国内

長野立てこもり容疑者を溺愛した母は経営者で地元のリーダー格 社交的な母と内向的な息子の噛み合わない母子関係

卒業アルバムより

自宅に立てこもっていた青木政憲容疑者(卒業アルバムより)

 わずか10分の間に、4人もの命が奪われた事件。「普通の少年だった」といわれる容疑者は、なぜ凶行に走ったのか。半生を辿ると浮かび上がってきたのは、社交的で明るい母親と内向的な息子の、噛み合わない母子関係だった──。

「お母さんがそばで見ているから。最後の場所は自分で決めて」

 自宅の庭のりんごの木の下に移動し、猟銃を自らのどに突き立て自殺を試みる息子。だが、なかなか引き金を引けない。苦戦する息子に、母親は「足(で引き金を引くの)はどうかな?」と彼の靴下を脱がせた。足の指で引き金に触れるが、うまくいかない。その刹那、「パン!」と乾いた銃声が夜空に響いた。動揺からか、銃口は彼ののど元から外れ、上空を向いていた。母親は、息子に提案した。「お母さんが撃とうか?」──。

 JR長野駅から長野電鉄に乗り換え、北東へ45分ほどの信州中野駅。駅から2kmほど離れた住宅が点在するのどかな地域で凶行は起こった。

 5月25日、長野県中野市江部で竹内靖子さん(享年70)と村上幸枝さん(享年66)がサバイバルナイフで刺されて死亡。現場に駆け付けた中野署巡査部長の池内卓夫さん(享年61)は銃で撃たれ、同署警部補の玉井良樹さん(享年46)は撃たれた後に刺されて死亡した。翌日早朝、長野県警は自宅に立てこもっていた青木政憲容疑者(31才)を殺人容疑で逮捕した。

「竹内さんと村上さんは、ほぼ毎日2人で近所を散歩していた。青木容疑者の自宅前は、散歩ルートだったようです。青木容疑者は彼女たちが“いつも自分がひとりでいることをののしっていると思い、殺した”と供述しており、2人を待ち伏せして襲ったとみられています」(社会部記者)

 事件から2日後、青木容疑者の母親は「信濃毎日新聞」の取材に応じ、事件当日の緊迫の会話を明かした。その様子は冒頭で再現した通りである。

「母親は、事件の一報を受け、外出先から慌てて自宅に戻ったところ、自宅に隣接した薪小屋で女性の遺体を見たそうです。“お母さんもお父さんも罪を背負うから。自首しよう”と促すも、容疑者は拒否。容疑者は自殺を試みたがうまくいかず、“お母さんが撃とうか?”という言葉で母親に猟銃を差し出したところ、そのまま母親は銃を持って現場から逃げ出したのです」(前出・社会部記者)

 青木容疑者は、13代続く農家に三きょうだいの長男として生まれた。父親・青木正道さん(57才)は、中野市議会議長だった(事件直後の5月26日に辞職)。

「正道さんと奥さんは高校の同級生で、当時から交際していて、そのまま結婚しました。明るい性格のふたりで、仲睦まじいカップルでした」(正道さんの高校の同級生)

関連キーワード

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン