スポーツ

巨人・秋広優人「背番号55の左打者」への期待 左投手攻略なら不動のレギュラーへの道

「背番号55の左打者」として、巨人ファンの秋広優人への期待は否が応でも高まる(時事通信フォト)

「背番号55の左打者」として、巨人ファンの秋広優人への期待は否が応でも高まる(時事通信フォト)

 巨人に久しぶりに明るい話題が生まれている。松井秀喜と同じ背番号55で左打者の巨人・秋広優人(20)が、4月29日の広島戦でプロ入り1号を放った。高卒でプロ入りして今年3年目の秋広は、4月18日に一軍登録され、22日のヤクルト戦で「7番・レフト」で初スタメン。初打席でいきなりタイムリー二塁打を放ち、勝利に貢献。その試合から6戦中5戦でスタメン出場し、チームは全て勝っている。

「“秋広効果”と言っていいでしょう。開幕から巨人は低迷し、最下位に落ちるほど成績も悪かった。若い力が一番欲しい時に、その期待に応えて結果を残している。秋広が沈滞ムードを払拭しています」(プロ野球担当記者。以下同)

 秋広は2020年オフ、二松学舎大付高からドラフト5位で入団した。1年目の2021年、キャンプの紅白戦から結果を残し、オープン戦にも出場し続けた。巨人では王貞治以来となる高卒1年目の開幕スタメンを期待されたが、オープン戦終盤には成績を落とし、二軍スタート。結局、一軍で9月に1打席立ったのみに終わった。2年目の昨年は一軍での出番はなく、今年勝負の3年目を迎えていた。プロ野球界で馬場正平(ジャイアント馬場)と並んで歴代最長となる「身長2メートルの大型打者」への期待は高まるばかりだ。

「秋広は23日のヤクルト戦で3ボール0ストライクから打って犠牲フライを上げています。4点リードの場面とはいえ、『打て』のサインが出ていても、実質一軍1年目の選手がそのカウントでスイングするには、かなりの勇気がいる。物怖じしない性格が窺えます。巨人の主力は評論家やファンから常に意見を言われる。そのため、良い意味での鈍感力が必要になる。

 同じ背番号55の左打者として松井秀喜のような活躍を期待するファンもいますが、そんな松井は30分前に集まらなければならない“ジャイアンツ時間”を守らないこともあったし、若手の頃から遅刻を大々的に取り上げられても、動じずに何度も遅刻をしていた。それが良いのかは微妙ですが、そのぐらい鈍感さがあった。秋広にも松井のような何事にも動じない精神力が求められます。これは年齢とともに備わっていく面もありますが、元々の気質も大きい」

 この1週間で、秋広は唯一、27日の阪神戦ではスタメン落ち。巨人は0対15で大敗した。左投手の伊藤将司が先発したためのベンチスタートだった。3試合連続ヒット中だっただけに、ネット上では原辰徳監督の起用法に疑問の声も上がっていた。

「原監督の中ではまだ左投手には厳しいという判断なのでしょう。考え方によっては、親心とも取れます。セ・リーグを代表する左ピッチャーの伊藤将司と対戦したら、せっかく好調な流れを崩されてしまうかもしれない。打者の感覚は繊細ですから、良い感覚を持ったまま、右投手の時にスタメン起用させたい意図も考えられます。徐々に段階を踏んでいって、左投手でも打てると見込まれるようになれば、相手がエース級でもスタメンに起用されるでしょう」

関連記事

トピックス

亡くなった三浦春馬さんと「みたままつり」の提灯
【三浦春馬さんの名を靖国に】提灯2万円に値上がりなのに100個も集まった「ファンの熱い思い」 『みたままつり』に献灯ズラリ
NEWSポストセブン
松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン