秋冬は怠けがち!季節ごとのムダ毛処理率を大調査
脱毛研究室 編集部 脱毛研究室 編集部

秋冬は怠けがち!季節ごとのムダ毛処理率を大調査

2,459view
女性だからといって、365日いつでも気を抜かずにムダ毛処理に勤しんでいるわけではありません。冬場など肌を隠す季節には、ついついサボりがちな部位もありますよね。今回はミュゼプラチナムが行った「季節ごとの部位別ムダ毛処理率」の調査結果を見てみました。

みなさんは年中しっかりとムダ毛の処理をしていますか?実は春夏秋冬でムダ毛のパーツ別処理率はかなり異なります!

夏場は気合が入るけど夏場はサボりがち!?そんな季節ごとの違いを調査してみました。

春夏秋冬で異なる!女性のムダ毛処理率を調査

春夏秋冬で異なる!女性のムダ毛処理率を調査

最近寒くなってきて肌を見せるファッションも少なくなりましたよね。夏はあんな意識してムダ毛処理をしていたのに、今はすっかりサボり気味…なんて人も少なくないはず。

そんな風にムダ毛の処理率は季節によって異なります。それぞれの季節でどんな特徴があるのか、どの部位がサボりがちなのかを数字とともに見てみましょう。

次のデータは大手脱毛サロンであるミュゼプラチナムが行った調査結果を元に、部位ごと、季節ごとにどのくらいの割合の人がムダ毛を処理しているのか見ていきましょう。

「春」はヒジ下・ヒザ下の見える部分の処理率が急増!

冬場の厚着から徐々に薄着になっていく春。出会いと別れの季節だけあって、イベントが多かったりいろいろな人と出会ったりする季節でもありますよね。そんな春のみんなのムダ毛処理事情はどうなっているのでしょうか。

まずは、春のパーツ別ムダ毛処理率を見てみましょう。

春のパーツ別ムダ毛処理率
  • ワキの処理率:82.2%
  • ヒジ下の処理率:37.3%
  • Vラインの処理率:21.3%
  • 太ももの処理率:18.3%
  • ヒザ下の処理率:59.6%

特筆すべきは「ヒジ下・ヒザ下」の増加率。最後にご紹介する冬場の数値に比べて、10%以上も処理率が増加しています。

春になると袖丈が短くなったり、タイツを脱いでストッキングや素足になったりする機会が増えますので、急いで見えている部分のムダ毛処理を行うのでしょう。

春からがっつりムダ毛の処理を始めよう!と意気込んでいるというよりは、むしろ今までサボっていたムダ毛処理を嫌々ながら再開したという人が多いようですね。

「夏」は言うまでもなく最もムダ毛に気を遣う季節

次は夏場のパーツ別ムダ毛処理率を見てみましょう。

夏のパーツ別ムダ毛処理率
  • ワキの処理率:91.4%
  • ヒジ下の処理率:49.0%
  • Vラインの処理率:30.0%
  • 太ももの処理率:28.5%
  • ヒザ下の処理率:73.5%

圧倒的なワキの処理率と太ももの処理率の急増が目につきますね。夏場になるとノースリーブや半袖の隙間から、簡単にワキの毛が人前にさらされてしまう状況になります。軽く毛を処理するだけでは足りず、ある程度近距離で見られても耐えうるクオリティーに仕上げなければなりません。

太ももは他の季節に比べて処理率がかなり高いですよね。水着やショートパンツを着るために、今までは放置していた太もものムダ毛処理にも取り掛かるという人が一定数いるのでしょう。

「秋・冬」はムダ毛ケアをサボりがち

最後は秋・冬です。みなさんは厚着の季節でもしっかりムダ毛の処理はしているでしょうか。

秋冬のパーツ別ムダ毛処理率
  • ワキの処理率:72.8%
  • ヒジ下の処理率:25.9%
  • Vラインの処理率:19.9%
  • 太ももの処理率:13.7%
  • ヒザ下の処理率:46.2%

どの部位もダントツで他の季節に比べて処理率が低い結果になりました。やはり肌がほとんど露出しない冬場はムダ毛処理もサボりがちになってしまうのですね。

一方で、Vラインは1年を通してあまり処理率にも変動がないこともわかりました。Vライン自体を定期的に処理している人自体多くはありませんが、もともと外から見えない部分だからこそ季節に関係なくムダ毛のケアがされているのでしょう。