芸能

ダウンタウン浜田雅功が「叩かれない」理由 不倫告発もほぼ無傷どころか好感度アップ

大物MCたちは女子アナをどう見ている?(時事通信フォト)

好感度アップという意外な現象も(時事通信フォト)

 24才のエステティシャンとの“パパ活不倫”が報じられたダウンタウンの浜田雅功(59才)。写真週刊誌『FRIDAY』によると、浜田は2018年から2019年にかけて、大阪で複数回、女性と会っていたとのこと。浜田は合計で30万円ほどを女性に渡したという。

 有名芸能人の不倫報道というと、大バッシングに発展し、場合によっては活動休止に追い込まれることも珍しくない。しかし、今回は炎上騒ぎになっていないどころか、浜田の好感度が上がったという声まで聞こえてくる。

「まず、4~5年前の話であって、現在進行形の不倫ではないこと。そして、大阪に行ったときだけの数回の不倫であって、継続的な交際ではなかったということで、“そこまで悪質ではない”と見られているのではないでしょうか」(芸能記者・以下同)

『FRIDAY』の記事によると、浜田がフレンチクルーラーが好きだという情報を得た女性が、初対面の際にミスタードーナツでフレンチクルーラーを買って持っていくと、浜田は「こんなことしてもらったんはじめてや」と泣き出したという。

「テレビでは、ほとんど涙を見せたことがない浜田さんの意外な一面が見えたのが、今回の報道なんですよね。公開されたLINEのやり取りがとても優しいものであったり、初めてあったときはハグだけで終わったりなど、“いい人”なところが垣間見える内容で、バラエティ番組で見せるSっ気の強い様子とのギャップが好意的に受け取られているのだと思います」

 たしかにネット上でも〈優しいおじさんなんですね〉、〈浜ちゃんの優しさと人柄が垣間見えさえします〉〈まぁ褒められたもんじゃないけど、一回目はハグだけって、むしろ浜ちゃん紳士だと思ってしまった〉など、不倫行為を咎めるのではなく、浜田の優しさを感じたという声も多い。

そもそもクリーンなイメージではない

 不倫発覚で活動休止になった芸人として思い出されるのが、アンジャッシュの渡部建(50才)だ。2020年に、多目的トイレなどで複数の女性と不適切な行為に及んでいたことが報じられた。

「渡部さんの不倫は、女性をモノのように扱う行為だったというのが、大バッシングにつながった大きな要因でしょう。また、叩かれがちな芸能人の傾向、“好感度は高いけど、潜在的なアンチがいる”というものがあるんですよ。渡部さんもそうですし、かつて“ゲス不倫”が報じられて叩かれたベッキーさん(38才)なども、同じタイプですね。テレビでは比較的クリーンなイメージで通っている人ほど、“潜在的なアンチ”がいて、なにかスキャンダルが起きたときに、そのアンチたちが一斉に攻撃を仕掛ける、というパターンが多いんです。

 しかし、浜田さんの場合、そもそも決してクリーンなイメージではない。また、2014年にもグラビアアイドルとの不倫が発覚していて、なんとなく“不倫してそう”というイメージもあった。“裏でこんなひどいことをしていた!”というのが報道で発覚すれば、マイナスのギャップにショックを受けて批判する人も多いのですが、浜田さんはその逆なんですよね。不倫自体はいただけないものの、それ以外ではイメージアップになったという、レアなパターンですね」

関連記事

トピックス

佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
大の里にとって思わぬ難敵?(左は河村たかし市長/時事通信フォト)
先場所Vの大の里、名古屋場所で苦しいスタート 関係者が同情する“河村たかし市長と相撲を取った力士は優勝できない”のジンクス
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン