国内

「私は熟女好きで知られている」中学生に卑猥な声をかけ逮捕の港区区議が議会で堂々反論「高校時代は彼女のお母さんを好きになった」

珍妙な弁明を行っていた赤坂区議(公式より)

珍妙な弁明を行っていた赤坂区議(公式より)

 昨年7月、千葉県市川市内の公園で中学生2人に「水着の写真なら3000円」、「胸ワンタッチ1000円」などと卑猥な声をかけ、県迷惑防止条例違反の容疑で逮捕、その後に略式起訴された東京・港区の赤坂大輔区議が、昨年11月25日の区議会で珍妙な弁明を繰り広げていたことがわかった。

 ある港区関係者は「その弁明は昨年から区役所内で話題になっていましたが、最近、区議会の議事録が更新され、赤坂さんの発言が全部読めるようになりました。支離滅裂で品位にも欠ける発言の数々に言葉が出ませんでしたよ」と語る。

 すでに今回の件で議員辞職勧告をされている赤坂議員。実は、これまで3度逮捕され、そのたびに辞職勧告決議を受けてきたが、一切無視し、現在も区議の立場に居座っているという。都政担当記者が、“前科”についてこう明かす。

「2007年に初当選し、現在、4期目を務めています。典型的なお騒がせ議員で、ある種の有名人ですね。2016年には酒に酔ってタクシー運転手を殴った傷害容疑で逮捕。2020年には川崎市内の駐車場で下半身を露出し、女子高生に『いいバイトをしないか』と声をかけた、公然わいせつの容疑で逮捕され、15万円の罰金命令を受けています。このときも『ズボンは下ろしたが、右手で隠していたのでみせていない』と釈明したと報道されていました。

 2020年の逮捕時は、当時所属していた日本維新の会の次期国政選挙の公認候補だったのですが、逮捕の3日後に除名されています。たびたび問題を起こしているのですが、フレンドリーな人柄で、選挙戦や自身のホームページで熱っぽく理想や実績を語る姿が一部の有権者に支持されているようなのです。赤坂区議の実態が区民に把握されていないだけなのかもしれませんが……」

 そんな赤坂議員が昨年11月の議会で披露したのが、以下の答弁だ。公開されている議事録より一部抜粋する。まずは7月に逮捕された事案に関して。

「当該日、私は友人らとバーベキューをした後に、公園で飲食をし、その間、お世話になっていた紹介あっせん業グループの代表格の方と合流し、その方が率いていた男女数人も合流し、十数人で酒を飲んで様々な話をしました。しかし、そのうちの二人は未成年で、親から捜索願が出されていた家出状態の子だったということを私は存ぜず、後日、その二人の親から被害届を、その場の会話で最も笑いを取って目立っていたであろう私に狙い撃ちで出されました。私の職業に目をつけた捜査関係者が、その親へ私に対して被害届を出すよう使嗾(しそう)したのだと予想されます。報道内容は事実と相違し、そもそも私は未成年者と話をしておりませんし、報道の会話内容は、代表格の方がしていたものと思われます。

 捜査の主眼は、違法あっせんの実情やあっせんグループルートについての洗い出しだったようですが、私からは違法性のある紹介は一切出ることがありませんでした。(中略)取調べも右往左往した感じで、私自身も完全に否認を続け、平行線をたどった末に、訳の分からないままに処分を受け入れました。勾留が続いてしまっては、何もかもがストップしてしまいます。収束を早めたい一心でした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

筋金入りのビートルズファンだという水卜麻美アナ
水卜麻美アナ、中村倫也と結婚でも“日テレ愛”を貫けるか フリー転身の現実味
NEWSポストセブン
清原和博氏(右)と次男の勝児内野手
清原和博氏、次男・勝児の甲子園デビューで驚いた「PL野球と慶応野球の違い」
週刊ポスト
旧NHK党党首の立花孝志氏(左)とガーシーこと東谷義和氏(筆者撮影)
【ドバイに集うクセモノ日本人】ガーシーが最長10年居住できる「ゴールデンビザ」を取得した経緯
週刊ポスト
今季のメジャーリーグでのプレーは大丈夫?(写真/EPA=時事)
2009年のイチローは開幕間に合わず…WBCメジャー組「それぞれの難局」大谷翔平は大丈夫か
週刊ポスト
“禁断の生共演”で何が語られるのか
中村倫也、水卜麻美アナと“禁断の生共演”もファンから反感ゼロ「お似合いすぎて納得するしかない」
NEWSポストセブン
岡田阪神へプロ野球記者たちも期待(時事通信フォト)
【プロ野球記者座談会】WBC後のシーズンで岡田阪神に高まる期待と侍J中野拓夢への不安要素
週刊ポスト
恒例のように「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナだが…
《夫婦で幸せ生報告》水卜麻美アナ電撃結婚で心配される『DayDay.』黒田みゆアナにのしかかる新番組のプレッシャー
NEWSポストセブン
水卜麻美アナと電撃婚の中村倫也、「絶対に彼の良さは伝わる」事務所社長が信じ続けた俳優としての才能
水卜麻美アナと電撃婚の中村倫也、「絶対に彼の良さは伝わる」事務所社長が信じ続けた俳優としての才能
NEWSポストセブン
“体に入れるもの”にこだわっていた道端ジェシカ(時事通信フォト)
カエル毒、粘土を使って…道端ジェシカ容疑者「薬物逮捕」で注目される“特殊な健康志向”
週刊ポスト
不倫疑惑も報じられた篠田麻里子
《離婚成立》篠田麻里子、不倫疑惑で「地元福岡ドラマ」の出演が見送りになっていた 始球式務めたホークスとも離別
NEWSポストセブン
岩田絵里奈アナと結婚発表の水卜麻美アナ
日テレ・水卜麻美アナの電撃結婚の背景にあった「岩田絵里奈アナの“左遷人事”」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「夫婦の年金」「家族の相続」必勝法ほか
「週刊ポスト」本日発売! 「夫婦の年金」「家族の相続」必勝法ほか
NEWSポストセブン