKはなぜ金持ちなのか?』の著者でジャーナリストの小田桐誠氏が指摘する。

「NHKは本体の他に子会社にもカネを蓄えています。会計検査院が2017年にNHKの子会社全体で948億円の剰余金があると指摘したが、現預金だけでなく、有価証券、不動産などの形でも資産を作っている。子会社は2021年度にも合計500億円程度の売り上げがあり、剰余金はさらに増えている可能性があります。

 子会社がどうやって稼ぐかというと、NHKはNHKエンタープライズを通して様々な制作会社に番組制作を委託することで制作費を抑え、その上で制作会社が取材した素材を含めてすべてアーカイブスに保存する。例えば30分番組の制作でその10倍近い時間カメラを回し、使っていない部分を映像素材として売る。

 関連グッズの収入も大きい。例えば、大ヒットした朝の連続テレビ小説『あまちゃん』は、230もの関連商品で関連会社は75億円の収入を得た。そうした関連会社のヘソクリを出せば、受信料はもっと下げられるはず」

関連キーワード

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン