芸能

「えっ、由来知ってる?」生放送で号泣『DayDay.』黒田みゆアナ 大ファン斉藤和義の「せっちゃん呼び」に驚きの声

3年目で大抜擢された日本テレビの黒田みゆアナ(写真は番組HPより)

3年目で大抜擢された日本テレビの黒田みゆアナ(写真は番組HPより)

 43日に放送が開始された情報番組『DayDay.』(日本テレビ系)。長年続いた『スッキリ』の後継番組で、MCは南海キャンディーズの山里亮太(45)と2月にNHKを退局したばかりの武田真一アナ(55)が務める。視聴者の注目度も高いようで、第1部(9:0010:25)の視聴率は世帯5.0%、個人2.6%で、『スッキリ』の同時間前4週より0.9ポイント上昇と「好調な滑り出し」を見せている。 

 日本テレビの番組関係者が言う。 

NHK出身の武田アナの“堅さ”がどう出るかというのが不安視されていましたが、今のところ評判は上々です。山里さんが上手くサポートすることで民放には珍しい初々しさが良いほうに捉えられているようですね。『スッキリ」の岩田絵里奈アナ(27)に代わって抜擢された3年目の黒田みゆアナ(24)もそつなくこなしてくれたのでホッとしているところです」 

  ただ、開始から4日目の放送となった46日、“事件”が起きた。黒田アナが生放送中に泣き出してしまったのだ。そのきっかけはゲストで生歌を披露した歌手・斉藤和義(56)の登場だった。 

「彼女は斉藤さんの大ファンだったらしく、最初のゲスト紹介のところから涙を堪えて喋っていました(笑)。小学生の頃、初めて行ったライブが斉藤さんのライブだったそうですから、感動して泣き出してしまうのも分からなくはない。どちらかというと、若手の割にしっかりしたタイプだったので素直な涙に好感を持った方もいたようです」(日テレ関係者) 

斉藤ファンからは“好評価” 

 黒田アナは近くで見た感想を「せっちゃんだ! と思って、びっくりしました」とファンの間での斉藤のニックネーム「せっちゃん」呼びで応え、斉藤も笑顔で受けとめていた。しかし、彼女のこの「せっちゃん」発言に番組を観ていた斉藤ファンは「腰を抜かした」という。40代の斉藤和義ファンの男性がこう明かす。 

「斉藤さんは大の下ネタ好きで知られています。この“せっちゃん”というあだ名の由来は、斉藤さんが大学時代、毎日のように『セックスしたい』と言い続けていたことで友人からそう呼ばれるようになったとご本人が明かしています。ファンからすれば微笑ましいエピソードではあるのですが、女性アナウンサーが放送でしかも朝の番組で“せっちゃん”と呼ばれていたので、勝手に“え、由来知ってるのかな”“あの子は大丈夫かな”とハラハラしてしまいました。涙を流すほど斉藤さんのファンということで、私は黒田アナの大ファンになってしまいました」 

 ファンゆえに思わず口に出てしまった「せっちゃん」呼び。斉藤ファンからは好意的に受け止められているようだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

新CMの発表会に登壇したデヴィ夫人
【過去には金銭トラブルも】デヴィ夫人 「新CM会見」常識破りの「猫耳大サービス」
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン