スポーツ

【独占】羽生結弦、結婚相手は元バイオリニスト・末延麻裕子さん(36)!「天才肌でおしゃべり好き」過去にはYOSHIKIと共演も

羽生結弦のお相手はバイオリニスト

羽生結弦のお相手は元バイオリニスト

 8月に結婚を発表した、プロフィギュアスケーター羽生結弦(28才)の結婚相手が明らかになった。
 
 羽生が制作・出演する初のアイスショーツアーが、今年11月から来年2月にかけて開催される。すでにメンバーシップ(ファンクラブ)先行のチケット抽選には申し込みが殺到し、プラチナチケット化は必至のようだ。

「羽生さんは8月4日、公式SNSで入籍を発表しました。結婚するとアイドル的人気は低下するといわれますが、彼の場合はそんなことはなかったわけです。人気、実力ともに絶対王者であることを改めて知らしめました。この人気ぶりの維持は、結婚相手の素性がベールに包まれていたことも影響しているのでしょう」(スポーツ紙記者)

 9月16日、『週刊女性PRIME』が結婚相手は8才年上のA子さんで、かつて芸能事務所に所属し、音楽番組に出演したり、CDを出したこともある元バイオリニストだと報じた。報道では、「A子さん」と書かれていたが、スーパースターを射止めた女性の名は、末延(すえのぶ)麻裕子さん(36才)である。

 有名アーティストとのコラボ経験が多くあり、『X JAPAN』のYOSHIKIや相川七瀬(48才)と共演し、矢沢永吉(74才)の全国ツアーにバックバンドの一員として帯同したこともある。バイオリンの腕前は折り紙付きだ。

「天才肌の一方、気難しいところは一切なくて、おしゃべりが大好きです。バイオリンの裾野を広げることに熱心で、子供向けにコンサートを開き、親しみを持ってもらうために、小さな子でも知っているようなJ-POPを弾くことも。一部に目線が偏らないよう、視野を広く、みんなに話しかけるようにしていたのが印象的でした。おかげで、普段は元気すぎて騒がしい子供たちが、黙って聴き入っていました」(音楽関係者)

 末延さんとフィギュアスケートとのかかわりは深く、2012年の全日本選手権、四大陸選手権、世界選手権のプロモーションアーティスト(フジテレビ系)に選ばれたことがある。

「紀平梨花さん(21才)や、アリーナ・ザギトワさん(21才)の演技に合わせて演奏したこともあります。羽生さんとは2019年の『ファンタジー・オン・アイス』で共演しています」(スケート関係者)
 
 その頃から交際が始まったのであれば、秘めた関係は4年に及んだことになる。

 21日発売の『女性セブン』では、「羽生結弦射止めた『社長令嬢』の妖艶音楽家」とのタイトルで、恵まれた環境で育った末延さんの意外な素顔、結婚に至るまでの裏側、夫婦の近況などについて詳報している。

関連記事

トピックス

深田恭子と杉本会長(時事通信フォト)
《結婚目前で破局》深田恭子の交際相手が購入していた「平均販売価格20億円の超高級レジデンス」と「ハリー・ウィンストンの指輪」
NEWSポストセブン
イケメンを“お持ち帰り”した王林
王林に初ロマンス カラオケバーで意気投合した男性歌手を“お持ち帰り”、グイグイ引っ張りホテルへ
女性セブン
「KANA-BOON」のドラム担当・小泉貴裕
《ほんまに俺の子?》「KANA-BOON」ドラム担当が20代アイドルと妊娠・中絶トラブル 結婚ほのめかしながら交際、最後は「事務所が認めてくれない」
NEWSポストセブン
X JAPANメンバーが揃うことはもうない
「Toshlは自分だけが不参加だったことを翌日の報道で知った」YOSHIKI発起人のHEATHさんお別れ会の裏側
女性セブン
2022年8月、日本に強制送還された森川光被告
《国際ロマンス詐欺》男女30人から約1.1億円詐取で「懲役10年、罰金200万円」判決 “主犯格”が独占告白「控訴を考えている」
NEWSポストセブン
“泥酔キス”トラブルが報じられた自民党の山口晋・衆議院議員(写真/共同通信社)
“泥酔キス騒動”の山口晋・衆院議員に公選法違反疑惑が浮上 選挙区内の3自治体に計1500万円の寄附
週刊ポスト
ハラスメント行為が報じられた安楽(時事通信フォト)
【楽天・安楽パワハラ騒動】自由契約発表前でも「グッズがぜんぜんない!」仙台ファンの間で物議を醸していた“もう一つの騒動”
NEWSポストセブン
深田恭子(時事通信フォト)
《ハートどら焼きも》深田恭子、“二股”疑惑の演出家A氏がインスタに投稿していた生々しい「匂わせ画像」の数々
NEWSポストセブン
歌手活動を無期限休止中の氷川きよし
《姿を消した氷川きよしの今》歌手活動の無期限休止から1年、カジュアルコーデで現れた意外な場所「外国でいろいろチャレンジしたい」と海外志向も
NEWSポストセブン
羽生結弦(時事通信フォト)
【羽生結弦「105日間の新婚生活」の真相】母親はお相手を“完無視”か、“追い出し部屋”と化していた愛の巣
女性セブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
胸元があいたドレス姿の深田と杉本会長
《ゴールイン間近の急転》深田恭子が経営者恋人と破局 主演ドラマ演出家との“二股”がバレて結婚は白紙に!
女性セブン