芸能

「ああ、あのメガネが死によった」笑福亭笑瓶さんが語っていた芸人としての“理想の死に様”

師匠である笑福亭鶴瓶よりも先に東京で売れた笑福亭笑瓶さんの芸人人生とは

師匠である笑福亭鶴瓶よりも先に東京で売れた笑福亭笑瓶さんの芸人人生とは

 2月22日、落語家でタレントの笑福亭笑瓶さんが急性大動脈解離のため死去した。66歳だった。ウィッキーさんや『魔法使いサリー』のよしこちゃんのモノマネなどで人気を博した芸人の突然の訃報に、ネット上でも悲しみの声が広がっている。

「笑瓶さんは大阪芸大芸術学部文芸学科卒業後、24歳の時に笑福亭鶴瓶に弟子入りして芸能界入りしました。大学4年の時に5歳年上の鶴瓶さんの深夜ラジオ『ぬかるみの世界』を聞き、その面白さに惹かれて、ラジオ大阪の前で出待ちをして弟子入りを志願したそうです。1年半後、正式に弟子と認められ、鶴瓶さん司会の毎日放送『突然ガバチョ!』のレギュラーとなってブレイクしました」(芸能記者)

 当時、大阪の芸人が大きく飛躍するためには、二度売れる必要があった。関西でブレイクしても、東京で売れなければ全国区と認められなかった。だが、大阪の人気者が東京進出をしても、その壁に跳ね返されることも珍しくなかった時代。鶴瓶も関東で売れるまでには時間が掛かった。しかし、笑瓶さんは東京でも瞬く間に売れた。

「1985年、漫画『はいからさんが通る』が三田寛子さんの主演でフジテレビで単発ドラマ化されました。この時、印念中佐というキャラクターに似ているという理由で笑瓶さんにオファーが来ました。撮影で上京した時に、『突然ガバチョ!』の出演場面を編集したビデオをテレビ局のスタッフに渡して売り込むと、『鶴ちゃんのトッピング』(日本テレビ)と『爆笑一気族』(TBS)のレギュラーが決まった。そこから一気に売れっ子になり、『夕焼けニャンニャン』『オールナイトフジ』(フジテレビ)など、一時はレギュラー15本以上を抱えるまでになりました」(前出・芸能記者)

 鶴瓶は1987年、『笑っていいとも!』(フジテレビ)のレギュラーとなって、ようやく東京で知名度が上がっていった。笑瓶さんは、師匠よりも早く全国区の人気を得ていた。

「笑瓶さんはどうしたら売れるかを常に考えているような、研究熱心な人だった。トレードマークの黄色いメガネも、視聴者に顔を覚えてもらうための作戦の1つ。自己プロデュース力があり、番組に自ら企画を提案して採用されたこともあった。また、自分の立ち位置を瞬時に見分ける能力に長け、引き出しも多いので、志村けんさんや明石家さんまさん、ダウンタウンなど、MCを務めるような大御所にも愛されていました」(テレビ局関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン