芸能

Netflixの相撲ドラマ『サンクチュアリ』 再現度、肉体改造、名俳優が脇役に…その魅力を解剖

『サンクチュアリ』

相撲ドラマ『サンクチュアリ』が話題(Netflixシリーズ『サンクチュアリ ─聖域─』独占配信)

「角界をぶっ壊す!」──Netflix日本オリジナルドラマ『サンクチュアリ ─聖域─』が日本のドラマ界で“番狂わせ”を巻き起こしている。配信からわずか4日間で累計視聴時間900万時間を記録、世界50以上の国と地域で「今日のシリーズトップ10」入りを果たした。業界からも絶賛の嵐。本作の魅力を、コラムニストの今井舞さんに語ってもらいました。

【物語のあらすじ】
 主人公はカネのためだけに入門した、大相撲に一切興味なしの力士「猿桜」。やる気もなく稽古もさぼり気味、先輩に盾を突くクズっぷり。しかし、自分の才能に自信をつけ、次第に大相撲にのめり込んでいく──土俵の世界を取り巻く熱き人間ドラマが“ガチンコ”で展開。

【語ってくれた人】
今井舞/週刊誌を中心に活躍するコラムニスト。歯に衣着せぬ批評で注目を集める。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

 大相撲を舞台に、極限までリアルを追求した作品『サンクチュアリ-聖域-』。この作品について今井さんは、

「正直いわゆる女性好みの作品ではないと思います。主人公は暴力的でモラルゼロ。画ヅラも汗と血と砂だらけで、見ているだけで口の中に鉄の味がしてきそう。胸を強調したホステスの恋人など、女性の描かれ方も、地上波ではまず見られないスタイル。でもこうした点を『タブー』扱いし、気を使いながら作品作りをしているのは日本の地上波ドラマだけ。

 海外では、『面白い作品を作る』という当たり前の目標に向かって心血が注がれます。配役も作品にふさわしい俳優を選んで当てはめていく。『今度の月9の主演は〇〇』なんちゅう、主役ありきで進めていく日本の地上波ドラマじゃとうてい適わない、作り手の本気が伝わってくる中身の濃さ」(今井さん・以下同)

 と語る。

 今作の特筆すべき点は、配信開始直後からの海外での評判の高さだろう。

「外国人の“スモウレスラー”への関心は高く、土俵の上の神様を奉るシーンや、親方たちが集う会合、特殊な稽古の様子や食事のとり方など、画ヅラの一つひとつがエキゾチックでミステリアスに映っているのではないでしょうか。

 ストーリーの進み方のテンポもよく、説明せりふなしでも人間関係や過去などが見る側にきちんと伝わる。エピソードの要素の入れ方、意外性の演出、伏線の張り方と回収。すべてにおいてお見事。緻密な計算のもと構築された筋書と、腕に覚えありの役者たちによる渾身の演技は、視聴者を経験したことのない世界に誘ってくれます」

『サンクチュアリ』のここがすごい

再現度の高い国技館シーン

再現度の高い国技館シーン (Netflixシリーズ『サンクチュアリ ─聖域─』独占配信) 

 今回のために古い体育館を改装し、まるまるセットとして作られた。

「劇中では『国技会館』となっていますが、まるで本物の国技館のような空間作りになっています。相撲部屋のごちゃついた雰囲気づくりもリアルの一言。各部屋のお金のあるなしが、情景ひとつで伝わってくるのも素晴らしいです」。

関連キーワード

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン