ライフ

薬の副作用から身を守るために…添付文書は必ずチェック、“予防的な服用”はNG

(写真/GettyImages)

薬の副作用から身を守るには?(写真/GettyImages)

 体に不調を感じた時、まずは薬をのむという人もいるだろう。しかし薬には副作用がある。症状を抑えて病気を治し、健康な生活を送るためにのんでいるはずの薬で体を壊さないために、私たちは何ができるのか。薬剤師の三上彰貴子さんは副作用の危険から身を守るために、こんなアドバイスをする。

「新しい薬をのむときは添付文書をチェックしておくことをおすすめします。自分で調べられなければ、薬局に問い合わせることもできます。なんだかだるいと思っていたら肝障害だったという人や、ただの腰痛だと放置していたら、がんの骨転移だったという人もいます。市販薬の場合、治らないなら薬の量を増やすのではなく、医療機関できちんと診てもらいましょう。

 また、アナフィラキシーショックのように重篤な副作用は、服用後遅くとも30分以内に起きます。薬をのんですぐに息苦しい、冷や汗が出るなど、おかしいと思う症状が出たら、すぐに病院に連絡するか、救急車を呼びましょう」

 身近な薬でも、予想外の副作用が起きることもある。だからこそ、事前にどんな副作用が起こり得るか知っておくべきなのだ。三上さん自身も、驚くような副作用を経験したことがあるという。

「25年ほど前、抗炎症薬の貼り薬『ケトプロフェン』をふくらはぎに貼って、数週間後に直射日光を浴びたところ、薬を貼っていた箇所の皮膚がやけどのようにただれてしまったことがありました。これは光線過敏症といわれる副作用で、当時はあまり知られていませんでした。娘は抗生剤の『クラリスロマイシン』でまれな副作用の幻聴・幻覚を訴えたこともあります」

 副作用の“もと”を断つ、つまり不必要な薬を減らすことも重要だ。北品川藤クリニックの石原藤樹さんは言う。

「アナフィラキシーショックを除いて、副作用は長期にわたる服用によって表面化するものがほとんどです。例えば認知機能低下による認知症は、薬の服用期間が3か月、3年と長くなるほどリスクが高くなる。症状が出る前の“予防的な服用”も、薬を増やす原因になるのでやめること。新型コロナワクチンの副反応に対しても、発熱前に解熱剤をのんだ方がいいという意見もありますが、推奨できません」(石原さん)

 多剤併用による副作用が疑われる場合は、かかりつけ医か、かかりつけ薬局に総合的な判断を仰ごう。日本初の「薬やめる科」を開設した松田医院和漢堂院長の松田史彦さんのクリニックでは、生活習慣病の薬の断薬に加え、減薬が難しいとされる睡眠薬や抗うつ薬の減薬も行っている。

関連記事

トピックス

スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
ニュージーランド戦を訪れた広瀬すず。日本は勝利
【バスケ界の“勝利の女神”】広瀬すずが日本代表戦を観戦 ドレスにバスケシューズのコーデで登場、選手と記念撮影も
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン
“ハシゴ不倫”の芝翫と妻・三田寛子
《三田寛子は達観》中村芝翫「家族揃っての親睦会」から「愛人の誕生日パーティー出席」の“ハシゴ不倫” 「周囲を警戒しながら、いそいそと邸宅へ…」
NEWSポストセブン
『朝だ!生です旅サラダ』を卒業する神田正輝(『下町ロケット』インスタグラムより)
《不測の事態に備える現場》神田正輝『旅サラダ』卒業の舞台裏「トーク中に突然倒れないか」番組サイドの“体調危惧”ともう1つの理由
NEWSポストセブン