芸能

【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」

度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫

度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫

 度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫(58才)だが、現在は都内の別宅に滞在中で、そこには過去に不倫が報じられた40代女性Aさんも暮らしているという。そして、その“同棲生活”を送る家に、妻の三田寛子(58才)が荷物を手渡しに訪れて、「もっとしっかりしなさいよ!」と怒鳴られる場面が、『週刊ポスト』にキャッチされたのだった。

 その瞬間こそは肩を落としてうつむいた芝翫だが、そこは色恋沙汰の多い梨園の中でも、抜きに出た好色家。ある歌舞伎関係者によると「ご本人にも考えがあって現在の同棲生活を送っているのであって、すぐにこの生活を改めることはまずないでしょう。A子さんへの恩情もありますからね」とのこと。

 小泉今日子や中森明菜、松本伊代らと同じ「花の82年組」と呼ばれた昭和アイドルの1人、三田と結婚したのは1991年。息子3人を授かり、名門・成駒屋の宗家として確固たる地位を築く。2016年には、亡き父が人間国宝に認定された名跡「芝翫」を八代目として襲名。ここまでは、溢れるほどの称賛を浴び続けてきた。

 しかし、そこから雪崩のように不倫スキャンダルが発覚してきた。まずは、大切な襲名直前に京都・祇園の30代の芸姑との逢瀬がキャッチされた。謝罪会見では、何度も何度も「私の不徳の致すところ」と頭を下げ、猛省したかのような振る舞いだった。それでも、浮気の虫は収まらなかった。

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン