スポーツ

【2023年プロ野球展望】原巨人、気になる阿部とデーブの関係、長野&松田の起用法

今年の原巨人の注目ポイントは?(時事通信フォト)

今年の原巨人の注目ポイントは?(時事通信フォト)

 FAや新監督就任で波乱の展開になりそうな2023年シーズンのプロ野球。野球評論家の江本孟紀氏、中畑清氏、達川光男氏の3人が見どころを大いに語った。ここでは、原辰徳監督率いる巨人について。【全3回の第2回、第1回から読む

 * * *
中畑:注目の巨人は、ヘッドコーチに就任した阿部慎之助の立ち位置が難しい。末端の管理職は、自分の信念を貫くかどうかの使い分けをしないといけない。慎之助が、「監督と一緒に死ぬんだ」という一心で原辰徳監督にガンガン意見すれば軋轢は生じないだろうけど、どうもオレにはそこまでの信念が見えない。ヘッドが監督に遠慮してしまうとチームはうまくいかないよ。

達川:阿部が次期監督と噂される一方、原体制で3年間ヘッドを務めた元木(大介)は作戦兼内野守備コーチに降格しました。監督、ヘッド、作戦コーチの序列だから、元木は年下の阿部に気を遣うでしょうね。

江本:秋季キャンプのテレビ中継を見たら、若い選手が阿部の指導を受けてからデーブ(大久保博元、打撃チーフコーチ)の指導を受けていた。それで本当にいいのかね。

中畑:チームの方針なので両者のアドバイスをよく聞けばいい。でも2人の方向性が違ったら選手にとって迷惑な話だよ。

達川:慎之助とデーブは良好な関係と聞きますが、シーズンに入って打線が打てなくなった時が危ない。仲のいい者同士が一番ケンカするからね。

江本:巨人入りした長野(久義)や松田(宣浩)は戦力になるかな。

中畑:オレはOB会長として巨人を応援したいけど、ファンが素直に応援できるか不安だよ。長野が帰ってきて松田を獲ったとなると、その枠が若手に影響するじゃん。若手に育ってほしいと思うファンはどう感じるんだろう。今日はジャイアンツにとっていい話がひとつもないよ……。

江本:OB会長がこんなに悩んでいる姿を見るのは楽しい(笑)。

達川:長野、松田に中田(翔)もいるわけでしょう。この3人を飼い殺しにはできないから、文句を言わない中島(宏之)がまた冷や飯を食うことになるんですかね。

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン