スポーツ

“アウェー”の甲子園で敗れた前田悠伍の誓い 大阪桐蔭史上最高の投手を「目指したい」

準決勝では救援に回ったが決勝打を浴びた前田(右。時事通信フォト)

準決勝では救援に回ったが決勝打を浴びた前田(右。時事通信フォト)

 95回目の記念大会だった今年のセンバツは、山梨学院が兵庫の報徳学園を7対3でくだして県勢初の甲子園制覇を遂げ、幕を閉じた。優勝候補の大本命として、連覇に挑んでいた大阪桐蔭は準決勝で報徳学園(兵庫)に5点差をひっくり返されて5対7で敗れた。報徳学園出身の西谷浩一監督は、母校を相手にしたこの試合に勝利すれば、智弁和歌山元監督の高嶋仁氏が持つ甲子園通算68勝という最多記録に並んでいたが、それは夏以降に持ち越しとなった。

 勝利よりも、敗北が大きなニュースになってしまうのが、春4回、夏5回の全国制覇を誇る大阪桐蔭だ。試合中、同校がリードを奪えば、昨夏の準決勝・下関国際(山口)戦のように甲子園全体が判官贔屓モードに突入し、劣勢な対戦校の背を押す。相手が甲子園からほど近い兵庫の報徳学園ならばなおさらだ。

 大阪桐蔭の一強時代が長く続くことで、甲子園のヒール役となってしまっている感は否めない。全国から大阪桐蔭に集まってくる球児の宿命ともいえる。

「ああなってしまったら、自分たちのペースで野球ができない。その流れを食い止められなかったのは自分の実力不足。悪い流れを止めてこそエースだと思う」

 そう振り返ったのは、エース左腕の前田悠伍だ。

 前田がマウンドに上がったのは、1点差に迫られた7回裏無死一、三塁の場面。最初の打者に初球をレフト前に運ばれて同点とされたが、後続を断って大ピンチをしのぐ。ところが、8回に先頭打者を歩かせ、プロ注目の捕手・堀柊那こそ三振に抑えたが、4番・石野蓮授に決勝2塁打を浴びた。

「悔しいけれど、(高校野球が)終わったわけじゃない。今日学んだ自分たちの弱さを修正して、夏までになくしていって、夏に切り換えたい」

 事実上の決勝戦と目されていた報徳戦。当然ながら、前田は先発するつもりだった。しかし、西谷監督は前々日(3月29日)の準々決勝・東海大菅生戦で毎回の11三振を奪い、完投していた前田ではなく、成長著しい軟式野球出身の南恒誠を先発マウンドに送った。エースに依存し過ぎるような戦い方は、球数制限などが導入された現代の高校野球では勝ち上がれない。チームに「前田だけでは勝てない」というメッセージを込めた起用でもあっただろう。主将でもある前田は、先発を直訴することなく、南に託した。

「西谷先生にはいろんな考えがある。自分は先発したかったですが、自分の気持ちだけで動いていたら考えがすれ違う。だから今日は(直訴を)しなかったです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
綾瀬はるかとの熱愛が発覚したジェシー
《綾瀬はるかと真剣交際》SixTONESジェシー「プライベートはお任せください!」「ズドン」異例コメントに見えた「ファンへの思い」と「ユーモアたっぷりの誠実さ」
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン