沖縄で転職するコツ【おすすめ転職エージェント・サイト3選】

  • 2020年10月5日
  • 2021年8月31日
  • 地域

沖縄で転職を考えている方へ、疑問や不安を解消できるよう下記について詳しく紹介していきます。

  • 沖縄の就職状況や有効求人倍率
  • 沖縄で利用すべき求人サイト及び転職サイト
  • 沖縄に住む際のメリットとデメリット

これらの事をあらかじめ知っておけば、転職で失敗する確率を低くしたり、リスクを回避できます。

読みやすくまとめていますので、5分ほどお付き合いください。

沖縄エリアの特徴

沖縄エリアの特徴

まずはじめに沖縄エリアの特徴をみていきましょう。

平均年収

doda「47都道府県別/地方別平均年収情報」では、沖縄県の平均年収は348万円。全国平均は409万円なので、全国と比べるとだいぶ低くなっています。

平均家賃

1R~1DK6.9万円
1LDK~2DK9.1万円
2LDK~3DK8.6万円
3LDK~4DK17.4万円

(参考:賃貸住宅D-room 沖縄県の家賃相場情報

沖縄県の家賃相場は1R~1DKで6.9万円、首都圏に比べると家賃は低いです。沖縄は車社会のため基本的に駐車場が付いています。

生活の特徴

沖縄県は車社会なので、マイカー通勤の方が多いです。ですが、通勤時の渋滞解消の為「通勤ライナー」という無料の急行バスの実証運行が行われており、今後は車だけでなくバスを利用して通勤する方も増えていくでしょう。

沖縄の求人の特徴

沖縄の求人の特徴

沖縄の有効求人倍率

沖縄の有効求人倍率(令和3年7月)は0.76倍(全国平均は1.15倍)で前月より0.04低いポイントになっています。

(参考:厚生労働省「一般職業紹介状況(令和3年7月分)」

沖縄は保育士の求人が豊富

沖縄は深刻な待機児童問題を抱えています。人口あたりの待機児童数(待機児童率)が全国でも多いのです。

(参考:厚生労働省「待機児童数集約表」)

そこで沖縄県では、保育士の募集を強化し待機児童を減らそうと動いています。そのため保育士の求人が多く、いたるところで募集しています。そのため保育資格を持っている人であれば、数多くの保育士求人の中から良い条件のものを選べます。

沖縄では看護師も不足しているため求人が豊富

沖縄では保育士と同様に看護師も不足しているため求人が豊富にあります。看護師不足を解消するために、病院側が沖縄への航空費や引っ越し代を負担してくれたり、寮を用意してくれたり補償が付いてくる場合が多いです。

これらの制度を利用し、沖縄に派遣ナースとして移住する方も少なくありません。保育士や看護師は需要が多いので、上記のもの以外にも好待遇の可能性があります。資格を持っていて、興味があるという方はぜひ積極的に移住を考えてみてください。

沖縄は観光系の職種が人気

沖縄といえば観光が有名ですよね。仕事ももちろん観光業系が豊富にあり、メインどころなので人気も高いです。

具体的な職種は下記の通りです。

  • 県が運営する観光施設
  • 飲食店(キッチン・ホール)
  • 観光案内(主に中国語・韓国語の通訳)

最近では、観光スポットに中国や韓国の方が大人数ツアーで来ることが多いため、通訳の仕事は非常に多く需要があります

沖縄で転職するメリットとデメリット

沖縄で転職するメリットとデメリット

沖縄で転職するメリット

沖縄は家賃がとにかく安い

沖縄は東京と比べると、とにかく家賃が安いです。たとえば、沖縄の中心地として有名は那覇市は家賃相場が1LDKで7万円以下!那覇市から少し離れれば家賃はもっと安くなり、低い予算で自分に合った生活スタイルのお部屋を見つけやすいのが魅力のひとつ。

家賃は月々の固定費ですから、大きな経済的負担となってのしかかってくるものです。その固定費が大幅に下がるのはかなり大きなメリットですよね。

沖縄の春と冬はとにかく快適!花粉もなし!

沖縄の夏といえば海で楽しむマリンスポーツがとても有名。夏以外も平均して温かいので、春と冬の過ごしやすさは人気の理由のひとつです。

そして沖縄移住の大きなメリットといえば、スギやヒノキが存在しないこと。毎年花粉症に悩んでいる方は、思い切って沖縄に移住するのもありかもしれませんね。

沖縄はアクセスが非常に良い

「沖縄って遠いじゃん」と思いがちですが、沖縄には空港があるため意外とアクセスが良いです。日本全国、ほとんど那覇空港から飛べるといっても過言ではありませんし、北海道への直行便もあります。

飛行機は価格が高めの交通機関ですが、「LCC(格安航空会社)」を利用すると一気に安くなり、以前よりも気軽に利用できる値段になっています。さらに沖縄は日本国内だけでなく、アジア圏の国へのアクセスも抜群。特に中国・韓国は遠くの日本国内よりも近いため、旅行が好きな人にとってはうってつけといえます。

沖縄で転職するデメリット

沖縄特有の習慣になれる必要がある。

沖縄は県民性は明るくおおらかな性格の方が多いです。また人間関係が密接なのも特徴です。Iターン転職の方はご近所付き合いに慣れていないためストレスを感じてしまう可能性があります。

また、沖縄の物件は基本的に浴槽がありません。シャワーのみの物件が多いのでお風呂好きの方は物件探しが難しくなるでしょう。

騒音で悩む沖縄の人も多い

IJターン転職で沖縄に移住して驚くのが「騒音」です。

騒音の原因は「軍用機」の音。よくメディアでも取り上げられていますが、住む場所や状況によっては隣の人と会話できないレベルで音が大きいので、人によってはかなりのストレスになります。騒音があることを知らない人が、初めて軍用機の音を耳にすると「え?事故?」と勘違いしてしまうほどの音だそうです。

「静かに暮らしたい」という方には、本島ではなく北部や離島への移住がおすすめ。人が少ない北部の方までいけば、騒音はほとんど無くなります。

転職前に沖縄に移住するのはあり?

転職前に沖縄に移住するのはあり?

転職前に沖縄へ引っ越しておこうと考えている方は注意が必要です。

転職前の移住の注意点について詳しく見ていきましょう。

職歴に空白ができるとマイナス印象

転職先が決まる前に移住してしまうと、職歴に空白期間ができます。職歴にブランクがあることで面接において悪い印象を与えてしまう可能性があるのです。

賃貸物件が借りにくくなる

転職前に移住するということは、転職活動中は無職になります。無職では社会的信用が低くなってしまうため、賃貸の審査に通りにくくなってしまうのです。

貸主にも「すぐに引っ越してしまうかも」という印象を与えてしまいます。

また転職先が沖縄本島になるとは限りません。離島に転職する場合もあるので、焦って物件を借りるのはデメリットが大きいといえます。

転職活動の金銭的負担が大きくなる

転職前に移住すると、転職活動中は貯金を取り崩して生活することになります。転職活動が長引いた場合は、金銭的負担がより大きくなってしまうでしょう。

また内地から運送される食品は運送費がプラスされるため、物価が少し高くなっている場合も。離島はさらに運送費がかかるため物価は高めの傾向にあります。無理なく沖縄での生活をしたいなら、転職先が決まってから移住した方が安心感がありますね。

すぐに転職先を決めようと焦ってしまう

転職活動が長引き、金銭的負担も大きくなってくると「早く転職先を決めてしまおう」と焦ってしまいます。沖縄は有効求人倍数が低めで、一部の職業以外はなかなか希望の職種が見つからないかもしれません。しかし転職活動では焦りは禁物です。あなたのキャリアプランや働き方に合う企業が見つかるまでは慎重に転職活動を進めるようにしましょう。

焦って転職先を決めて後悔しないためにも転職先が決まる前の移住は避けるべきです。

沖縄での転職を成功させるコツ

沖縄での転職を成功させるコツ

沖縄での転職活動を成功させるためには、以下の4つのポイントを押さえておきましょう。

転職理由を明確にする

JIターン転職では、「沖縄に長く定着してもらえるのか」と人事担当者に心配されるケースがあります。まずは、沖縄で転職したい理由を明確にしておきましょう。

「なぜ沖縄で働きたいのか」など、人事担当者が納得できる理由を答えられるようにしておきましょう。

旅行に行った際沖縄が気に入ったから、という理由で転職しても「想像と違った…」という方も少なくありません。

自己分析を徹底的に行う

転職理由と合わせて、自己分析も行いましょう。自分の強み・弱み、なぜその企業に応募するのかを考えましょう。あなたが応募先企業でどんな活躍をできるのか、まで考えられれば面接官への説得力が増すでしょう。

またIターン転職者は沖縄特有の文化や食生活に驚くことも。移住前には沖縄で暮らしている自分のこともよくイメージしてみてくださいね。

社風と自分の価値観が合うか確認する

自己分析の際には、あなたの理想とする働き方や働く価値観についても整理しておきましょう。

自己分析をしっかり行っておかないと、企業を絞り込めなくなります。ですので自身の転職活動の軸を整理しておきましょう。

そして沖縄は東京などに比べると賃金は低め。給料が下がったとしてもその企業で働きたいのかよく考えておくのも大切。

沖縄開催の転職フェア・イベントに参加する

沖縄では転職フェアやイベントも開催されています。フェアやイベントに参加すれば、一度に多くの会社の担当者から話を聞くことができますよ。

しかし遠方からの転職活動では交通費がかさむため、できるだけ沖縄に行く回数は少なくしたいもの。そんなときはオンラインの転職フェア・イベントをうまく活用すると良いでしょう。

また沖縄県ではUIターン移住者に就職支援も行っています。個別相談などもできるので、興味がある方は調べてみましょう。

沖縄の転職で登録すべき転職エージェント・転職サイト

最後に、沖縄の転職でおすすめの転職エージェント転職サイトを紹介します。それぞれ特徴や扱う求人が違うので、最低でも2社以上登録しておくのが効率的です。

沖縄の転職でおすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界でも最大手となる転職エージェントです。都市圏はもちろん沖縄県の求人数も多く、業界でも有名なマイナビ転職が114件であるのに対し、リクルートエージェントは公開求人数が431件(6月現在)。どれだけ多いかが分かりますよね。

口コミを調査すると、担当するキャリアアドバイザーによって多少変わりますが、全体的に「ヒアリング能力」「求職者への提案能力」などのスキルが高いことがわかりました。

さらに、リクルートエージェントは第二新卒案件からIT系の専門性の高い分野まで、幅広いユーザーからの支持を集めています。転職活動をする際には必ず活用すべき転職エージェントと言えるでしょう。リクルートエージェントは沖縄に支店がないため、沖縄内で転職をする場合は電話での紹介となります。電話でもしっかりとサポートしてくれるので、安心して転職活動を進められますよ。

dodaエージェント

dodaエージェント

dodaは、リクルートエージェントの次に多くの求人数を保有する転職エージェント。求人の職種は、営業、機械、建築、不動産、設備の順に多いです。沖縄の求人数は、公開されているだけでも580件あります(6月現在)。非公開求人と合わせると、さらに多くの求人があるのでかなり助かりますよね。

また、dodaは豊富な非公開求人数だけでなく「コンサルタントの質」にも定評があります。転職のサポートが手厚く、初めて転職をする人でも安心して相談できるでしょう。具体的には「履歴書や職務経歴書など、必要な提出書類の添削」「企業ごとに有効な面接対策」など、親身に対応してくれます。

さらに、dodaでは「平均年収」「企業の業績」などの企業情報をサイト内で閲覧できるなど、企業分析に活用できるコンテンツも充実しています。dodaもリクルートエージェントに同じく沖縄に拠点を持っていませんが、登録後に電話をすると直接キャリアアドバイザー対応してくれますよ。

リージョナルキャリア沖縄

リージョナルキャリア沖縄は、沖縄へのUターン・Iターンにとても強い転職エージェントです。年収400万円以上の案件が多く、30代以上の人材を即戦力として紹介するのが得意です。全国の中堅転職エージェントをつないだ転職支援なので、ネットワークの広さも売りのひとつ。沖縄で転職活動を進めるのであれば、チェックしておくべき転職エージェントです。

しかし大手の転職サイトと比べると、どうしても求人数が劣ります。求人数は仕事の選択肢に直結するため、転職活動をするうえではとても重要です。

したがってリージョナルキャリア沖縄を利用する際は、大手転職サイトとそれぞれの強みを活かせるよう上手く使いましょう。

沖縄の転職でおすすめの転職サイト

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、転職希望者の8割が利用しているサイトです。大手転職サイトなので、まずは迷わず会員登録しておきましょう。リクナビNEXT限定求人も多く、他社との並行利用にもおすすめです。

無料で登録できるうえ、あなたの強みを診断できる「グッドポイント診断」も受けられます。まだ転職しようか迷っている人でも、ぜひ利用してみてください。

doda

doda

dodaは、転職イベントを多く開催していることでもおなじみのサービス。2020年からは新型感染症の対策として、オンラインでイベントを開催しています。「転職オンライン予備校」というイベントでは、転職セミナーや個別相談会も実施中。

もちろん、イベントに参加しない場合でもdodaは活用できます。職務経歴書の作成サポート機能や、転職に関するノウハウ記事なども充実。求人を探すことに加えて、情報収集にも最適なサイトです。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス向けの転職サイト。これまで培ってきたスキルや経験を活かして高年収を狙うなら、ぜひ登録してみましょう。

実績・経歴などを登録するだけでスカウトが届くため、自身で求人を探す必要がありません。登録は無料なので、転職市場でのあなたのニーズを試す意味でも登録してみるとよいでしょう。

まとめ

この記事では沖縄で転職を考えている方へ、「沖縄の有効求人倍率」「沖縄で利用すべき転職サービス」を紹介してきました。

沖縄は「文化」「気候」など今まで暮らしていた地域と異なる部分が多く、移住前・転職前のリサーチが非常に重要です。

住居や地域については調べれば済みますが、転職においては現地をよく知る転職エージェントへの相談がカギを握ります。

引っ越しに関して制度がある会社を選ぶ場合や、少しでもいい条件を探すときなどはエージェントと二人三脚の方がはるかに良い求人が見つかりますし、内定をもらえる確率が上がります。転職エージェントは相談から内定までのサービスが全て無料ですので、うまく活用して失敗の無い転職を行いましょう。

転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。


dodaエージェント
dodaエージェント

おすすめ度: ★★★★☆

丁寧な求人紹介、応募書類の添削、面接対策などを、担当アドバイザーがフルサポート。初めても転職や、経歴に不安がある方におすすめです。


マイナビエージェント
マイナビエージェント

おすすめ度: ★★★★☆

マイナビは求人のラインナップに独自性があります。ニッチだけれども競争力の高い商材を扱っている中小企業など、ユニークな企業を探したい人におすすめです。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。


doda
doda

おすすめ度: ★★★★☆

dodaは求人数も豊富で、フェアなどもたくさん開催している転職サイト。初めて転職する人も、何回か経験がある人も利用しやすいサービスです。


ビズリーチ
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★☆

ビズリーチは登録したらスカウトを待つだけの転職サイトなので、他のサービスと併用しやすいです。登録には審査が必要なので、自分の市場価値を知りたい人におすすめです。

>目標への一歩を踏み出そう

目標への一歩を踏み出そう

転職は難しくない!あなたの目標をかなえるための転職を、いまから始めてみませんか?

CTR IMG