目薬一覧

【目薬】に関するニュースを集めたページです。

ウイルス対策として、医療従事者は水うがいや“飲みうがい”を推奨(写真/アフロ)

コロナ対策はうがい薬よりも水うがい&飲みうがい、目薬も

 感染拡大が止まらない新型コロナウイルス。マスクやアルコール消毒液はどこも売り切れとなり、予防したくてもできないという人も少なくな…

2020.02.28 16:00  女性セブン

家計防衛ワザ 会社員の確定申告や“ブラック企業控除”の活用も

家計防衛ワザ 会社員の確定申告や“ブラック企業控除”の…

 消費増税で家計が逼迫する中、あらゆる面で節約を心がけている人は少なくないだろう。理想的なのは、生活レベルを落とさずに暮らすこと。…

2020.01.16 07:00  マネーポストWEB

目に入った花粉やほこりを洗い流したい人向けの目薬も(写真/アフロ)

眼科医に聞いた実際に使っている目薬 花粉遠ざけるのは?

 専門分野の医師たちが選ぶとしたら、どの市販薬を選ぶのか──。今回は、眼科医が選ぶ“最強目薬”について聞いた。 目のスペシャリストであ…

2020.01.02 16:00  女性セブン

川越八幡宮は「目の神」

東日本「健康長寿の神さま」 目・耳、痔、がん封じ等の…

 初詣の祈願は「無病息災」「健康長寿」などが定番だが、日本の各地には「身体の悩み」をピンポイントで助けてくれる神々がいる。新しい1年…

2019.12.30 07:00  週刊ポスト

ドラッグストアにいる薬剤師に症状を説明し、適切な薬を提案してもらうのも方法の1つだ(写真/PIXTA)

目薬と点鼻薬、どうやって使うのが正しいのか

 今は、気軽に入手できる「市販薬」。近所のドラッグストアの市販薬はどんどんアップデートされていく。だが、一度判断を間違えて使うと、…

2019.12.10 16:00  女性セブン

その飲み方、大丈夫ですか?

市販の風邪薬、目薬、痛み止め、胃薬それぞれのリスク

 処方薬より副作用が少ないとされる市販薬だが、医師の処方を受けない以上「飲むタイミング」は患者に委ねられる。“風邪はひき始めに治した…

2019.11.23 07:00  週刊ポスト

「時間を置けばおさまる」も要注意

なんだか目がかすむ…は老化現象ではなく肺線維症の恐れ

 一般的な健康診断では視力と眼底、眼圧を調べる。だが視力に異常がなくとも、「見え方」がおかしい場合には、危険な病気の兆候かもしれな…

2019.11.14 07:00  週刊ポスト

市販の目薬には抗菌剤含有のものもあるが、ものもらいには眼精疲労用のものでは意味がない(写真/PIXTA)

点鼻薬で鼻炎、目薬でドライアイ…薬の効果は信用できるのか

 家事に育児に仕事にと、何かと忙しい現代女性。子供の病気ならともかく、自分のこととなると、ちょっとした不調なら市販薬で治そうとする…

2019.11.11 07:00  女性セブン

多くの人が苦い思い出を持つ虫歯は「溶かして治す」が最新(写真/PIXTA)

変化する医療 虫歯は削る治療から「溶かす治療」へ

「良薬は口に苦し」ではないが、われわれ日本人は、苦しい治療に耐えてこそ、病気を克服できると思いがちだ。しかし、医学は痛みを取るとい…

2019.10.27 16:00  女性セブン

緑内障は40歳以上の20人に1人が罹患

緑内障の医者選び 良い医者は目薬の「さし方の指導」で…

 40歳以上の20人に1人が罹患し、失明・視覚障害の原因トップである緑内障。目と脳をつなぐ視神経の繊維が減少することで少しずつ視野が欠け…

2019.06.07 16:00  週刊ポスト

白内障手術の流れ

目の手術 白内障は「受けるべき」、緑内障は早期発見が…

 約14億4000万人──これは2012年に全世界で近視と報告された人の数であり、人類のおよそ22%にあたる。その数は年々増え続けており、2050年…

2019.05.18 16:00  女性セブン

花粉などによるアレルギー症状を緩和。matsukiyoノスポール鼻炎錠FX30錠 1980円(第2類医薬品)/マツモトキヨシ

ドラッグストアの医薬品PB、マツキヨはカスタムサプリも

 医薬品はもちろんのこと、基礎化粧品やメイクグッズなどのコスメ、日用品にも、ドラッグストアには、お得なプライベートブランド(PB)商…

2019.04.14 07:00  女性セブン

二本松眼科病院の平松類医師

眼科医が市販の目薬の使用を勧めない理由

 どんな薬にも、必ず効能などの「メリット」と、副作用などの「デメリット」がある。その両方を天秤に掛け、患者にとってメリットのほうが…

2019.03.17 16:00  週刊ポスト

目薬連用する「目薬マニア」、ドライアイ招く本末転倒の結果

目薬連用する「目薬マニア」、ドライアイ招く本末転倒の…

 目の疲れ、霞みなどを感じるたびに、目薬をさして気分転換をする人は多い。だが、『その「1錠」が脳をダメにする』の著者で薬剤師の宇多川…

2019.01.26 07:00  週刊ポスト

適切な内服薬を選ぶ基準の見分け方とかかりつけ薬剤師の存在

適切な内服薬を選ぶ基準の見分け方とかかりつけ薬剤師の…

 ここ数年、高齢者が多くの薬を併用している状態である「ポリファーマシー」が問題とされている。子供の頃の風邪やアレルギーなどの薬は別…

2018.12.04 16:00  女性セブン

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス