32歳におすすめの転職エージェント・転職サイト6選と成功のコツ

「32歳で転職って難しいの?」

「さすがに30歳以降の転職は難易度が上がるのかな…」

と悩んではいませんか?

結論から言えば、32歳の転職は「経験を生かしつつ即戦力採用を狙う」ことがおすすめです。

本記事では、以下の内容について紹介します。

それぞれの内容は32歳に特化した内容になっています。転職への一歩を踏み出すためにも、ぜひご覧くださいね。

32歳は転職に向いてる?

32歳は転職に向いてる?

まずは、32歳が転職に向いているのかを確認しましょう。結論からいえば、即戦力採用を狙えるのであれば向いています。

理由は主に2点あります。

  • 即戦力になれる
  • 社歴10年の経験が生かせる

それぞれ解説していきます。

向いている理由1 即戦力になれる

32歳が転職に向いている1番の理由は、経験の多さや質により、転職先で即戦力になれることです。

20歳代の転職に比べて、より専門的なスキルを持った、即戦力ポジションの募集が多いのが32歳の転職における特徴。

そのため、32歳でも内定の可能性は十分にあります。

これまでの経歴やあなたのスキルを上手く伝えられれば、今までよりも高いポジションでの入社や、年収がアップも期待できます

そのため、「もう32歳だし、転職できないかな…」と年齢を理由に転職をためらっている方は、転職活動をはじめてみてはいかがでしょうか。

向いている理由2 社歴10年の経験が生かせる

大学卒業後に新卒で入社した場合、32歳といえば社歴10年です。

10年の間ともなると、さまざまな経験をしているはずです。

人によっては中間管理職として、部下の育成や組織のマネジメントの経験を持っている場合もあるはずです。

そのような経験は、中間管理職が少ない企業にとっては魅力的に映ります。

そのため32歳という年齢を気にするよりも、社歴の長さとそれで得たモノを生かした転職活動をするのがおすすめです。

32歳が転職するときのコツは?見られるポイント

32歳が転職するときのコツは?見られるポイント

続いて、32歳で転職する際のコツやポイントについて紹介します。

32歳は20代の頃の転職とは異なり、若さやポテンシャルで採用される可能性は低くなります

そのため、以下のポイントに注意してください。

  • 未経験での転職は難しい。実績を武器にしよう
  • 転職の軸を明確にしよう
  • 年収が下がることも想定した求人検索を
  • はじめての転職ならエージェントの利用も視野に

それぞれの解決方法や理由について、以下で詳しく解説していますので参考にしてください。

未経験の転職は厳しめ。あくまでも実績を武器にしよう

はじめに、未経験での転職を考えている方には厳しいことをお伝えします。未経験での転職は32歳では厳しいことが多いです。

ポテンシャル採用は、あくまでも20代までと考えてください。

「新しいことにチャレンジしたい」という場合には、これまでの経験が生きる職場を探しましょう。業種未経験でも同じ職種であれば採用される可能性はあります。

あくまでも、これまでの実績を武器にするイメージで、経験を活かしつつ新たな事を学べる「業界をずらした転職活動」をするのがおすすめです。

これまでの実績を確認するには、以下の手順を踏むと良いでしょう。

  1. キャリアの棚卸し
  2. キャリアプランの検討
  3. アピールポイントの明確化
  4. 必要に応じてエージェントの活用

それぞれ詳しく解説します。

ステップ1 キャリアの棚卸し

まずは、キャリアの棚卸しを行います。

棚卸しというと、大がかりなことをイメージするかもしれません。

しかし、そこまで大がかりなことをせずともキャリアの棚卸しは行えます。

まずは、職務経歴書を作るように、これまで経験してきたことを紙にまとめていく作業からはじめてみてください。

紙に書き出していくと、「あのときこんなことをしたな」と思い出せるはずです。

経験が紙に書けたら、入社時から順番に並び替えてみましょう。

すると、自然とキャリアの棚卸しが完了します。

ステップ2 キャリアプランを再度検討

キャリアの棚卸しが終わったら、あなた自身の未来について考えていきます。

どんなキャリアを積んでいきたいのかを明らかにするのです。

ここでも、難しく考える必要はありません。

大まかでもいいので、「3年後・5年後にはこうなっていたいな」というイメージを思い浮かべます。

思い浮かべたら、イメージを言語化してみましょう。

言語化することで、選考時に自然と採用担当者に伝えることができます。

ここまでくると、キャリアの振り返りと今後の展望が明らかになってきますよね。転職活動で生かせる経験も見つかり始めたのではないでしょうか。

ステップ3 アピールポイントの明確化

続いて、アピールポイントを明確にしていきます。これまでのキャリアの中で、今後何が生かせそうかを確認します

「部下が目標達成できるようにマネジメントした」など、なるべく汎用性のあるものを選んでおくのがおすすめです。

汎用性の高い物が選べたら、それを他社でも利用できる形に一般化していきます。

ステップ4 必要に応じてエージェントを活用

「なかなかアピールポイントが浮かばない」「一人じゃキャリアの振り返りが難しい」という場合には、転職エージェントの利用がおすすめ。

転職エージェントは、無料で利用できることがほとんどです。

多くの場合、はじめにキャリア面談を行うため、これまでのステップを担当者と一緒に行うことができます

また、エージェントの担当者は転職のプロフェッショナルです。自分一人で考えこんで立ち止まってしまうよりは、人と会話して思考を整理するのも大事ですよ。

転職の軸を明確にしよう

キャリアの振り返り以外に、転職の軸を明確にするのも大切です。

転職の軸が定まっていないと、応募する企業が決められないだけでなく、内定をもらっても「他によい求人があるのでは」と悩んでしまいます。

そのため、あなたがなぜ転職をしたいのかを事前に明確にしておくのがおすすめです。

  1. 改めて「なぜ転職するのか」を考える
  2. 転職後の自分を思い描く
  3. 必須の条件と妥協点を考えておく
  4. 軸をもと転職活動を行う

それぞれのステップについて詳しく解説します。

ステップ1 改めて「なぜ転職するのか」を考える

まずは、もう一度「なぜ転職するのか・したいのか」を考えます。理由はなんでも構いません。

ただし、この理由があなたの中ではっきりしていない場合には、まだ転職する時期ではない可能性があります。

明確な理由があるかどうか、しっかり考えてください。

ステップ2 転職後の自分を思い描く

転職の理由が明確になったら、「転職したらこうなっていたい・活躍したい」と思うことをイメージします。このイメージがあると、求人を探すのが楽になります。

ステップ3 必須の条件と妥協点を考えておく

転職活動の際には、条件にぴったりの求人があるとは限りません。どこかしらであなたの決めた条件を妥協しなければいけない場合があります。

そのため、転職時に必須の条件と妥協してもいい条件を、それぞれ考えておくのがおすすめです

必須の条件を満たしていない条件の求人に応募をしても、「やっぱり他のところにしておけばよかった」と後悔するだけです。妥協する点と、妥協しない点はしっかり分けておきます。

ステップ4 軸をもとに求人探し・選考へ

軸が見つかったら、転職先を探しましょう。

転職サイトやハローワーク、転職エージェントをフル活用して、自分に合う企業に応募します。

年収が下がることも念頭に置いた求人検索を

意外に思う方もいるかもしれませんが、32歳の転職では、年収が下がってしまうことがあります

年収をとるか他の条件をとるかは、あらかじめさきほどのステップで考えてあるはずです。

もしも年収アップが必須の条件でない場合には、以下の手順で年収の平均を出してみるとよいでしょう。

  1. 年収以外の条件で求人検索
  2. 複数の企業から平均年収を出す

ステップ1 年収を上げたい場合を除いて、年収以外の条件で求人検索

まずは、年収以外の条件を指定して求人を検索しましょう。

すると、いくつかヒットする求人があるはずです。

ステップ2 いくつかの企業の平均を出して、転職市場の平均年収を知る

求人が見つかったら、年収欄を確認しましょう。

多くの求人で「500万円〜600万円」など幅はあるものの、年収のおおまかな数字がわかります。

それをメモしておき、平均を算出してください。

すると、あなたの求めている条件で年収がいくらなのか、平均がわかります。

この平均を知っておくと、自分の今の年収とも比較しやすくなりますよね。

家族がいる場合には、事前相談しやすくなり一石二鳥です。

はじめての転職ならエージェントの利用を検討

もしも32歳ではじめての転職である場合には、エージェントの活用も検討しましょう。

理由は2つあります。

  1. 30代は能力や経験重視だから
  2. 自分の客観的な市場価値を知れるから

詳しく解説します。

理由1 32歳の転職は20代より能力・経験重視だから

1つ目の理由としては、32歳の転職は能力や経験が重視されるからです。

そのため、自分で求人を探しても、求人と能力のギャップがある場合には内定をもらえません。

できるだけ転職エージェントなどの客観的な視点を取り入れることが大切になります

理由2 自分の市場価値を客観的に知ることが大切だから

理由1とも重複しますが、自分の市場価値を客観的に知ることが大切です。

社内での評価と社外・市場での評価は必ずしも一致しません。

そのため、転職のプロである転職エージェントに相談することで、自分の客観的な市場価値を確かめましょう。

なお、転職エージェントを利用したからといって、必ずしも転職をしなければならないわけではありません

転職を迷っている段階でも積極的に利用してください。

32歳の転職におすすめの転職エージェント

32歳の転職におすすめの転職エージェント

最後に、32歳におすすめの転職エージェント・サイトを紹介します。まずは、転職エージェントを3つ紹介します。

  • リクルートエージェント
  • type転職エージェント
  • キャリアカーバー

リクルートエージェント

一番におすすめしたいのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、リクルートが運営しており、転職支援実績ナンバーワンをうたっています。

豊富なエージェントとしてのノウハウがあるため、はじめての転職の方に特におすすめです

求人サイトには載らない非公開求人の数も圧倒的であり、多くの求人の中から、あなたにあった求人を提案してもらえます。

どこのサイトにしようか迷った場合には、とりあえずリクルートエージェントに登録しておけば間違いありません。

type転職エージェント

type転職エージェントは、これまでの実績に自信のある方におすすめです。

ハイキャリア向けの転職エージェントのため、今までの経験を活かしてチャレンジしたいと思っているなら登録して損はありませんよ。

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、高年収帯の求人を取りそろえたエージェントです。

そのため、ハイクラスの転職を狙う方にぴったりだといえます。

「転職して年収を上げたい」と考えている32歳の方は、利用することをおすすめします。

32歳の転職におすすめの転職サイト

32歳の転職におすすめの転職サイト

続いて、おすすめの転職サイトを3つ紹介します。

  • en ミドルの転職
  • リクナビNEXT
  • doda

en ミドルの転職

en ミドルの転職は、30代以降の世代に特化した転職サイトです。

高年収な求人も豊富であり、必要に応じてエージェントを利用できるのがメリット

また、会員登録をせずともある程度の求人が見られるのも嬉しい点です。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、リクルートグループが運営する転職サイトです。

リクルートエージェントと同様、求人数が豊富なので、条件を指定して検索してみると便利です。

こちらも、必要に応じてリクルートエージェントが利用できるのがメリットだといえます。

doda

dodaは、年収で求人を検索できる転職サイトです。

そのため、年収が気になる方は登録し、使ってみてください。

また、チャットサポートが登録不要で利用できるのも嬉しいポイントです。

転職を迷っている段階でも利用できますし、もちろん無料で使い倒せますよ。

まとめ

今回は、32歳に転職のコツや、おすすめのサイト・エージェントを紹介しました。

この記事を参考に、転職活動をすすめてみてください。

なお、今回紹介した転職サイトやエージェントは、基本的に無料で利用できます

そのため、複数登録して「多くの情報を得る」「求人を抜け漏れないようにする」「エージェントの愛称を見極める」など賢い使い方をおすすめします。

転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。

>目標への一歩を踏み出そう

目標への一歩を踏み出そう

転職は難しくない!あなたの目標をかなえるための転職を、いまから始めてみませんか?

CTR IMG