芸能

真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」

愛子の娘・響子役を演じた真矢ミキ(c)2024映画「九十歳。何がめでたい」製作委員会 (c)佐藤愛子/小学館

愛子の娘・響子役を演じた真矢ミキ(撮影/浅野剛)

 映画『九十歳。何がめでたい』が6月21日に公開となった。本誌・女性セブンで佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』の連載がスタートしたのは2015年4月のこと。90歳を過ぎて感じた時代とのズレや身体の衰えを綴った佐藤さんは昨年100歳に。そしてこの映画で佐藤さんを演じる草笛光子さんは現在90歳。人生100年時代を体現するふたりは、映画は、どう映ったのか──。

 真矢ミキさんといえば、キリリとしたクールビューティーの印象が強いが、本作では一変。愛子の娘・響子役で、飾らない普段の表情を見せている。最初の登場シーンは鮮烈だ。断筆宣言をして日がなボーッと大音量のテレビの前に座る愛子に対して、「たまには出掛けたら?」「ちょっとは体動かした方がいいんじゃない?」などつっけんどんな物言いをする。

「そのシーン、実は映画を見たかたから非難ごうごうだったらどうしようと思っていました。でも、自分自身を振り返っても、娘って、母親に対してどうしても言葉がキツくなったりするじゃないですか。それを後で反省したりするわけですが、そんな親子の近い関係だからこその心情が見えたらと思いましたね」

 そんな娘に「めんどくさ〜い。耳は聞こえないし、目は見えないし、足は痛いし腰も痛いし心臓も痛い」などと切り返す愛子を慮って響子はしみじみ思う。「長生きするって大変なのねぇ」。

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン