提供元別記事/7ページ

BOOK STAND
【「本屋大賞2021」候補作紹介】『オルタネート』――NEWS・加藤シゲアキ渾身の一作。未来を選び取る若者たちの青春物語
【「本屋大賞2021」候補作紹介】『オルタネート』――NEWS・加藤シゲアキ渾身の一作。未来を選び取…
 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2021」ノミネート全10作の紹介。今回取り上げるのは、加藤シゲアキ著『オルタネート』です。****** 第164回直木賞候補作品に選ばれ、さらに本屋大賞2…
2021.02.24 19:00
BOOK STAND
【今週はこれを読め! SF編】現実と記憶の不調和、組織がはらむ不条理を描く十二篇
【今週はこれを読め! SF編】現実と記憶の不調和、組織がはらむ不条理を描く十二篇
岡本俊弥『千の夢』(オンデマンド) 岡本俊弥はSF書評のベテランだが、創作のキャリアも長い。本書は四冊目の短篇集で、オンライン・マガジンに発表した十二篇を、改稿を加え収録している…
2021.02.24 11:32
BOOK STAND
【今週はこれを読め! ミステリー編】フィルム・ノワールのような警察小説『刑事失格』
【今週はこれを読め! ミステリー編】フィルム・ノワールのような警察小説『刑事失格』
 一言で表すなら、フィルム・ノワールの気配をまとった警察小説である。 ジョン・マクマホンのデビュー作『刑事失格』(ハヤカワ・ミステリ文庫)は、アメリカ南部のジョージア州を舞台とし…
2021.02.19 19:59
BOOK STAND
【「本屋大賞2021」候補作紹介】『推し、燃ゆ』――推しに一方的な愛情を注ぐ少女をあざやかな言語感覚で描き出す
【「本屋大賞2021」候補作紹介】『推し、燃ゆ』――推しに一方的な愛情を注ぐ少女をあざやかな言語…
 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2021」ノミネート全10作の紹介。今回取り上げるのは、宇佐見りん著『推し、燃ゆ』です。****** 史上3番目の若さで第164回芥川賞を受賞した、宇佐見り…
2021.02.18 19:00
BOOK STAND
【今週はこれを読め! エンタメ編】さまざまに変わっていく家族の物語〜窪美澄『ははのれんあい』
【今週はこれを読め! エンタメ編】さまざまに変わっていく家族の物語〜窪美澄『ははのれんあい』
 「母の恋愛」というものが描かれた作品なのかな、と思いながら読んだけれど(もちろんそこにも触れられるのだけれど)、何よりも家族というものについての小説だった。家族に恵まれている人…
2021.02.18 11:14
BOOK STAND
第90回 『21ブリッジ』『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』アメコミ映画好きに観て欲しい、 非アメコミ映画
第90回 『21ブリッジ』『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』アメコミ映画好きに観て…
アメコミ映画好きには気なる映画が3月、4月に連続公開されます。『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』(3月5日公開)、『21ブリッジ』(4月9日公開)。前者はベトナム戦争で活躍し…
2021.02.17 12:00
BOOK STAND
地球の大きな転換期、私たちはどう生きていくべき? 人気ヒーラーが読み解く新時代の乗り越え方
地球の大きな転換期、私たちはどう生きていくべき? 人気ヒーラーが読み解く新時代の乗り越え方
 地球・宇宙の暦といわれる占星術で見てみると、2020年はかつてないほどに大きな転換期であると示されていたそうです。星占いに興味がない人であっても、この年がいかに世界的に大きな節目で…
2021.02.16 19:00
BOOK STAND
【今週はこれを読め! SF編】夏への扉はなくても、猫がいればあたたかい
【今週はこれを読め! SF編】夏への扉はなくても、猫がいればあたたかい
 芝村裕吏『統計外事態』(ハヤカワ文庫JA) ハインライン『夏への扉』が猫SFだとしたら、この作品もまちがいなく猫SFだ。主人公の数宝数成(すうほうかずなり)はそれなりに頭が良く技…
2021.02.16 10:46
BOOK STAND
【「本屋大賞2021」候補作紹介】『お探し物は図書室まで』――人生を模索する人たちが本との出会いで変化していくハートウォーミングな連作集
【「本屋大賞2021」候補作紹介】『お探し物は図書室まで』――人生を模索する人たちが本との出会い…
 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2021」ノミネート全10作の紹介。今回取り上げるのは、青山美智子(あおやま・みちこ)著『お探し物は図書室まで』です。****** ある地域のコミュニテ…
2021.02.12 19:00
BOOK STAND
【今週はこれを読め! ミステリー編】とんでもなく無能で不愉快な警部のコメディ『平凡すぎる犠牲者』
【今週はこれを読め! ミステリー編】とんでもなく無能で不愉快な警部のコメディ『平凡すぎる犠牲…
 ドーヴァー警部よ(ピンクレディーの某曲っぽく)。 ミステリーに登場する探偵というと神の如き叡智の主であるとか、悪と闘う正義の人であるとか、とにかくかっこよく設定されるわけだが、…
2021.02.12 11:34
BOOK STAND
知名度が低い場面緘黙症、診てくれる病院が見つからない!? BL同人漫画家が直面した現実
知名度が低い場面緘黙症、診てくれる病院が見つからない!? BL同人漫画家が直面した現実
 保育園・幼稚園・学校など社会的な場面で声が出せない「場面緘黙(ばめんかんもく)症」をご存知でしょうか? 文部科学省からの通知では、通級指導教室などの特別支援の対象であると記載が…
2021.02.10 19:00
BOOK STAND
【今週はこれを読め! エンタメ編】年ごとに移ろいゆく家族の日常〜藤谷治『睦家四姉妹図』
【今週はこれを読め! エンタメ編】年ごとに移ろいゆく家族の日常〜藤谷治『睦家四姉妹図』
「定点観測小説」が好きだ。定点観測小説というのはたったいま考えた名称だけれども、場所(=小説の舞台)が固定された状態で、同じキャラクターが年齢を重ねていくor違う登場人物たちが入れ…
2021.02.10 12:27
BOOK STAND
【今週はこれを読め! SF編】独自のセンスで選んだ七篇、中国とアメリカの状況を照らしあう
【今週はこれを読め! SF編】独自のセンスで選んだ七篇、中国とアメリカの状況を照らしあう
柴田元幸・小島敬太編『中国・アメリカ 謎SF』(白水社) 非常に変わった成りたちのアンソロジー。SFでアンソロジーを編む場合は、年刊傑作選や作品傾向といったテーマをあらかじめ決め…
2021.02.09 17:59
BOOK STAND
マスコミの批判や内部からの裏切り... 世界初のRPG『D&D』を生んだ男の波乱万丈すぎる一生
マスコミの批判や内部からの裏切り… 世界初のRPG『D&D』を生んだ男の波乱万丈すぎる一生
 『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』『テイルズ オブ』シリーズなど、今やコンシューマーゲームの花形でもある「ロール・プレイング・ゲーム(RPG)」作品。では、世界初のRPG『…
2021.02.08 19:00
BOOK STAND
【今週はこれを読め! ミステリー編】人種問題を根底にすえたスリラー『白が5なら黒は3』
【今週はこれを読め! ミステリー編】人種問題を根底にすえたスリラー『白が5なら黒は3』
 憎悪の再生産に関する物語だ。 ジョン・ヴァーチャー『白が5なら黒は3』(ハヤカワ・ミステリ)は、人種問題を根底にすえた迫真のスリラーである。作者にとってはこれが長篇デビュー作で…
2021.02.05 19:37
BOOK STAND

トピックス