公開日:2017.05.05 / 更新日:2021.04.22    134

親の介護でYOUの発言が話題!「どこか施設に入って」に学ぶこと

 シニア世代の50%以上が、「最期は自宅で迎えたい」と希望しているという(2012年内閣府の意識調査)。一方、その望みを叶えられるのは、わずか13%だけ。なんとか親の願いをかなえてあげたい。しかし…。

1717_you_800px

 親の介護をめぐり揺れる感情にYOU(52才)が一石を投じた。『婦人公論』(4月25日号)で清水ミチコ(57才)との対談ページに登場した彼女は、老後についての不安を吐露した。

《老後は心配。こんなに生きると思ってなかったんですよ。自分もだし、親もそう》

 そして、80才を超える両親についてこう語った。

《幸せなまま放っておけるのならいいけど、なかなかそうはいかない。「私は見られないから、どこか施設に入ってもらうよ」とは、もう話してるんです》

 この発言に「ご両親の気持ちが優先なのでは…」「ドライすぎる」という意見から「面倒を見るとは簡単には言えない」「言いにくいことをはっきり言ってくれた」と賛同する声が上がり、話題になっている。

「親の介護は子供がする」で追い込まれる人も

 施設に頼らず、「親の介護は子供がする」。言葉にすれば美しいが、実際には困難がつきまとう。

次のページでは専門家がYOUの発言を解説!

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  134

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. みみ より:

    介護のプロに任せるって綺麗ないい方だけどやっぱり姥捨山ですよ、一人で何十人もケアするんだから手厚くはできません。
    看護師みたいなプロじゃありませんし。

    12+

  2. ひいらぎ より:

    わかります
    私も 全ては面倒見ません。
    というか 見られるわけがないでしょ。
    まぁ 自分の親も ましてや相手のなんて ため息出そう(涙)

    28+

  3. ブースカ より:

    1人息子の主人と結婚して40年。
    当時は若かったし、姑と同居するのに何の疑問も持たなかった。そのうち80位ではこの世からいなくなるものだと当たり前のように思っていた。

    その姑も現在90才、元気そのもの。
    100才迄生きる、、と思う。

    3人の子供も皆、独立して家を出た。
    主人と2人きりの老後生活を心待ちにしていた。その生活にもいつ入れるか全く見とうせず、イライラの日々。

    嫌な事を言われるわけでもなく、私の行動に一切口出ししない。孫もひ孫もかわいがってくれる。

    でも、まさか姑がこんなに長生きするとは。
    人生最大の誤算。
    60才迄目一杯仕事をして、もう働かなくていいのに、家に居たくないのでパートに出る。
    周りのみんなが言う「やっぱり家が一番いいよね」が、私にはない。家に居たくない。

    何で私がイライラするのかは親と同居した人にしかわからない。同居もしたことがない人にイロイロ言って欲しくない。
    人生の3分の2同居して、まだまだこれからも続くだろう。私の人生は何だったのか。考えるだけで憂鬱になる。

    姑に施設の事を話すとケンモホロロ。この家で死ぬと言ってきかない。

    YOUさんの意見はこの高齢化社会には当たり前だと思う。私も姑を嫌いになる前に、憎くなる前に施設に「引っ越し」してくれる事を願うばかり。

    PS.コメントとしては意味が違うと思いながら、誰かに私の気持ちを話さないと、私の精神状態がますますヤバくなりそうと、投稿しました。すみません。

    259+

  4. マッキー より:

    特養・老健・老人ホーム・サ高住・GHを
    分けて説明しないと分からないよね

    29+

  5. 利雄 より:

    現在の日本では、お金が無ければ介護は地獄になります。特に認知症では、家で見れば、介護人が体力的、精神的にやられます。
    施設に入れるにしても認知症を見てくれる施設は少なくまた費用も月額20万以上かかりますので、大多数の家庭では費用を長期に捻出する事は不可能でしょう。

    政府は、目先の医療費(介護費)の節減のみしか見ていないので、介護を家庭に押し付けています。

    家庭で介護すると、介護のため、その人は離職する事になります。これが施設で面倒をみれば、最低でも2人は介護できますので、介護に必要な人数は国全体では半分以下になります。

    日本全体の経済的に見れば、介護(特に認知症)は家庭でみるのではなく施設で見るべきと思います。

    だいたい、家で見ろとか子供が見るべきだとかいうのは、介護で苦労した事のない部外者のたわごとですよ。

    165+

  6. イチロウ より:

    現時点では、庶民にとって「親の介護は子供がする」では無く、「親の介護は子供がするしか無い」であり、「介護をしなければならない子供が居なければ死ぬしか無い」である。

    YouかMeか知らないが、「どこか施設に入って」と言い放つ人が羨ましい。

    施設に入る代価を御自分が支払う積りであればそれで良い。 それだけ金を持っているのだから。 まさか、代価を支払わずに親を野山に捨てるのではないのだろうし、御自分で親の面倒をみる必要も無いのだから。

    自分自身は諦めの境地。 生涯孤独の身で一人暮らしを満喫し、何処も受け入れてくれる施設が無ければ、愛猫を施設に託した後、孤独死する積りで居るから。 

    47+

  7. ひろ より:

    結局、施設に入るには莫大なお金が掛かります。
    年金をたくさん貰ってる世代かお金持ちしな入れないんですよ…これが現実(;_;)

    69+

  8. マチ より:

    親の介護を苦労だとは思いません、幸せそうな顔を見ると介護で辛い事も忘れます。
    そんなセリフがあるから、施設に入れたいとおもう子側が追い込まれるんだよ。
    私は夫の祖父母、義父の介護しました。
    長かった。
    介護が終わり、自分の時間がとれる、やれやれ、、、、と思った時、自分の顔を見て老婆になっていて辛かった。
    子供には苦労をかけました。
    長い介護月日は、我が子の子育てさえも、満足に流れ作業的な、、、愛情を注げていなかった気がします。
    子は成長しきっていました。
    もっと抱きしめて色んな遊びに連れて行けば良かったと後悔ばかり。
    いつかね、今はできないね、ごめんね、明日ね、明後日ね、、、そればかりだった。
    子達、よく頑張ってくれた。
    自分がその立場になれば、自ら施設に入る事を願いますね、もしくは治療拒否し自然死。
    自立できないなら辛いだけ、長生きしてまで子に苦労を掛けたくない側ですね。

    150+

  9. Buono より:

    うちも施設に入るよう宣言してます。
    当事者でもないのに、とやかく言うのは乱暴

    57+

  10. EMIちゃんマン より:

    親の介護は、自己犠牲してまではしない。
    できることはする。できない事はヘルパーさんに頼む。ディサービスは、行く時嫌がりますが、聴くと、行くと寝られないし、疲れるとか、年寄りばかりで嫌だという。
    家庭にいたら昼寝ばかりして、刺激が足りなくなる。
    緊張したとしても、行った方が、本人にとっても、家族にとっても有意義。
    愛する親を愛し続ける為にも頑張りすぎは絶対ダメだし、むしろ親だって本心では望まない。
    長寿国は、一見良く見えるけど、自分は自立した生活できなければ、寝たきりになる前に亡くなりたい気持ちでいる。長生きは幸せなのか、なんとも言えないな。

    101+