• TOP
  • 生存率

生存率一覧

【生存率】に関するニュースを集めたページです。

自転車事故に遭わない、起こさないためのルール(写真/アフロ)

知っておくべき自転車ルール 歩道を通行できるのは日本…

 2008年6月の改正道交法の施行から早12年。自転車は軽車両である、という意識はどこまで浸透しているのか、疑問を感じることもしばしばだ。…

2020.06.26 07:00  女性セブン

再発のショックは大きい

肝臓がんや肺がんに転移リスクあり 再発後の治療法は?

 病気は一度治っても再び発症する──そんな「再発の恐怖」をまざまざと思い知らされるのが、毎年多くの死亡者を出しているがんである。がん…

2020.04.16 16:00  週刊ポスト

命にかかわる治療も(AFLO)

コロナによる病院閉鎖の恐怖 がん治療や人工透析中断の…

 国立病院機構大分医療センター(大分市)で発生した新型コロナウイルスの集団感染(クラスター)では、患者の転院先の医療機関でも感染が…

2020.04.01 16:00  週刊ポスト

女性はとくに心配な病気だが検査で見つけられるのか

乳がん検診、40代未満に効果疑問 子宮体がん検診にもリ…

 ほんの少しの体調不良でも、「念のため」「万が一のことがあったら」と、病院へ行く人も多いだろう。しかし、病院で受ける医療行為や検査…

2020.03.01 07:00  女性セブン

がんの笠井信輔アナ、自分だけでなく家族のために闘う日々

がんの笠井信輔アナ、自分だけでなく家族のために闘う日々

「豪華な賞品が当たる抽選会などもあって、会場は大盛り上がりでした。ただ、彼を心配する声もあちこちで聞かれました」(参加者) 昨年の1…

2020.01.07 07:00  女性セブン

薬を飲んだ後の死亡例の調べ方を解説

薬を飲んだ後の死亡例 かんたんな調べ方を薬剤師がガイド

 本誌・週刊ポスト(12月13日号)の特集『この薬を飲んだ後に患者が死にました』に対して、編集部の電話には「掲載されたリストにはないが…

2019.12.18 07:00  週刊ポスト

製薬会社から金銭を受け取る医師もいる

前立腺がん手術、男性にとって重要な機能失うリスクも

 人間ドックのオプションなどで見る「PSA検査」。PSAとは「前立腺特異抗原」のことで、前立腺から分泌されるタンパク質を指す。微量のPSAが…

2019.11.06 16:00  週刊ポスト

検便の問題点を医師が解説

便潜血検査では大腸がん3割見落とし 大腸内視鏡受診を

 日本のがん死亡者のうち大腸がんが占める割合は大きく、肺がんに次いで2番目に多い。一方で、ステージIの患者の5年生存率は97.6%(2018年…

2019.11.01 07:00  週刊ポスト

浮気や二股によるスリルは死亡率を上げる(写真/PIXTA)

浮気や二股交際による緊張感、死亡率上がるとの研究結果も

「健康にいいと思って、あまり好きではないひじきを一生懸命食べていたけれど、意味がないどころか寿命を縮めていたなんて…」(50代女性)「…

2019.10.09 16:00  女性セブン

座った場所でリスクも違う(時事通信フォト)

飛行機事故で「生存率」高い座席はどこか 選び方のポイ…

 旅行に出かけるときのチケット手配で、飛行機の座席をどこに指定するか。「窓側」と「通路側」で好みの分かれるところだろう。だが、事故…

2019.10.02 16:00  週刊ポスト

写真/ゲッティイメージズ

「二次がん」とは何か? 最近注目されるようになった理由

「“二次がん”になる人は昔からいました。ですが長い間、どういう人が二次がんになるのか、どう対策すればいいのかについて、積極的に研究や…

2019.09.09 16:00  女性セブン

がんの5年生存率は毎年上昇している(写真/PIXTA)

がん検診、放射線医や病理医不在の施設は見落としリスクも

「がんはもはや治る時代」──これは食道がんと舌がんの手術を受け、現在も闘病中の堀ちえみ(52才)がブログに綴った言葉だ。確かに、毎年が…

2019.09.07 16:00  女性セブン

がん治療病院の選び方 大都市と地方、どちらがいいのか

がん治療病院の選び方 大都市と地方、どちらがいいのか

 国立がん研究センターが8月8日、「病院選び」に大きな影響を与えるデータを発表した。『2009-2010 年5年生存率集計報告書』と題されたレポ…

2019.09.06 11:00  女性セブン

重要な病院選び。どう選ぶ?(写真/PIXTA)

女性のがんに強い病院ランキング 「患者数」のデータも…

「がん」になるのも人間なら、それを治すのもまた人間だ。近年がんにかかった患者の生存率は飛躍的に上がっているが、それでも「病院選びで…

2019.09.06 07:00  女性セブン

そのしこり、ほうっておいて大丈夫?

「しこり」は皮膚科、整形外科、循環器科…どこで受診する?

 年齢を重ねるにつれ、体のあちこちに出現する「しこり」だが、中には命にかかわる重大疾患や悪性腫瘍の“芽”である可能性もある。 例えば…

2019.09.01 07:00  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス