国内

関東連続強盗で浮かび上がる3つのグループ「計画・指示」「情報収集」「実行」に分担か

大塩さんの自宅

凄惨な事件の現場となった大塩さんの自宅

 玄関チャイムの音が、広い家のすみずみにまで響く。普段は5人家族が暮らす賑やかな邸宅だが、その時間は買い物から帰宅したばかりの高齢の女性ひとりだけが家にいた。女性はずいぶん前に足を悪くし、玄関まで行くのにも少しばかり根気が要る。やっとの思いでドアを開けると、立っていたのは見知らぬ男。その瞬間、陰から複数の人間が飛び出してきて、一斉に家の中へとなだれ込んだ。

 女性が悲鳴を上げる間もなく、男たちは結束バンドで女性の両手を縛り上げ、暴行を加える。顔を殴り、くずおれた体を足蹴にし、頭を踏みつける。頭からは血が滴り、折れた歯が床に落ちる。“カネの在り処”を吐かせるためにねじり上げたのか、左腕の骨は粉砕骨折していた──。

 東京と神奈川の境に位置する多摩川沿いにある、東京・狛江市の閑静な住宅街で、1月19日、凄惨な強盗殺人事件が発生した。犠牲になったのは、大塩衣與さん(享年90)だった。現場となった邸宅は、地上2階地下1階建てで、周囲の住宅と比べても一際大きい。シャッター付きのガレージには高級外車が4台並び、広いルーフバルコニーも備えている。

「息子さん家族との5人暮らしで、いまから5年ほど前にご家族で引っ越してきました。ご主人はこちらに転居する前に亡くなられたそうですが、東京・麻布で寿司店を経営していたそうです。

 だからなのか、奥さまもブランド物のスカーフを巻いたり小綺麗にしていて、90才とは思えないほど若々しかった。息子さんは貿易関連の会社をやっているとかで、表札には英語の会社名が書いてありました。“息子たちには楽をさせてもらっているの”と話していました」(近隣住民)

 だが、その「経済的余裕」が、事件の契機になった。

逮捕者が出ても凶行は止まらない

 大塩さんが邸宅の地下1階で倒れているのを発見したのは、夕方帰宅した家族と警察官だった。

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト