芸能

“おじさんドラマ”花盛りの中、異彩放つ道枝駿佑主演『マルス』 一度見たらハマる理由を山田美保子さんが解説

局内きってのおしどり夫婦に何が(時事通信フォト)

『マルス―ゼロの革命-』はテレビ朝日で放送中(時事通信フォト)

 今冬クールのドラマでは中年の男性俳優が主演する“おじさんドラマ”が話題を集めているが、それとは対照的なドラマとして異彩を放っているのが道枝駿佑主演『マルス―ゼロの革命-』(テレビ朝日系)だ。放送作家でコラムニストの山田美保子さんがその「ハマるポイント」について解説する。

 * * *
 1月期は“おじさんドラマ”“お父さんドラマ”が花盛りである。

 ネプチューンの原田泰造主演する“おっパン”こと『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』(東海テレビ・フジテレビ系)や、とんねるずの木梨憲武が奈緒とW主演している『春になったら』(関西テレビ・フジテレビ系)、反町隆史主演の『グレイトギフト』(テレビ朝日系)。さらには吉田鋼太郎が大暴れする『おっさんずラブ‐リターンズ‐』(同)、西島秀俊主演の『さよならマエストロ~父と私のアッパシオナート~』(TBS系)、そして早くも今年No.1ドラマとの呼び声も高い、阿部サダヲ主演の『不適切にもほどがある!』(同)などである。

 加えて、2クール目に突入している『相棒season22』(テレビ朝日系)もある。個人視聴率、コア視聴率が重要視されて久しいものの、連続ドラマについては相変わらず世帯視聴率が取り沙汰されている。

 その“世帯”の数字を獲りたければ、おじさん(M3)、おばさん(F3)=50歳以上の男女=に見てもらうことが不可欠であるからなのか。とにかく、ここまで、“おじさん”と“お父さん”が勢揃いしたクールというのもこれまでなかったのではないだろうか。

 そんな中、少数派とも言うべき“若者ドラマ”が、なにわ男子の道枝駿佑主演の『マルス―ゼロの革命-』(テレビ朝日系)だ。

 道枝主演ゆえ、キラキラした青春群像劇かと思いきや、髪を金色に染め、悪役を絵に描いたような江口洋介と対峙する道枝の様はキラキラではなくギラギラという表現のほうが合っている。テレ朝のリリースには“青春クーデターサスペンス”とある。

 道枝演じる謎多きカリスマ転校生・美島零《ゼロ》に導かれた落ちこぼれ高校生たち7人が【マルス】なるグループを結成。悪事に手を染める大人たちにYouTubeやSNSを駆使しながら正義の鉄槌を下していくストーリーだ。

『ぼくらの七日間戦争』と重ね合わせる視聴者も?

 中高年の読者ならば、1988年に公開され、宮沢りえの女優デビュー作となった『ぼくらの七日間戦争』と『マルス~』とを重ね合わせる人も多いことだろう。中学と高校という違いはあれど、生徒たちが結託して大人に立ち向かうという構造は確かに似ている。

 いずれにせよ、青春ドラマだと思って2話までは見ていなかったのだが、仕事先で会う大人たちの中に「面白い」「今期いちばん熱心に見ている」という声があまりにも多いため見逃し配信で確認したところ、私もハマってしまった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「徳洲会」創設者・徳田虎雄氏。86歳で亡くなった(時事通信フォト)
【追悼】徳田虎雄さん 原動力となった「医療に革命を起こそうとする意志」 戦友が明かす「手についたぎょうさんの傷」への思い
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン