芸能

深田恭子「刺激的な世界を楽しんで」 最新ドラマで見せる“40歳の大胆シーン”の覚悟

深田恭子の2年ぶり主演作に注目(時事通信フォト)

深田恭子の2年ぶり主演作に注目(時事通信フォト)

 デビュー27年目を迎えた女優の深田恭子(40)が新境地に挑もうとしている。その作品がアマゾンプライム独占配信ドラマ『A2Z』(2月3日配信スタート)だ。

 山田詠美氏の同名小説が原作で、深田は夫(田中圭)がいながら郵便局員の年下男性(片寄涼太)と不倫愛に陥る文芸編集者役を演じる。

「監督は2014年にドラマ『昼顔』(フジテレビ系)で演出を務めた光野道夫氏。上戸彩と斉藤工の不倫愛を描いて話題を呼んだ作品だけに、今作でも禁断の愛がしっかりと描かれるでしょう。原作では激しい描写もありますから、深キョンがどこまで体当たりで演じるか、映画関係者も注目しています」(スポーツ紙芸能デスク)

 映画評論家の秋本鉄次氏はこう期待の声を寄せる。

「深田さんは若い頃から色気が魅力的な女優で、四十路を迎えて、その魅力は増すばかりです。これまでラブシーンにも挑戦したこともありましたが、露出は控えめでした。今作は地上波ではなくアマゾンプライムでの配信作品ということもあり、大胆シーンが披露される可能性は大いにあるでしょう。楽しみですね」

 同作のプロデューサー・栗原美和子氏はプレスリリースで〈(片寄と)深田恭子さんとの数々のラブシーンは、本当に美しく、このドラマの見どころの一つですので、こちらもご期待下さい〉とメッセージを寄せている。深田自身も〈本作ならではの刺激的な世界を楽しんで頂けたらと思います〉とコメントした。

 深田にとって2年ぶりとなる主演作。その女優魂をしっかりと見届けたい。

※週刊ポスト2023年2月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト