スポーツ

二軍調整中の巨人・坂本勇人に“一塁コンバート案”浮上も想定される副作用 阿部監督に“重い決断”を求める意見も

阿部慎之助・監督(右)は坂本勇人を今後どう起用するのか(時事通信フォト)

阿部慎之助・監督(右)は坂本勇人を今後どう起用するのか(時事通信フォト)

 2022年まで8年連続で伝統の巨人軍のキャプテンを務めた坂本勇人(35)が不振に喘いでいる。ケガや体調不良以外の理由で二軍に落ちるのは、2007年のルーキーイヤー以来のこと。専門家からは、「坂本はファーストに転向すれば、まだ成績が伸びると思いますよ」(元阪神・藤田平氏)、「守備の負担の少ないポジションを任せるのは一つのプラン」(野球評論家・江本孟紀氏)と、「ファーストで復帰」論も上がるが、これは文字通り“もろ刃の剣”だ。【前後編の後編。前編を読む

 坂本をファーストに回すことで、彼の“延命”を考えることが、本当にチームにとってベストなのか、疑問視する声もある。

「メジャー入りを切望する岡本和真(28)は本来のポジションであるサードで坂本に代わって実力をアピールしたいはず。坂本がスタメン落ちした後、ファーストは大城卓三(31)が務めていますが、打撃が安定すれば定着する可能性は十分ある。

 それに坂本と同年代の丸佳浩(35)も外野守備が厳しくなればファーストが選択肢になります。外国人選手が任されるパターンもあり得る。“坂本ありき”で考えてファーストに持ってくるとなると、チームは多くの選択肢を失う可能性があります」(巨人番記者)

 坂本も35歳になりキャリア終盤に差し掛かったとはいえ、レジェンド的存在を冷遇する難しさはあるのだろう。ただ、今こそ「決断すべき時期」という指摘も聞こえてくる。

「V9以後(1974年~)の巨人を守った河埜和正は、就任2年目の王監督のもとでサードへのコンバートやそれまでケガ以外で一度もなかった二軍落ちを経験、代わりにショートのポジションに就いたのが3年目の川相昌弘でした。そして河埜は翌年に35歳で引退した。

 同一チームで長く活躍した功労者が世代交代するには、監督交代が一つのタイミング。今年就任した阿部監督が坂本に引導を渡せないと、ズルズルとタイミングが延びてしまう懸念がある」(スポーツジャーナリスト)

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン