ライフ

電気代とガス代の高騰はもはや「恐怖」の水準 これで値上げが終わりなわけでもない

東京電力も家庭向け電気料金値上げを申請(時事通信フォト)

東京電力も家庭向け電気料金値上げを申請(時事通信フォト)

 真冬と真夏になると「電力需給ひっ迫注意報/警報」が資源エネルギー庁から発令されるようになってしばらくになる。電気が足りなくてブラックアウトするようなことにならないよう節電に協力を、という呼びかけもお馴染みとなった。そして今は、使用量を減らしても請求された光熱費が高くなったと悩む人ばかりだ。俳人で著作家の日野百草氏が、電気やガス料金の高騰によって人生設計の立て直しも考え始めた人たちについてレポートする。

 * * *
「三世代で住んでますけど電気代、ついに月12万円を超えました。オール電化といってもここまで高くなったことはないです。もう恐怖です。さっそく家族会議ですよ」

 宮城県に住む40代の会社員男性、妻と小学生の一人息子、そして70代両親の三世代同居だが、1月の電気代の請求書は衝撃であり「恐怖」だったと話す。

「それまでも去年、冬に入るころから電気代がどんどん高くなって、親からは『何に使ってるんだ』ってどやされてました。昔の人からすれば電気代が12万円なんて考えられないでしょうからね、説明はしましたが、まだ納得してないみたいです」

 ロシアのウクライナ侵攻と資源の奪い合い、落ち着きを見せているとはいえいまだに影響を残す円安、そして多くの原発がいまも停止中とあって、エネルギー自給率12.1%(資源エネルギー庁・2019年度)の日本は空前の電力高を迎えようとしている。多くの家庭で電気代の高騰、とくに2023年1月の請求額に驚いただろう。

「両親は『エアコンは暖まらない』とオール電化なのに灯油も併用していてこれですから、光熱費、と考えるともっと高いということになります」

 北海道に比べればマシかもしれないが、宮城県も12月~1月の平均気温は4度ほど(仙台市・2022年~2023年)、夜には氷点下になる。

「我慢といっても限界はありますからね、これでもいろいろ節約しているのですが、家族が多いと難しいですね。物価も税金も上がってますから、父はまた働こうかと言ってくれてます。ありがたいですけど申し訳ない気持ちです」

 家族が多ければ負担も大きくなるが、それでも働き口のある家族が新たに生活費を入れてくれればなんとかなる。また彼の自宅は父親の退職金で建て替えたため築浅で家賃はかからない。人それぞれの考えだが、やはり住宅ローン負担のある無しは大きい。しかしどうにもならない家庭もある。

 岩手県に住む30代の夫婦と小学生の子ども2人の4人家族の場合はさらに深刻だ。

「賃貸ですが、うちはプロパンガス(LPガス)なんです。電気代も高いですが、プロパンはもっと高い、というか話しても理解してもらえないくらい高いです」

関連記事

トピックス

逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
北の富士氏
病気療養中の北の富士氏が大相撲中継にVTR出演「NHK解説者の後任に元大関・琴風が据えられる動きへの牽制」の見方も
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン