芸能

「アムラー眉」「津軽弁」…和久田麻由子アナ&桑子真帆アナら、NHK女性アナたちの素顔

NHK女性アナのエピソードの数々(左から井上あさひアナ、和久田麻由子アナ、桑子真帆アナ)

NHK女性アナのエピソードの数々(左から井上あさひアナ、和久田麻由子アナ、桑子真帆アナ)

 学生は入学式、社会人は新年度──節目となる4月はテレビ局でも番組改編が行なわれる。どんな番組人事が下されるのか。アナウンサーの素顔を知ることで、テレビがより一層おもしろくなる。

 NHKで絶対エースといわれるのが和久田麻由子アナ(34)。産休を経て、4月から夜の情報番組『NHKニュース7』のMCを務める。和久田アナは幼少期をアメリカで過ごした帰国子女で、高校時代はミュージカル俳優に憧れて演劇部に所属。東大時代はラクロス部のマネージャーを務めた。女子アナ評論家の丸山大次郎氏が語る。

「就職活動はNHKのみ、アナウンススクールにも通わずに合格。入社当初はミスをしても職場で涙を堪えて、帰り道や自宅で大泣きしたそうです」

 和久田アナと並ぶ2トップと言われる桑子真帆アナ(35)も、マスコミ業界で就職試験を受けたのはNHKのみ。ただし、学生時代にはNHKでアルバイトをしていた。

「そもそもアナウンサー志望ですらなかったそう。大学時代は金髪で、サンバのサークルに所属してサックスと打楽器を担当。広島放送局時代には派手なセーラー服コスプレを披露しました」(NHK関係者)

 このほか、NHKの女性アナウンサーのエピソードを紹介する。(入社年/出身地/出身大学/担当番組)

●井上あさひアナ(41)
2004年/岡山県/お茶の水女子大学/『ヒューマニエンスQ』
 高校は野球部のマネージャーで、広島カープの大ファン。教員免許を持つ。「趣味はキティちゃんグッズの収集だそう」(女性アナに詳しい島本拓氏)

●林田理沙アナ(33)
2014年/長崎県/東京藝術大学/『NHKニュース7』
 学生時代のあだ名は「リンダ」。絶対音感の持ち主で、5歳からピアノ、小1から中3までバレエ、中高で合唱部という芸術家肌。

●山内泉アナ
2017年/愛知県/慶應義塾大学/『ニュースウオッチ9』
 高校ではダンス部に所属し、学生時代はファッションショーに出場。「大のハロプロファンで知られる」(丸山氏)

●鈴木奈穂子アナ(41)
2004年/神奈川県/法政大学/『あさイチ』
“アムラー“時代の自身のギャル写真を『あさイチ』で公開し話題に。眉毛の太さは今も変わっていないらしい。

●川崎理加アナ(29)
2016年/アメリカ/上智大学/『NHKニュース7』
 生まれ故郷はアメリカ・ミシシッピ州。TOEICは990点。同僚の井上裕貴アナと昨年結婚している。

●赤木野々花アナ(32)
2013年/岡山県/慶應義塾大学/『うたコン』『サタデーウオッチ9』
 5歳からハープを習っており、アナウンサーになっていなかったらハープ奏者になっていた。サッカーJ2のファジアーノ岡山の大ファン。

●副島萌生アナ(31)
2015年/青森県/慶應義塾大学/『コズミックフロント』『NHKニュース おはよう日本』
 青森県弘前市出身。生放送で津軽弁を披露し「さすがネイティブ」と視聴者を唸らせた。訛っているほうがかわいいとの声も。

●吉岡真央アナ
2018年/福井県/慶應義塾大学/『サタデーウオッチ9』『ニュースウオッチ9』
 幼少期からクラシックバレエを習っており、大学ではチアリーディング部に所属した。高知放送局時代は地元のよさこいチームに入会。

※週刊ポスト2023年4月7・14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン