国内

街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる

2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)

2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)

 スマートフォンによって、いつでも撮影することが当たり前となり、SNSの普及によって、誰でも発信することに抵抗がなくなった。一方で、写り込んだ見知らぬ人にはモザイクをかけることがマナーとして共有されるなど、「知られない権利」「拡散されない権利」も広まっているはずだ。ところが、PVが稼げるとなると、SNS利用によって育成されたはずの”良識”はどこかへ吹き飛ぶらしい。ライターの森鷹久氏が、SNSで街の様子を撮影した「街歩き映像」が人気を集める一方で、新宿区立大久保公園をめぐる、バズりたい人たちによって起こされた波紋についてレポートする。

 * * *
 日本一の大繁華街、東京・新宿歌舞伎町にある公園が今、SNS上で話題になっている。

「歌舞伎町の奥に大久保公園というところがあって、その周りにいわゆる”立ちんぼ”といわれる若い女性の私娼がいると評判になっています。立ちんぼ女性にインタビューしたり、立ちんぼ女性と男性がホテルに入ってゆくところを撮影した映像がアップされていて、日本にもこんなところがあったのかと、ネットユーザーはとても驚いているようです」

 こう話すのは、自身で撮影した「街歩き映像」をSNSや動画サイトにアップし続けている遠藤寛太さん(仮名・20代)。新宿や渋谷の街歩き映像はYouTubeでも何十万回と再生される人気コンテンツで、遠藤さんも実は話題の公園にも撮影に行ったこともあった。だが、すでに買春目的の男がウロウロしていて、さらに過激系ユーチューバーらしき人までやってきていたことから、トラブルを防ぐために撮影は断念したという。

「行ってみてわかりましたが、そこにいた女性たちはみな、当然カメラを嫌がっています。それをユーチューバーや興味本位で訪れた一般人たちが構わず撮影する。中には、交渉が成立した男女を追い回したり、無断で女の子に声をかけカメラを向けたりする人たちもいます。さすがに気の毒に思い、撮影はできませんでした」(遠藤さん)

 無許可での撮影はトラブルのもとだし、何より被写体が嫌がるものは撮影が成立しないと考えるのが、当たり前の感覚だ。公共の利益にかなうような撮影であれば、カメラを向ける理由が理解できなくもないが、相手は単なる一般人であり、法を犯したとはっきりしているわけでもない。確かに、世間から褒められないようなことをしているかもしれないが、それを一方的に断罪するかの如く、不特定多数に向けて拡散する理由にはならないだろう。

ネットのほうが怖い。路上なら、いきなり殴られる心配がない

 1950年6月に公園として整備され、1951年に新宿区立となった大久保公園は、1990年頃から住みついた路上生活者や、深夜から早朝にかけて騒ぐ若者や外国人による不適切な使用が地域住民から問題視されていた。災害時の緊急避難を考えると区立公園は24時間開放が原則だが、トラブルが頻発するため2005年にはいったん全面閉鎖された。2007年からは夜間閉鎖となり、それは現在も続いている。閉鎖や夜間閉鎖の間も消えなかった、夜になるとフェンスで囲まれた大久保公園をぐるりと囲むように一定間隔をあけて立つ人たちは、そのときどきによって様々な背景を持っていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン