スポーツ

清原和博、慶応高校に通う次男が甲子園出場決定 元妻・亜希と挑んでいた極秘練習

家族4人で野球の練習に来ていた(2020年6月)

家族4人で野球の練習に来ていた(2020年6月)

 一斉にカメラのフラッシュが瞬く。1月27日に発表された第95回センバツ高校野球大会の出場校のうち、俄然注目を浴びたのは、5年ぶり10回目となる慶応(神奈川)だった。中心にいたのは、学ラン姿で日焼けしている17才の少年。彼はこう抱負を語った。

「お父さんはすごい活躍をしているけれど、自分は自分。自分のできるプレーを最大限したい」

 彼の名は清原勝児。あの清原和博(55才)の次男である。清原は2000年に亜希(53才)と結婚し、2人の男児に恵まれたが、2014年に離婚。2016年には清原が覚醒剤取締法違反で逮捕された。

「慶応大学の野球部で活躍する長男の正吾さん(20才)はもともと野球をやっていたのですが、“目立ちたくない”と、中学はバレーボール、高校はアメフトの道へ進んだ。その間、次男の勝児さんは野球を続けていました」(スポーツ紙記者)

 両親の壮絶離婚、そして父の逮捕。暗雲が漂うなか、ひとり野球を続けた勝児さんが伸び悩みを感じたとき、頼ったのはそれでも父だった。彼は、亜希の著書『家 ごはんと野球』(CCCメディアハウス)で、《打てなくて悩んでて、頭に浮かんだのがあぱっち(清原)だった。父親にっていうより、野球選手にって感じだったんだけど》と回想している。

 野球がうまくなりたい──勝児さんの熱意によって、清原家に父が戻ってきた。正吾さんも前述の亜希の著書で、当時を《カツ(勝児さん)の野球がきっかけで一緒に練習するようになって、俺も大学野球入ったりして、やっぱりすごいなって改めて思った。必要だなって》と父親の存在について語っている。

 本誌『女性セブン』は2020年6月、下町のガレージに集合して「極秘練習」をする清原、正吾さん、当時中学生の勝児さん、そして亜希の姿を目撃していた。

「勝児さんは小学生のときから全国レベルで期待され、清原選手の息子というプレッシャーもあるなか、着実にステップアップを重ねてきました。彼のひたむきさを見て、清原さんと亜希さんは、『次男を甲子園に』と次第に一致団結するようになったそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 いまでは、清原は息子たちの試合には必ず球場に足を運び、決まって慶応ベンチの上の内野席にいるという。

「選手たちが守備から戻ってくるときに目が合う位置だからベンチ上なのでしょう。息子たちには試合後に必ず電話でアドバイスを送っているそうですよ」(別のスポーツ紙記者)

 一方の亜希も、清原と同じく毎試合観戦しているそうだ。前出のスポーツ紙記者の話。

「亜希さんは、清原さんから50mほど離れた場所で、セレブママ友たちと一緒に応援していることが多いです。2人が人前で会話することは一切ありません。復縁もないと聞いています。ただ、年々家族仲はよくなっているそうで、最近では4人で食事をすることもあるそうですよ」

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
五輪出場権を逃したが、その無念を晴らす結果となった古江彩佳(時事通信フォト)
女子ゴルフ・古江彩佳、「メジャー制覇」を支えた“ゴルフ素人”の父 なぜ世界レベルの女子プロは「親の声」に耳を傾けるのか
週刊ポスト
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
マネーポストWEB