芸能

“暴れる宮根誠司”を軌道修正する? “東大卒”フジ藤本万梨乃アナ、『Mr.サンデー』抜擢で高まる期待

フジ・藤本万梨乃アナには意外な一面も(写真/ロケットパンチ)

フジテレビの藤本万梨乃アナ(写真/ロケットパンチ)

 情報番組『Mr.サンデー』の新キャスターに抜擢されたフジテレビ藤本万梨乃アナ(27才)への期待が高まっている。いち早く藤本アナに注目していたコラムニストで放送作家の山田美保子さんがその魅力について綴る。

 * * *
 フジテレビの藤本万梨乃アナが7月より日曜夜の同局看板情報番組『Mr.サンデー』の新キャスターに就任することが23日にわかり、朝刊スポーツ紙や同WEBが大々的に報じている。やっと藤本アナの番が回ってきたのか…と個人的にとても嬉しく思っている。

 入社5年目となる藤本アナには「東大卒」、しかも「医学部」という経歴が良くも悪くも付きまとっていた。見た目はフジテレビらしい華やかなルックスだし、昨年4月からアシスタントを担当している『さんまのお笑い向上委員会』を見ればわかるように、明石家さんまを始めとする芸人の言動に“顔芸”と言うべきリアクションや、身をくねらせたり、大笑いしたりして応える底抜けの明るさを持ち合わせている。

 頭がいいし勘も鋭いからだろう。芸人らの“パターン”を決して邪魔せず、さんまのノリツッコミをフォローするような技ももっている。暴走する“3週目”のゲスト芸人の登場理由を改めてさんまから確認された際も、“わかっている”藤本アナはわざわざ台本に目を落とし、真面目なトーンで“段取り”を抑え直し、“仕切り”に協力したことさえあった。

 これまで同番組のアシスタントを務めてきた久代萌美、井上清華アナ、久慈暁子にはできなかった“ワザ”。久代はスタジオの外では“モニター横”の若手芸人に興味を示すことがあったようだし、井上アナは常に笑顔ではあった。が、久慈はずっと、自分の居場所はここではないというような見え方をしていたし、「鬼越トマホーク」のネタに対応できず泣いてしまった“事件”も……。そんな中、藤本アナは、「アキラ100%」の“ポロリ”にさえ大きく動じることはなかったのである。

 40代、50代になっている女性アナウンサーが若かりし頃には、こうしたワザを持っている者が少なくなかったが、いまの20代に、そういうタイプはほとんど見られないため、藤本アナのバラエティのスキルは余計に目立っていたのである。放送作家として“バラエティ班”が長い筆者は、いつか『~向上委員会』での藤本アナについてコラムを書こうと、ずっと彼女の名前を書いたメモをパソコンのモニターの端に貼っていたくらいなのだが、『Mr.サンデー』キャスターに抜擢され、やっと、たっぷり書けることになった。

コロナ禍でフジアナの出番が減った?

 近年、フジテレビの若手女性アナウンサーからはスターが出ていない。同時に、視聴者に人気が高かった三田友梨佳アナが今年3月に退社。同じく、音楽からスポーツ、バラエティまで同局の看板番組を担当し続け、『めざましテレビ』『めざまし8』を支えた永島優美アナが8年半にもわたる“朝の顔”を卒業。三田アナの退社に伴い、『Mr.サンデー』を担当していた山崎夕貴アナは、就任わずかで妊娠を発表し、産休に入る。山崎アナも三田アナや永島アナ同様、硬軟どちらの番組もやれる人。3人共、“パンアナ”でもある同局の大人気アナウンサーだった。

 井上清華アナは、こうしたスターアナウンサーの後継者で間違いないが、他が「足りていない」「追いついていない」印象だ。それは『THE SECOND~漫才トーナメント』で東野幸治の横に立ったのが宮司愛海アナだったことでもわかろう。スポーツ局の番組で取材力を磨き、カトパンの後、『Live News イット!』のメインキャスターに抜擢された彼女。筆者はスポーツ特番で仕事をしているが、ゲストのアスリートとのやりとりや、関ジャニ∞の村上信五との掛け合いも完璧だったことを憶えている。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン