芸能

『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった

宮澤エマがスマイル

『鎌倉殿』に1年間出演し続けた宮澤エマは元首相の孫

 いよいよクライマックスに向けて大詰めを迎えるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。入れ替わりの激しい豪華キャストの中で、北条義時(小栗旬)や政子(小池栄子)と並んで1年間にわたって出演し続けたのが彼らの妹・実衣を演じた宮澤エマ(34)だ。ベテラン芸能ライターが言う。

「宮澤さんは本作で完全にブレイクしたと言えるでしょう。前半はひょうきんな癒やしキャラだった彼女が、源頼朝(大泉洋)の死後は、夫の阿野全成(新納慎也)や乳母を務めた源実朝(柿澤勇人)を通じて権力欲に目ざめ、彼らの死によってどんどん闇堕ちしていく。そうした変化を、本来の実衣のイメージを崩すことなく見せてきた宮澤さんの演技は、見事と言うほかありません」

 そんな彼女だが、11月25日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系)にゲスト出演した際、ここに至る下積み時代には苦労があったことを明かした。

「宮沢喜一元首相の孫、みたいな。そういう肩書での出演から始まって。特に隠したいってこともなかったんですけど、それを売りにテレビに出たいとは思ってなかったので。複雑だなと思いながらもクイズ番組やったり、情報番組に出させてもらったりしてました」

 そうした経験を経て、演技の道で花開いたのだという。今から10年前、2012年から彼女が出演していた情報番組『ニッポン・ダンディ』(MXテレビ)で共演していたのが、漫画家の倉田真由美氏だ。倉田氏は、「エマちゃんが肩書を売りにしていた印象は一切ない」と当時を振り返る。

「彼女はとても聡明なんだけど、いつもそう感じさせない物腰や対応に感心していました。若いタレントの方がコメンテーターになると、背伸びしたコメントをしたり、博識ぶる人が多いですが、エマちゃんにはそういうところが全然ない。気取ったところがないんですね。

 いわゆる2世タレントの中で、血筋やバックボーンを表看板にする人と、それにとらわれない人がいますが、彼女は完全に後者。だいたい一緒に仕事をすると、家柄を肩書にしている人はそういう空気感が伝わってきますが、彼女からは一切感じなかった。女優さんやタレントでも継続して活躍するのは難しい。宮澤喜一の孫という肩書だけで、これだけ芸能界で活躍できるわけはないですから。もちろん、ひとつの売りにはなったでしょうけど、それだけで長続きする世界じゃありません。ミュージカルや舞台で経験を積んで、大河ドラマでも脚光を浴びるようになった。しっかりキャリアを積み重ねていることは、ほんと素晴らしいと思います。

 彼女の話で印象深かったのはハーフであるということについての経験談。私たち日本人、アジア系の人間からするとエマちゃんの顔は西洋風の顔に見えるけど、欧米の人から見るとアジア人に見えると。ディスコやクラブで有色人種だからという理由で入店を断わられたり、アメリカで生活している時は差別されることがあったと言っていました。いろんな経験を積み重ねて女優として花開いた。最近の活躍ぶりを見ると感慨深いものがありますね」

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト