国内

「幸福の科学」後継者最有力は妻・紫央氏 次期総裁と目されていた長女の前世は“妖怪おたふく”に変更

紫央夫人の兄は太川氏の子供の家庭教師を務めていた(写真は教団HPより)

紫央夫人の兄は大川氏の子供の家庭教師を務めていた(写真は教団HPより)

 宗教法人「幸福の科学」の創始者で総裁の大川隆法氏(享年66)の急死により、教団内に激震が走っている。

《緊急事態発生 とんでもないことになった》

 大川氏の長男でユーチューバーの宏洋氏(34才)が、自身のツイッターにこう投稿したのは3月1日のことだった。

「2月28日未明に自宅で倒れ、都内の病院に救急搬送されましたが、すでに心肺停止の状態。3月2日に死亡が確認されました」(警察関係者)

 大川氏は1956年徳島県生まれ。東京大学を卒業後、商社勤務を経て1986年に「幸福の科学」を設立した。1990年代以降、教団は急速に信者を増やし、現在は「全世界で1000万人を超えた」と称している。

「大川氏は教団の“本尊”であり、自らが製作総指揮として数々の映画を手がけ、2009年には幸福実現党を設立して政界進出を図るなど、幸福の科学は大川氏のカリスマ性に支えられてきた教団だった。教団が保有する資産総額は2000億円ともいわれており、誰が後継者になるかが注目されます」(宗教ジャーナリスト)

 大川氏は教団の草創期から行動をともにした前妻・きょう子さんとの間に5人の子供をもうけている。

「きょう子さんは東京大学卒業の才色兼備なかたでしたが、離婚時には訴訟にまで発展。いまは子供を含めて、家族とは絶縁状態にあるとみられています。

 一方、大川氏が“跡継ぎ”として育て、系列芸能事務所の社長を務めてきた長男の宏洋さんは2019年に幸福の科学を脱退。その後は長女の咲也加さん(32才)が後継者と目されるようになった。宏洋さんも脱退当時、“後継者は咲也加だろう”と語っていました」(教団関係者)

 だが、現在、最有力候補として名前が挙がるのは、大川氏より29才年下の妻である紫央さんだという。

「大川氏は2012年に前妻と離婚後、ほどなくして紫央さんと再婚しました。紫央さんは大川氏と同じ徳島県出身で、両親が教団職員、兄は幸福実現党から衆議院徳島一区に出馬したこともあるというバリバリの信者一家です。紫央さん自身はまじめで清楚、ルックスもよく教団内では大学生の頃から知る人ぞ知る存在でした。早稲田大学法学部から日本銀行に就職し、2009年から大川氏の秘書に。その後、専務理事などを経て教団ナンバー2である総裁補佐に昇格、そして結婚という経緯です」(前出・教団関係者)

「幸福の科学」を長年取材してきたジャーナリストの藤倉善郎氏が解説する。

「以前は教団内で、咲也加さんが次期総裁だと周知され、外部に向けてもそう発信していました。咲也加さんは大川氏から前世は“アマテラス”だと言われていましたしね。ところが、最近になって、大川氏が法話のなかで、彼女の前世は“妖怪おたふく”だというふうに変えたらしいのです。

 教団の公式サイトからも咲也加さんのプロフィールが消えているので、現在は紫央さんが第一候補とみて間違いない。今後、咲也加さんは後継者ではないと正式にアナウンスされる可能性もあります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

始球式に登板した稲村は基本ノーバン(時事通信フォト)
《基本ノーバン》稲村亜美の球速が激減、2年間もマウンドから遠ざかる「始球式の女王」「神スイング」は今 
NEWSポストセブン
デートは必ず手つなぎで
小室圭さん眞子さん夫妻“マンハッタンよりも治安のいい郊外”の高級マンションに新居か
女性セブン
「渋谷区『新しい学校づくり』整備方針~学校施設の未来像と建て替えロードマップ~」より
【ジェンダーレストイレ問題が続々】小学校に地域開放ユニバーサルトイレ設置案、渋谷区教委に憤るママ区議「子どもたちの安全を!」
NEWSポストセブン
西谷浩一監督
高校野球界「一強」の大阪桐蔭に異変 まさかの「4連敗」で投手陣は緊急事態、打線はタイムリー欠乏症の懸念
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
“大谷翔平に詳しすぎる解説者”として人気沸騰・福島良一氏が明かす「大谷と歴代日本人選手の決定的な違い」
週刊ポスト
鈴木蘭々が振り返る『ポンキッキーズ』 「番組で発表した楽曲が再び私の人生を変え始めている」
鈴木蘭々が振り返る『ポンキッキーズ』 「番組で発表した楽曲が再び私の人生を変え始めている」
女性セブン
ウーマンラッシュアワー・中川パラダイス(左)と鳥居みゆき(右)
鳥居みゆき×中川パラダイス対談 異色すぎる新ユニットライブ「村本は呼びません!」 
NEWSポストセブン
性加害報道のあった木下ほうか(前所属事務所のホームページより。現在は削除済み)
【LINE全文】木下ほうかが取り下げた性加害報道裁判「ヤダヤダって何度も言ってるのに無理矢理そのまま入れようと」「直接会って謝りたいです」 事件直後のやりとり34通
NEWSポストセブン
秋篠宮さまと紀子さま、英国王戴冠式で垣間見られた“不協和音” 悠仁さまの教育方針でも意見の食い違い
秋篠宮さまと紀子さま、英国王戴冠式で垣間見られた“不協和音” 悠仁さまの教育方針でも意見の食い違い
女性セブン
リナ・ローズ氏と高級スクール
「トラブルで辞める人多数」元保護者が激白する麻布の高級スクールへの違和感 本部あるビバリーヒルズ住所を調べた結果
NEWSポストセブン
(写真はイメージ)
暴力団幹部「ベンツなんてもう乗らない。トヨタの200万円だよ」ヤクザの高級車離れで“メンツよりもコスパ”の時代へ
NEWSポストセブン
御成婚30年を迎えるおふたり(写真/共同通信社)
御成婚30年の天皇皇后両陛下 喜びや悲しみを分かち合ってきた「愛と絆の歩み」
週刊ポスト