スポーツ

【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ

スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)

スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)

 日本の予選グループ1位通過を実現させた立役者の1人は、GK・権田修一(33・清水エスパルス)だろう。「日本の守護神」として3試合を通して安定した活躍を見せ、特にドイツ戦ではスーパーセーブを連発、MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選出された。

 その権田が、劇的な勝利を飾ったドイツ戦の直後、日本のある人物に対して以下のようなメッセージを送っていた。

〈カタールに入ってからリーグ戦で力み気味だった身体をフットボールネーション見ながら整えました笑〉

 メッセージの受信者は漫画家・大武ユキ氏。『ビッグコミックスペリオール』で連載中のサッカー漫画『フットボールネーション』の作者である。

 同作は、運動科学総合研究所・高岡英夫氏が監修しており、もも裏の筋肉・腸腰筋などインナーマッスル主導の動きや股関節の重要性など、身体面に注目して描かれるサッカー漫画だ。「日本をフットボールネーション(=サッカー先進国)にするには戦術や名監督より、世界基準のフィジカルとセンスを持った選手を育てることが必要」というテーマを掲げ、岡崎慎司(シントトロイデン)、中村憲剛氏(元川崎F)など日本代表レジェンドを筆頭に選手や関係者にもファンが多い。権田も単行本(9集)の帯にコメントを寄せたことがあり、愛読者の1人として知られている。

 大武氏に話を聞くと、「作品が権田選手の活躍に少しでもお役に立てたのなら、とても光栄なこと」と喜びのコメントを寄せてくれた。

「権田選手は大舞台でも非常にリラックスしているように感じられます。メッセージで『力み気味だった身体を整えた』と仰っていましたが、その言葉通り“硬さ”がない。だからこそ動き出しが速くて、危なげないプレーができているのではないでしょうか」(大武氏、以下同)

 実は大会前、大武氏はスポーツ紙の取材に対し、「今大会の注目は権田選手と遠藤(航)選手」と語っていた(11月21日付スポーツニッポン)。権田に注目した理由は、6月に観戦に行ったブラジルとの親善試合での印象が非常に良かったからだ。

「いい選手はフォトジェニック」──これは作品のキーワードで、大武氏の持論でもある。試合に出かけては、作品資料のため自身で何千枚も写真を撮る大武氏の中でも、権田はかなりフォトジェニックな選手なのだという。

関連記事

トピックス

問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
中谷美紀
中谷美紀「2010年からお砂糖を摂取していません」砂糖断ち生活で何が変わるのか
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
女性セブン