公開日:2020.05.03 / 更新日:2020.05.10   

猫が母になつきません 第199話「すていほーむ」

「猫」という名前の語源は「寝子」だという説があるくらい猫はよく寝るのでステイホームはお得意です。外はダメ、というと部屋のなかから庭をじーっと見ています。私は猫がそばで寝ている時はヘッドホンを使ってタブレット端末で音楽を聞いたり映画を見たり。インターネットで美味しそうな料理のレシピを集めるのも好きで、まだ作っていないメニューが順番待ち状態。一番じっとしていられないのは母で、急に庭木の剪定を始め、切ったあとの葉っぱの片付けがしんどいと言って泣きついてきます。私は足を骨折してから庭の手入れは放棄したので手伝わないことにしていて、母にも「やらなくていいから」と言うのですが、ますます意固地になって母は切らなくてもいい木までどんどん切り…ステイホームで我が家の庭は丸坊主になりそうです。

前の話を読む  ▶次の話を読む

この連載の一覧へ!

→第1話を読む

作者プロフィール

nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母とくらすため地元に帰る。典型的な介護離職。モノが堆積していた家を片付けたら居心地がよくなったせいかノラが縁の下で子どもを産んで置いていってしまい、猫二匹(わび♀、さび♀)も家族に。

●母の日のプレゼント選び|介護施設の母に花はOK?コロナの今贈るなら…

●#エンジョイステイホーム「また観たい名作ドラマ」

●自粛の今思う認知症の母と遠き「ふるさと」の切ない話

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。