スポーツ

【検証】夏の甲子園で「700球以上投げた投手」はプロで活躍できないのか? 最多球数は斎藤佑樹、例外は2人の怪物だけ

2006年の夏の甲子園で共に700球以上を投げた田中将大(左)と斎藤佑樹(時事通信フォト

2006年の夏の甲子園で共に700球以上を投げた田中将大(左)と斎藤佑樹(時事通信フォト)

 8月6日、夏の甲子園が開幕した。近年は投手分業制が広がり、日程に休養日が設けられるなど以前と比べれば、ピッチャーの消耗度は抑えられるようになってきた。それでも全48試合で完投数は2021年30、2022年21となっている。気温40度近い猛暑の中で9回を投げ切れば、ピッチャーにはとてつもない負担が掛かるだろう。

「甲子園での球数とプロに入ってからの活躍度には、ある程度、相関関係があると指摘されます。特に夏にひとつの大会で700球以上投げた投手は、プロで大成しにくいと言われる。

 例えば、2006年にほとんど1人で投げ切って早稲田実業を優勝に導いた斎藤佑樹は決勝再試合もあったため、7試合で948球を投げています。これは甲子園での歴代最多投球数です。球数制限やタイブレーク制度ができたので、おそらくこの記録が破られることはないでしょう。ただ、甲子園での登板過多が、後の大学やプロでの故障につながり、活躍できなかった原因の1つと言えます」(スポーツライター。以下同)

 斎藤佑樹は早実から早稲田大学に進学後、2010年秋のドラフト1位で日本ハムに入団。1年目に6勝、2年目は開幕投手として完投勝利を挙げた。しかし、その後故障が発覚し、結局プロでは11年間在籍して15勝26敗、防御率4.34の成績に終わった。

「斎藤はプロに入団できただけ、まだ良いかもしれません。甲子園でエースとして大車輪の活躍を見せながら、プロ入りが叶わなかった選手は多い。

 1990年代以降の夏の甲子園を振り返ると、1994年の準優勝投手である樟南の福岡真一郎は742球を投げました。卒業後、九州産業大学に進学して1年生の4月に11打者連続奪三振という福岡六大学野球の記録を樹立。将来が期待されたものの、秋に右肩痛に。社会人では名門・プリンスホテルに行きましたが、2年で廃部。そこで野球人生に区切りをつけたようです。

 2011年、吉永健太朗は766球を投げて、日大三高を優勝に導きました。しかし、プロ志望届を出さずに早稲田大学に進学。大学で伸び悩み、社会人ではJR東日本に入社するも2年目に故障。2014年、三重高校の今井重太郎は814球を投げて準優勝投手に。卒業後、中部大に進みますが、3年の時に左ヒジを手術しています。結局、3人ともプロになれませんでした」

関連記事

トピックス

逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
北の富士氏
病気療養中の北の富士氏が大相撲中継にVTR出演「NHK解説者の後任に元大関・琴風が据えられる動きへの牽制」の見方も
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン