スポーツ

元日本チャンピオンのJBC審判員ビニー・マーチンが遭遇した“替え玉ボクサー”事件「1ラウンド目のゴングでボクサーの動きじゃないとわかった」

井岡(右)との激戦を制したマルティネスの片手をあげ、勝者であることを示すレフェリー(時事通信フォト)

井岡(右)との激戦を制したマルティネスの片手をあげるレフェリー(時事通信フォト)

 WBA世界スーパーフライ級王者として、IBF王者フェルナンド・マルティネス(32)との2団体統一タイトルマッチに挑んだ井岡一翔(35)。序盤からマルティネスが繰り出す左右の強打に押され続け、全12ラウンドを戦い抜いたものの判定(0-3)で敗れた。

 ボクシングでラウンドごとの採点を担うのはリングサイドの「ジャッジ」で、選手とともにリングに立ち試合進行を統括するのが「レフェリー」だ。反則行為の監視やノックダウンの判定を行うほか、時にはボクサーの命を守るために割って入り、試合をストップさせることもある。判定の際、リング上で勝者の片手をあげて示すことも、レフェリーの仕事である。

 そんなレフェリーの仕事について、元日本チャンピオンでJBC(日本ボックシングコミッション)のベテラン外国人レフェリー、ビニー・マーチン氏に『審判はつらいよ』の著者・鵜飼克郎氏が聞いた。第3回は、マーチン氏が遭遇した「前代未聞の替え玉ボクサー事件」についてだ。(全3回シリーズの第3回。第1回から読む。文中敬称略)

 * * *
 JBC(日本ボクシングコミッション)の外国人レフェリー、ビニー・マーチンは元プロボクサーで、27戦18勝(7KO)7敗2分の戦績を持つスーパーウェルター、ミドル両級の元日本王者でもある。デビューはミドル級で、同時期に同じ階級でデビューしたのが竹原慎二だ。

 竹原との初対戦はデビューした1989年の暮れ、東日本新人王決定戦だった。マーチンは判定負けを喫した。3年後の1992年8月に日本ミドル級タイトルマッチの挑戦者として竹原に挑むが、またしても判定負け。竹原は3度目の王座防衛を果たした。

 竹原が4度目の防衛後に王座を返上したことで、日本ミドル級王者の挑戦権を手にしたマーチンは、1993年4月に日本ミドル級王座決定戦でKO勝ち。日本ボクシング界初のガーナ人王者となった。この快挙は母国の新聞にも大きく載った。

 その後の王座陥落、交通事故による負傷を経てリングを一時離れたが、ジュニアミドル級(現スーパーウェルター級)に階級を下げて復帰すると、事故から3年後の1996年6月に日本ジュニアミドル級の王座決定戦で判定勝ちし、2階級を制した。竹原がWBA世界ミドル級の初防衛戦前の公開スパーリング相手にマーチンを指名したことも話題になった。

 1998年に現役を引退後、彼が次に選んだのがレフェリーとしてのボクシング人生だった。1999年にレフェリーデビューを果たして以来、現役時代より長い四半世紀に及ぶレフェリー人生を歩んでいる。

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
フジテレビ・伊藤利尋アナウンサー
『めざましテレビ』新メイン就任のフジ伊藤利尋アナ、どんな場面でも「完璧に仕切る」実力 局アナとして出演者やスタッフへの気遣いも
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン