芸能

市川猿之助「名跡を返上せず」で波紋、“舞台に復帰する”との強い意志か? 香川照之の長男・市川團子が名跡を継ぐとの見方も先行き不透明に

裏方に徹するわけではないのか

裏方に徹するわけではないのか

 歌舞伎俳優・四代目市川猿之助(48)が、父親で歌舞伎俳優の市川段四郎さん(享年76)と母親の喜熨斗延子さん(享年75)に対する自殺幇助の罪で懲役3年・執行猶予5年の有罪判決を受けてから半年あまりが過ぎた。

 当の猿之助は、現在も事件の現場となった東京都内の自宅で、最近飼い始めたという柴犬とともに生活しているという。今後の復帰の予定などは一切未定で、「本人に復帰の意志はない」などとも報じられている。ある梨園関係者は言う。

「今、四代目(猿之助)が面倒を見ていたお弟子さんたちが続々と廃業している。それまでは、『四代目の復帰までは自身が舞台を休んでも、四代目をケアして、復帰の際には華々しく舞台を飾る手伝いをしよう』としていたお弟子さんたちが急に相次いで廃業してしまった理由は、四代目が表舞台に戻ろうとしていないからではないか、という見方が飛び交っているのです。代わりに、四代目は裏方での活動を望んでいるという話もある」

 実際に、今年2月に開幕したスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」(東京・新橋演舞場)では、主演を務める香川照之(55)の長男・市川團子(20)に直接稽古をつけていたことが明かされている。

必ず舞台に復帰したい?

 しかし、別の梨園関係者はこう言う。

「実は四代目(猿之助)が『猿之助』の名跡を返上しないことが波紋を広げているのです。一般的に歌舞伎の名跡はその『家』のみが独占して持つものではなく、継いでいく際も一度、松竹に戻すものとなります。襲名の際に、必ず『松竹のお許しを得て』という一言が入るのはそういった理由がある。

 事件直後、四代目の『名跡返上』は不可避と見られていました。『猿之助』という大名跡を傷つけ、汚すこととなったため、名前を守るためにも、伯父である三代目猿之助(二代目猿翁)に相談したうえで返上し、しかるべき時に、五代目を継ぐ役者に受け渡すものだろうと言われていました。

 しかし、三代目は昨年9月に不整脈のため亡くなった。相談する人がいなくなってしまったこともあるのかもしれませんが、現在に至るまで名跡を返上しようとする動きがないため、四代目から返上の申し出があるものと思っていた松竹関係者も困惑しているといいます」

 それについて、こんな見方もあるという。

「名跡を返上しないということは、“猿之助として必ず舞台に復帰する”という強い意志が本人にあるのではないかと言われているのです」(同前)

 松竹に聞くと、「(返上しないという意向について)そのような動向は何ら認識いたしておりません」(広報室)としたうえで、「まずもって、現時点ではまだ『復帰』を論じる状況ではないものと考えております」(同前)と回答した。

 これまで「猿之助」の名跡は遅からず團子が継ぐとみられてきたが、まだ先行きはわからないようだ。

※週刊ポスト2024年7月19・26日号

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
綾瀬はるかとの熱愛が発覚したジェシー
《綾瀬はるかと真剣交際》SixTONESジェシー「プライベートはお任せください!」「ズドン」異例コメントに見えた「ファンへの思い」と「ユーモアたっぷりの誠実さ」
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン