芸能

【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子

夫とは別居、人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子(10月下旬)

 母親は子供が3才になるまで子育てに専念した方がいい。世間では俗に言う“3才児神話”がいまも広く浸透している。だが、育児に熱心な姿勢が評価され、ベストマザー賞にも選ばれた篠田麻里子(36才)には2才になった愛娘と暮らせない複雑な事情があった。ついに法廷闘争に発展した泥沼トラブルの行き着く先は──。

 10月下旬の肌寒い夜。バケットハットを目深にかぶり、サングラスとマスクで顔を覆った背の高い女性が、都内の住宅街でたたずんでいた。少し前まで家族3人で暮らしたマンションは、ひとりで過ごすには持て余すほど広い。かつては幼い子供の手を引いた道を1人で歩く篠田麻里子の背中はどこか寂しげだった──。

 アイドルグループAKB48出身で、現在は女優、モデルとして活動する篠田が、3才下の一般男性A氏と結婚したのは2019年2月。翌年3月に女児を出産し“ママタレ”として活動を再開してからは、育児と仕事を両立する多忙な日々を送ってきた。

「離乳食を作るためにベビーフードコンサルタントの資格を取得するほど食育に熱心で、2才になったばかりの娘さんが成長する姿をYouTubeの『篠田麻里子ん家』で公開しています。今年2月には娘さんによく似たご主人も顔出しで出演し、仲むつまじい家族の日常をオープンにしていたのですが……」(芸能関係者)

 実は篠田は数か月前からA氏と別居し、愛娘とも離れて1人で暮らしている。発端は夫婦間のトラブルだった。篠田の知人が明かす。

「別居の原因は、Aさんが彼女の浮気を疑ったことでした。篠田さんは『絶対にない』と否定したものの、不信感を募らせるAさんと口論に。Aさんの怒りは収まらず、娘さんを連れて実家に戻ってしまったといいます」

 何度か話し合いの場が持たれたというが、その後も夫婦関係が修復されることはなかった。かねて相談を受けていたA氏の知人が語る。

「篠田さんの言うことが信じられなくなったAさんは、彼女が不倫を否定しても納得できず……相手の男性も一向に話し合いの提案に応じようとしないため、Aさんは近く男性を提訴する意向だと聞いています」

 2021年にベストマザー賞を受賞し“娘ファースト”で生活してきたはずの篠田に、何があったのか──。

 福岡出身の篠田がAKB48の初期メンバーに加入したのは2006年。当時、彼女は20才でアイドルとしては遅咲きのデビューだった。

「第一期メンバーのオーディションで披露した歌が中島みゆきさんの『悪女』。プロデューサーの秋元康さんから『あざとい』と指摘され一度は落選したものの、劇場に併設されたカフェでバイトをする姿が評判を呼び“復活当選”しました。AKB48ではお姉さんキャラとして大所帯を牽引し、オフの日も演技の勉強やボイストレーニングに励むグループきっての努力家としても知られていました」(芸能リポーター)

 2013年にグループを卒業するまで、ほとんど休まずステージに立ち続けた篠田は、女優転向後の一時期、“燃え尽き症候群”に悩まされたという。

「目標を見失い、スケジュールに空きがあることに不安を覚えたそうです。周囲の友人たちが次々に結婚することにも焦りを覚え『タイミングを計っていたら先延ばしになってしまう気がする』と漏らしたことも。共通の知人に紹介されたAさんとは、出会って2週間で結婚を決めたそうで『交際0日婚』と報じられました」(前出・芸能リポーター)

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト