35歳におすすめの転職エージェント・転職サイト6選と成功のコツ

「35歳で転職ってどうなんだろう」「年齢で転職が心配」

35歳で転職を考える際には、心配事も多いと思います。しかしコツをおさえておけば、転職活動がぐっと楽になる可能性も高いのがこの年代

今回は、35歳におすすめの転職エージェント転職サイトを紹介します。また転職のコツについても紹介しているので、転職活動をはじめる際の参考にしてくださいね。

35歳は転職に向いてる?

35歳は転職に向いてる?

35歳が転職に向いているかどうか、結論からいえば、向き不向きがあります。

向いている場合とそうでない場合がある

年齢にかかわらず、転職には向いている場合と向いていない場合があります。特に30代になると向き不向きがはっきりしていきます。

  • 経験を生かして戦力になれる場合は向いている
  • 年収アップが動機だと向いていない場合も

以下で詳しく解説します。

経験を生かして戦力となるポストに転職する場合は向いている

もしあなたが現在までに実績を残している場合は、その経験を生かした転職に向いています。これまでの実績が転職市場でも評価されるものであるなら、転職して年収やポストを上げられる可能性も高まります。

転職先でも活躍できるので、入社してからの給与や役職の伸びにも期待できるでしょう。

年収アップが動機だと難しい場合もある

一方、転職の動機が年収アップだけの場合は要注意です。年収だけをみていると、現在の職場環境のほうが良い可能性を見逃してしまうかもしれません。

特に、大手企業に勤めている場合には要注意です。現在の福利厚生や残業代などの項目をしっかりおさえておかないと、転職活動をはじめてから「ちゃんと計算してみたら、思っていたよりも応募先の年収が低い」と悩むハメになりかねません

35歳が転職するときのコツは?見られるポイント

35歳が転職するときのコツは?見られるポイント

35歳で転職する場合にはいくつかコツとポイントがあります。

  • 家族の理解を得られるように対話を重ねる
  • 年収が上がる確率は高くない前提で転職活動を進める
  • 自分の能力を過信しすぎない
  • 役職名に固執せず、業務内容に着目するようにする

ここでは大きく分けて4つ、ご紹介します。

家族の理解を得られるかよく考える|年収ダウンは家族内で問題になることも

35歳は家庭を持っている人も多くいる年代です。とくにお子さんがいる場合などは、家計の問題もあるためあらかじめ家族に転職の意思を伝え、相談しておく必要があります

もちろん、人によっては収入や貯蓄に関してきっちり分けている場合もあるので、そういった方は飛ばして読み進めていただいてかまいません。

  • 転職で年収が上がるのは半数以下
  • 年収が上がらない前提で家族が納得できるよう対話を重ねる

転職の実情と合わせてご説明します。

転職で10%以上年収が上がった人は35〜39歳で半分以下

リクルートワークス研究所の「ワーキングパーソン調査2014」によれば、35〜39歳で転職後に年収が10%以上増えた人は44.6%です。半数以上の転職者が年収が同額または微増・減少していることになります。

生活費にも関わってくるので、この事実は家族にしっかりと伝えましょう。年収をあげるための転職を考えている場合でも、こういったデータが出ている事、その中でも年収アップの転職を考えている事は伝えておくのが吉です。

「転職活動をしてみたものの、年収が低く家族ともめた」という自体になると、せっかく内定をもらえても辞退せざるを得ないことになるかもしれません。

家族には一度で理解してもらおうと思わず、対話を重ねるとよい

とはいえ「年収があがるかどうかわからないけど、転職したい」と家族に切り出すのは勇気がいることです。場合によっては、猛反対を受けてしまうかもしれません。

年収が下がってしまうと、生活水準を下げざるを得ない場合もありますし、妊娠や出産など家庭内のイベントと被ったらタイミングを考え直す必要があるかもしれません。

共働きの場合であればいくつかの点は問題はないかもしれませんが、片方が専業主婦や専業主夫である場合には、年収が家計にダイレクトに響いてきます

反対されても転職したい意志が変わらないなら、思い至った理由を何度も家族に伝えるしかありません。年収以外の動機もあるはずなので、それを付け加えて話します。

お互い譲れない点など、対話を重ねればお互い妥協する部分や目指す部分が見えてきます。

「年収が上がるかどうかはわからないけれど、転職がしたい」その気持ちを何度も伝えていくことをおすすめします。

年収が上がるとは限らない|市場価値を意識する必要あり

さきほどから紹介しているように、35歳の転職では年収が上がる確率は低めです。

そのため、転職時の年収について気をつけておくべき点を2つ紹介します。

  • 転職時は自社と転職先の年収を切り離して考える
  • 複数の求人を確認することで市場価値を確かめる

転職時には自社の年収と他社の年収を切り離して考える

転職をする際には、自分が今現在もらっている年収と、求人の年収を切り離して考える必要があります。

それは、今の年収が水準に比べ高い可能性があるからです。同じ仕事をしていたとしても、給与は会社・業界によってさまざまです

そのため、今自分がもらっている給与とは切り離して考えるとよいでしょう。切り離して考えることで、転職の選択肢が増えます。

もちろん、面接の時に現在の金額を聞かれた場合や、自分の市場価値を把握するためには今の年収を確認しておかなければいけません。

市場価値については、次で詳しくお伝えします。

複数の求人をチェックし、自分の市場価値を確かめる

今もらっている年収と応募先の年収を切り離したら、転職を希望する職種・業種で求人を検索してみましょう。求人を検索したら、複数の企業の給与情報を確認します。

そしてその平均を出すと、転職するとだいたいいくらの年収になるのかわかります。転職時の年収は、あなたの市場価値でもあります。求人を検索して、自分の市場価値を把握しておくとよいでしょう。

そうすることで、転職時に給与交渉を行う際に、その平均を基準として自分で思う自分の価値を企業に示せます。

もしかすると、「思っていたより年収が低い」と感じる方もいるかもしれません。

その場合は今の会社に残って働くのか、年収が低くなっても良いからやりたい仕事をやるのか、自分の能力を売り出して給与交渉に挑むのか、よく考える必要があるでしょう。

転職に正解はないため、自分1人で考えこまず、いろんな人の意見を踏まえてじっくり決めるのがおすすめです。焦る必要はありませんよ。

自分の能力の過信に要注意|冷静にスキルを確認しよう

「キャリアアップを目指して転職したい」と考えている場合は、自分の能力を過信しすぎないよう注意してください。

転職の成功率を上げるポイントは、客観的に自分を評価すること、自分のやった仕事を確認することです

  • 社内での評価をあてにしない
  • どんな仕事をして、成果は何か具体的に確認していく

詳しく解説していきます。

社内での評価が転職時に通用するとは限らない

まず気をつけておきたいのが、「社内での評価が社外での評価と一致しない場合がある」ということです。

社内でMVPをとったり、賞をもらっていたとしても、応募先にとってはあまり価値がありません。価値があるのは、「あなたは会社に入り何ができるのか」ということです。

ここを誤解して、あなたが思う自分の市場価値を押し売りすると、転職の成功率を下げてしまうので注意しましょう。

賞をもらったりMVPをもらったりした場合には、どのような努力をした結果、どんな成果が出たのかをアピールするのがおすすめです。決して賞をとったことだけをアピールしないようにしましょう。

どんな仕事をし、成果を出してきたのか具体的に確認していく

社内での評価を客観的に見るためには、これまでの業務内容と成果を可視化することが必要です。職務経歴書を書く過程で、何をしてきたのかを確認するとよいでしょう。

まずは大枠でキャリアをとらえて、その後、細かな成果などを書き足していきます。

とはいえ、はじめて職務経歴書を作る場合には、何を書いたら良いのかわからないこともあるでしょう。その場合には、転職エージェントに添削してもらうのがおすすめです。

「部長」「係長」などの役職はアピールにならない

賞と同じように、役職もアピールにはなりません。役職を武器にする場合は、その立場で何をしてきたのかをアピールすることが重要です

人事担当者からすれば、部長といっても他の会社がどういった基準で昇格させているかはまったく分かりません。実際、企業によって業務内容も、評価方法もさまざまです。

それを補足するために、どのような仕事をしているのかを伝える必要があるのです。こちらも、職務経歴書をまとめる中で振り返ってみましょう。

35歳の転職におすすめの転職エージェント

35歳の転職におすすめの転職エージェント

最後に、35歳におすすめの転職エージェント転職サイトを紹介します。

まずは、転職サイトからです。

結論からいえば、以下のエージェントサービスがおすすめです。

  • リクルートエージェント
  • キャリアカーバー
  • JACリクルート

どれも登録やサービスの利用に一切お金がかかりません。そのため、気になるものはまず登録してみるといいでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、実績の多いエージェントで、転職支援のノウハウが多いのが特徴です。

そのため、「転職エージェントがありすぎて、どこにしようか迷う」という場合には、まずリクルートエージェントを選ぶとよいでしょう。

リクルートエージェントは、非公開求人が豊富であることも魅力のひとつ。非公開求人とは、転職サイトやハローワークなどに出回っていない求人情報のことです。

これは、エージェントに登録している中で条件が合う人にのみ、詳細が紹介されます。年収アップを狙うためには、非公開求人をうまく活用するのが鍵です。

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、ハイクラスの転職狙う方向けのエージェントです。ハイクラスとは、年収800万円から2,000万円クラスまでを指します。

現在までのキャリアで大きな実績を残してきた方や、会社の第一線で活躍したい方におすすめです。

高年収の求人がそろっているため、年収を上げたい場合も登録しておくとよいでしょう。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、外資系に強い転職エージェントです。給与面を考えると、内資よりも外資系企業のほうが良い傾向にあります。

そのため、年収アップを狙いたい場合には、外資系企業を受けるのもひとつの手です。

外資系企業の場合には、面接や履歴書が内資系と異なる場合があります。そういった点もふまえて書類や面接対策などをサポートしてくれるため、安心して転職活動にのぞめるでしょう。

外資系を視野に入れている方で、丁寧なサポートを受けたい場合にはJACリクルートメントがおすすめです。

35歳の転職におすすめの転職サイト

35歳の転職におすすめの転職サイト

続いて、35歳の転職におすすめの転職サイトを紹介します。結論からいえば、以下の3サイトがおすすめです。

  • en ミドルの転職
  • ミイダス
  • リクナビNEXT

詳しく紹介していきます。

en ミドルの転職

en ミドルの転職

en ミドルの転職は、ハイクラス向けの転職サイトです。

年収1,000万円以上の求人が5,000件以上あるほか、名前の通り30代・40代に特化した転職サイトであることも特徴だといえます。そのため、年収アップを狙う方は、en ミドルの転職を検討するのがおすすめです。

職種や勤務地、希望年収から簡単に求人を検索できるので使い勝手が良いです。さらに会員登録をすると、会員限定の非公開求人も閲覧可能になります。

サイトに職務経歴を登録しておけばスカウトが来る可能性もあるので、ハイクラスを狙う方や実績がある方は、en ミドルの転職に登録して損はありません。

ミイダス

MIIDAS(ミイダス)

ミイダスは、市場価値を確認するのに使える転職アプリです。簡単な質問に答えていくだけで、あなたの市場価値がわかります。

想定年収や条件に合致する求人が表示されるため、求人を探す手間が省けるのがポイントです。

面接確約オファーが来ることもあり、その場合には書類選考が免除されます

そのため、ほかの転職サイトやエージェントと並行利用しながら、企業からのオファーの待つという使い方もできるでしょう。スマホから簡単に登録できる上、アプリの使いやすさにもこだわっているサービスのため、ストレスなく利用したい人に向いています。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、リクルートグループの提供する転職サイトです。求人数が多いため、転職市場での年収相場を調べるのに最適

記事執筆時点(2021/02/24)で4万8,000件の求人があります。職種や勤務地、働き方など条件指定から絞り込んで検索することが可能なので、求人数が多いからと言って探しにくいことはありません。

まとめ

今回は、35歳が転職に向いているのか、また、おすすめの転職サイトについて紹介しました。転職サイトやエージェントは、種類が多すぎて困っている方も多いのではないでしょうか。

本記事を参考にして転職サービスに登録し、後悔のない転職活動ができることを願っています。

転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。


dodaエージェント
dodaエージェント

おすすめ度: ★★★★☆

丁寧な求人紹介、応募書類の添削、面接対策などを、担当アドバイザーがフルサポート。初めても転職や、経歴に不安がある方におすすめです。


マイナビエージェント
マイナビエージェント

おすすめ度: ★★★★☆

マイナビは求人のラインナップに独自性があります。ニッチだけれども競争力の高い商材を扱っている中小企業など、ユニークな企業を探したい人におすすめです。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。


doda
doda

おすすめ度: ★★★★☆

dodaは求人数も豊富で、フェアなどもたくさん開催している転職サイト。初めて転職する人も、何回か経験がある人も利用しやすいサービスです。


ビズリーチ
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★☆

ビズリーチは登録したらスカウトを待つだけの転職サイトなので、他のサービスと併用しやすいです。登録には審査が必要なので、自分の市場価値を知りたい人におすすめです。

>目標への一歩を踏み出そう

目標への一歩を踏み出そう

転職は難しくない!あなたの目標をかなえるための転職を、いまから始めてみませんか?

CTR IMG