国内

小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声

眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)

眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)

 眞子さんは小室圭さんとの結婚が暗礁に乗り上げた当初から、自力での解決を試みていたという。日本と皇室によほど不信感があるのか渡米後もその姿勢は変わらず、手を差し伸べようともなしのつぶて。彼女の迷走ぶりに、ついに秋篠宮さまも匙を投げられて──。

 小室眞子さんの選んだ新居は、ニューヨーク・マンハッタンから車で1時間ほどの集合住宅だった。入居するのは、若いファミリー層が大半。家族で連れ立ち、マンション内のフィットネススタジオや温水プールで遊んだり、バーベキューを楽しんだりするのが日常風景だ。

 絵に描いたような幸せを振りまくにぎやかなファミリーたちに囲まれ、眞子さんは、ご両親と長く暮らした東京の赤坂御用地や日本各地の御用邸を思い出し、何不自由なく過ごした幼い日々に重ね合わせただろうか。しかし、そこにはもう彼女の戻る場所はなく、32才の眞子さんは孤絶の毎日を過ごしている。

 昨年11月、渡米後から住んでいたニューヨーク中心部のマンションの賃貸契約の期限が迫り、小室眞子さん、圭さん夫婦は退去を迫られた。

「マンションはワンルームで、元皇族が住むにしては狭すぎる間取りでした。一方で、立地は随一。働くことを夢見たメトロポリタン美術館(MET)をはじめとした文化施設へのアクセスのよさは抜群で、後ろ髪を引かれる思いもあったのではないでしょうか」(在米ジャーナリスト)

 眞子さんは、一時期のように、表立ってMETで活動する機会はないようだ。

「METの日本美術キュレーター担当で、眞子さんの後ろ盾でもあったジョン・カーペンター氏との関係が決裂してしまったようなのです。彼女は博士号を持っていませんから、世界最高峰のMETの職員としての“基準”を満たすことができなかったのでしょう」(前出・在米ジャーナリスト)

 一方の小室さんは現在、弁護士として「国際貿易と国家安全保障」という部門で、5つに及ぶ関連分野を担当している。

「業務内容によっては、夜遅くまで拘束されることもあるそうです。年収は4000万円ほどとみられ、引っ越し先の選択肢には事欠かなかったでしょう」(法曹関係者)

 失意のなか、マンハッタンから離れた新天地への引っ越しを済ませた眞子さん。勤務時間が不規則な小室さんとの食事は、夜遅くに至ることもあるという。中華料理店の店員の話。

「ふたりは遅い時間に姿を見せることが多いです。3月末も夜9時過ぎに来店して、回鍋肉や白米を夫婦でシェアしていました。小室さんは夢中で箸を動かすタイプ。そんな夫を複雑な表情で見ながら、ぽつぽつと話しかけているのが眞子さんという印象です」

関連記事

トピックス

フジテレビ・伊藤利尋アナウンサー
『めざましテレビ』新メイン就任のフジ伊藤利尋アナ、どんな場面でも「完璧に仕切る」実力 局アナとして出演者やスタッフへの気遣いも
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
新CMの発表会に登壇したデヴィ夫人
【過去には金銭トラブルも】デヴィ夫人 「新CM会見」常識破りの「猫耳大サービス」
女性セブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン