公開日:2016.11.15 / 更新日:2019.12.14   

MCI(軽度認知障害)って?認知症予備軍の早期発見チェックリスト

 認知症予備軍は400万人。40代のうちから予防しておきたい。そのためには、MCI(軽度認知障害)のうちに手を打つことが肝心だ。

「MCIとは、認知症の一歩手前の段階です。軽度の認知症と混同されがちですが、いわば“認知症までいっていない状態”です」

 そう話すのは、鳥取大学医学部の浦上克哉さん。

 2013年に発表された厚生労働省の推計によると、65才以上の高齢者のうち、認知症は462万人、MCIは400万人。つまり、3079万人のうち、4人に1人が認知症またはその予備軍ということになる。

alexraths130300016.jpg - male patient tells the doctor about his health complaints

「MCIを放置しておくと、高い確率で認知症になります。でも、MCIの段階で予防対策を講じれば、認知症への移行を遅らせたり、正常に戻すことができるのです」(浦上さん)

 また、認知症の診療に詳しい、たかせクリニックの高瀬義昌さんは、MCIの段階で発見する、もう一つのメリットを次のように説明する。

「慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症、甲状腺機能低下症、脳腫瘍などの病気の初期症状は、認知症と似ています。MCIの段階で気づけば、こうした病気を早期に発見し治療することもできるのです」

 では、どんな症状が出たら、MCIを疑えばいいのか。

「認知症のように日常生活や社会生活に支障が出るほどではないけれど、以前にくらべてもの忘れが増えていたら、MCIの可能性があります」(前出・浦上さん)

 ほかにもこんな兆候が。

「記憶やしゃべりはしっかりしているけれど、家の権利書を持ち歩くようになった、異常に細かいことにこだわるようになった、怒りっぽくなったときには、MCIや認知症を疑ったほうがいいでしょう」(前出・高瀬さん)

 厄介なのは、日常生活に支障がないままゆっくりと進行するため、本人や家族が気づきづらいということだ。気づくころには、認知症が中度程度まで進んでいるケースもあるという。

 初期の認知症を発見するために観察リストでチェックを。

 初期認知症徴候観察リストは次のページで!

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。