ライフ

「手術至上主義」になりやすい日本の医療 “切れば治る”という患者の思い込み、実績増やしたい医師の思惑が影響か

「検査のための手術」が必要な場合もある(写真/PIXTA)

「検査のための手術」が必要な場合もある(写真/PIXTA)

アメリカは2割、ドイツは3割、スウェーデンは1割、日本は6割……これは何の数字か? 答えは高齢者で「月に1回以上、病院や診療所に行く人の割合」。日本人がいかに病院好きかを示すデータだ。そんな日本人の「病院信仰」は、「手術至上主義」とも言い換えられるという。日本では医師も患者も、治療の選択肢として手術を選ぶケースが圧倒的に多いのだ。医療経済ジャーナリストの室井一辰さんが言う。

「海外で行われるがん治療の56〜66%が放射線治療なのに対し、日本はわずか25%。それだけ手術を選択する人が多数を占めているということです」(室井さん)

 高額療養費制度により誰でも安い自己負担額で外科手術を受けられるのも理由の1つだが、国立がん研究センターで40年以上がん医療に携わってきた医療法人社団進興会理事長の森山紀之さんは、意識的な問題もあると指摘する。

「日本において外科医は“花形”。日本の外科手術の技術レベルが世界的に高いのは事実ですが、医師も患者も、手術に対する期待値が高すぎるとも言えます。“切れば治るんでしょう?”という患者の思い込みや、手術による実績を増やしたい医師の思惑が“手術至上主義”につながってしまっているように感じます」(森山さん)

 がんを根治する方法として「まず外科手術」とされているが、高齢者の場合は寝たきりや認知症につながることもあるので、放射線治療も選択肢に入れた方がいい。抗がん剤でがんを小さくしてから切除する方法も一般化しているうえ、小さいがんなら薬で根治させることも難しくはない現代において、一も二もなく「切りましょう」と判断するのは危険ですらあるのだ。ジャーナリストの岩澤倫彦さんは言う。

「早期の舌がんや乳がんは、放射線だけで根治できる場合があります。食道がんは、超早期の段階なら内視鏡での切除が有効ですが、粘膜下層にがんが浸潤した段階の選択肢は、外科手術や放射線治療。手術で食道を切除すると胃をつり上げることになり、食事を満足にとれなくなる場合もあるので、放射線治療も検討すべきでしょう。患者は各治療のメリットとデメリットを正確に把握して選択することが必要です」(岩澤さん)

 当然ながら、病気の種類によっては、手術をしたからといって完治するとは限らない。特に賛否両論あるのは、腰痛の手術だ。

「脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアは手術による治療が一般的ですが、手術を受けても痛みは取り除けないことが少なくありません。それよりも筋トレなどをする『保存療法』の方が有効だという考えもあるほどです」(室井さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン