大阪の転職で成功するには?転職活動のコツとおすすめ転職サイト

  • 2020年10月5日
  • 2021年8月31日
  • 地域

大阪で転職をする際、「大阪の有効求人倍率や就職状況を知りたい」「大阪は仕事しやすい?どんな地域性?」と、不安に思う人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、大阪の就職状況と人気の職種、大阪の転職で知っておくべき求人サイトを解説していきます。

大阪で転職を考えている人は、ぜひ最後まで目を通してください。事前に正確な情報を知っておくことで、効率的な転職活動を行うことができますよ。

大阪エリアの特徴

大阪エリアの特徴

まずは、大阪エリアの特徴について見てみましょう。

平均年収

doda「47都道府県別/地方別平均年収情報」では、大阪府の平均年収は386万円。全国平均は408万円なので、全国と比べると約20万円低いことが分かります。

しかし、職種によって平均給与やボーナス(賞与)も変わってくるのであくまで目安程度にしておくのがよいでしょう。

平均家賃

1R~1DK5.8万円
1LDK~2DK7.8万円
2LDK~3DK8.8万円
3LDK~4DK12.2万円

(参考:賃貸住宅D-room 大阪府の家賃相場情報

大阪府の家賃相場は1R~1DKで5.8万円。大阪府内でも大阪市、堺市、大阪府市部で平均家賃が変動します。

ですので家賃だけで決めるのではなく、勤務先へのアクセスや生活の便利さなど、自分の中での条件を満たせそうな物件をしっかり探したほうがよいでしょう。

生活の特徴

大阪は鉄道などの交通機関がとても発達しているため、移動手段としては車よりも電車やバスの方が便利です。

電車を利用する方が多いため、電車通勤に慣れていない方には通勤時のラッシュを苦痛に感じるかもしれませんが、車がなくてもどこへでも行けるので住みやすい街だと言えるでしょう。

自転車を利用する方も非常に多いため、自転車の行き交いが激しい地域もあります。事故が起きないよう歩行時や自転車利用時には注意が必要です。

大阪の求人の特徴

大阪の求人の特徴

大阪の有効求人倍率

厚生労働省によると、令和3年7月時点の大阪の有効求人倍率は1.14倍で、近畿地方平均が1.09倍・全国平均が1.15倍。近畿地方と比較すると少し高め、全国平均よりも少し低めな有効求人倍率になっています。

(参考:厚生労働省「一般職業紹介状況(令和3年7月分)」)

メーカーや製薬会社などの大手企業が集まっている

大阪には、パナソニック・積水ハウス・サントリーなど多くの優良メーカーが軒を連ねています。技術者としてメーカーで働きたい人は、大阪への転職がおすすめです。

また、大阪は「薬の街」といわれています。製薬業界でNo.1との呼び声の高い武田薬品工業の本社など、道修町エリアには多くの製薬企業が集中しており、製薬企業で働きたい人にも向いています。

さらに、大阪には関西国際空港・大阪国際空港(伊丹空港)があります。京都・奈良などを目的とする海外観光客の数は年々増加しており、宿泊業界や旅行業界も活発です。外国語を話せる人なら、宿泊業界や旅行業界においてかなり重宝されるでしょう。

大阪で転職するメリットとデメリット

大阪で転職するメリットとデメリット

次に、大阪ならではの特徴から得られる転職メリットやデメリットを考えてみました。大阪での転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

大阪で転職するメリット

まずは大阪で転職するメリットをみていきましょう。

大阪の転職市場の魅力は求人数と職種の多さ

大阪は西日本経済の中心地。人口が多く、経済活動が盛んなため、求人数が多いことが特徴です。求人数が多ければ、あなたの希望に合った仕事を探しやすくなり、転職に成功しやすくなるメリットがあります。

また、大阪には古くから栄えるメーカー・製薬企業が多く、金融業も発展しています。本社を置く大企業も多く、法務・経理・総務・人事といったオフィスワーク業務の求人も豊富です。求人が多いことに加え、幅広い選択肢の中から仕事を探せることも大阪で転職する大きなメリットでしょう。

ただし、求人数が多いとはいえオフィスワークのような人気の高い職種への転職では、網羅的に求人情報を集められるよう転職エージェントなどを活用するようにしましょう。

転職することで幅広い出会いと人脈を得られる大阪

大阪で転職するもう一つのメリットは「幅広い出会いがある」「人脈を広げられる」点です。地方でも人脈を広げる事はできますが、大阪で得られる出会いの可能性ははるかに大きいでしょう。

大阪には上昇志向を持つ人が非常に多く、セミナーや朝活といった出会いのチャンスが多数開催されています。人脈作りを考えている人と巡り合える機会は必然的に多くなるでしょう。

明るく親しみやすい府民性もあるので、新しい出会いに尻込みせず自発的に行動することを心がければ、良い仲間と出会えるでしょう。

大阪で転職するデメリット

大阪で転職を考えている方には大阪で転職する上で考慮すべき事も確認しておきましょう。

大阪は地方に比べると生活費が高い

地方から大阪に来た人がまず驚くのは、物価の高さ。物価が高いと当然、生活費も上がりますので、金銭面で苦労することもあるかもしれません。

「大阪の飯は安い・早い・旨い」といいますが、海外観光客や増税の影響もあり、梅田周辺のランチ相場は1000円以上はかかるのが現状です。

また、月々の大きな出費となるのが家賃です。エリアによりますが駅徒歩5分のワンルーム賃貸で月8.5万円など、地方の2倍近い家賃が設定されています。穴場スポットなら家賃も抑えられますが、人気エリアに住もうとするとやはり高くなります。

ただし、通勤ラッシュのストレスを考えると、多少高い家賃を払ってでも駅近を選んだ方が良いでしょう。転職時は、住む場所についてもあからじめリサーチしておきたいですね。

大阪特有のノリと笑いの文化についていけるか

大阪に転職した人の中には、大阪特有のノリと笑いの文化についていけなくなるケースも。これは大阪ならではのスタイル、「GNN」からきているものです。

「GNN」とは、義理・人情・浪花節のことで、具体的にいうとベタベタな人間関係・濃いめのコミュニケーションのことです。地方から移住してきた人にとっては、必要以上に多い職場でのコミュニケーションや、ノリと笑いを強要される空気などが合わないこともあるでしょう。

他人に対してお笑いを強要することはほとんどありませんが、お笑いの好きな人が多いのは事実です。お笑いに関心の無い人よりも、お笑い好きな人の方が仕事を楽しめる可能性は高いかもしれませんね。

大阪の通勤ラッシュに苦しむ人も

大阪の通勤ラッシュは「東京に比べると多少はマシ」という人もいますが、正直なところそれほど変わりません。特に、大阪のベッドタウンといわれている吹田・枚方・奈良などの地域から伸びる沿線や、地下鉄・環状線などはとても混み合います。

通勤ラッシュを避けたい人は、転職エージェントに事前に相談しておきましょう。通勤ラッシュがそれほどひどくない地域の企業や通勤ラッシュの対策方法を考えてくれるでしょう。

特に、地方からの転職を考えている人は経験したことのない苦痛を味わうことになると思うので、大阪への転職を考えているなら通勤経路を念頭において勤務先を探すようにしましょう。

転職前に大阪に移住するのはあり?

転職前に大阪に移住するのはあり?

転職先が決まるより前に、大阪へ引っ越そうかな!と考えている方は注意が必要です。結論から言いますと転職前に大阪に移住することはおすすめしません。その理由を解説しておきます。

職歴に空白ができるとマイナス印象

転職先が決まる前に大阪に移住すると、職歴に空白の期間ができてしまいます。職歴が空いてしまうことにより、書類・面接で悪い印象を与えてしまう可能性があるのです。

大阪の有効求人倍率は平均値より少し高めですが、すぐに希望の職種が見つかるとは限りません。

もし再就職するまでの期間を開けたい場合(前職の有休消化など)は、転職先を見つけてから先方と働き始める時期について相談した方がよいでしょう。

賃貸物件が借りにくくなる

転職前に大阪に移住すると、転職活動中は無職になってしまいます。無職になると社会的信用が低くなるため、賃貸の審査に通りにくくなってしまうのです。

貸主にも「すぐに引っ越してしまうのではないか」という印象を与えてしまうことになるでしょう。

転職先を決めてから移住先を選べば、通勤の距離や交通手段などの対策が練れますよ。

転職活動の金銭的負担が大きくなる

転職前に大阪に移住すると、転職活動中は貯金を取り崩して生活することになります。もし転職活動が長引いてしまうと、金銭的負担は大きくなってしまうでしょう。

家賃・光熱費・健康保険料や税金などの負担は想像以上に大きいものですし、働きながら転職活動も行っていくとなると時間的な余裕もなくなってしまいます。

また前途したように大阪は家賃や物価が地方より高め。スマホやパソコンなどの通信費や電車賃と、必要経費がかさむことも頭に入れておきましょう。

すぐに転職先を決めようと焦ってしまう

転職活動が長引いたり金銭的負担を感じると「早く転職先を決めてしまおう」と焦ってしまいますが、転職活動では焦りは禁物。大阪の有効求人倍率は全国平均値より少し高めなので、職種を問わなければすぐに転職先が見つかるかもしれません。しかしあなたのキャリアプランや働き方に合う企業が見つかるまで慎重に転職活動を進めるようにしましょう。

妥協して転職先を決めてしまわないためにも、転職先が決まる前に移住するのは避けるようにしましょう。

大阪での転職を成功させるコツ

大阪での転職を成功させるコツ

大阪での転職活動を成功させるためには、以下の4つのポイントを押さえておきましょう。

転職理由を明確にする

地方からの転職では、「大阪に長く定着してもらえるのか」と人事担当者に心配されるケースがあります。まずは、大阪への転職理由を明確にしておくべきでしょう。

「なぜ大阪で働くきたいのか」など、人事担当者が「この人はここで続けてくれそうだな」と納得できる理由を答えられるようにしておきましょう。

「大阪に住んでみたいから」、「大阪が好きだから」という単純な理由ではなく、もっと掘り下げた具体的なことを考えてみてください。

自己分析を徹底的に行う

転職理由と合わせて、自己分析も徹底的に行いましょう。自分の強み・弱み、なぜその企業に応募するのかを考えましょう。あなたが応募先企業でどんな活躍をできるのか、というところまで考えられれば説得力が増すでしょう。

また大阪独特の文化に自分はなじんでいけるのかも考えておくとよいですね。

社風と自分の価値観が合うか確認する

自己分析の際に、あなたの理想とする働き方や価値観についても整理しておきましょう。

大阪は、さまざまな働き方や価値観を持った企業が多くあります。選択肢が多いがために、かえって応募先を決めにくくなってしまうこともあるため、自身の軸を整理しておくと自分の希望に合った企業を見つけやすくなります。

大阪開催の転職フェアやイベントにも参加する

大阪では、転職フェアやイベントが多数開催されています。転職活動を成功させるには情報が要。フェアやイベントに参加すれば、一度に多くの会社の担当者から情報収集ができますよ。

しかし地方からの転職活動では交通費がかさむため、できるだけ大阪に行く回数は少なくしたいもの。今はオンラインの転職フェア・イベントをうまく活用すると良いでしょう。

大阪の転職で登録すべき転職エージェント・転職サイト

大阪の転職で登録すべき転職エージェント・転職サイト

最後に、大阪の転職でおすすめの転職エージェント転職サイトを紹介します。それぞれ特徴や扱う求人が違うので、複数サービスを同時利用することで転職活動を効率的に進められます。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは全国区の総合転職エージェントであり、「地域別」「職種別」ともに圧倒的な求人数を持っています。

大阪の求人数は常時3万件を超えており、他のエージェントと比較してもその数字は圧巻そのものです。求人件数が多ければ、希望する条件に合う求人を見つけやすく、転職が成功する確率もそれだけ高くなります。

さらに、求人の約50%は推定年収600万以上の求人案件となっているため、年収アップも大いに期待できる転職エージェントです。

大阪では「営業」「SE・ITエンジニア」の2種の求人が多く、「専門職」「事務系」などの求人は少ない傾向にあります。「専門職」「事務職」を希望する場合は、他の求人サイトと併用することで選択肢をカバーしましょう。

dodaエージェントサービス

dodaエージェント

dodaエージェントサービスは、求人数・決定数ともに国内規模トップクラスの転職エージェントです。Iターン・Uターン特集も組まれており、大阪府外から転職する人の力強い味方となってくれます。

dodaエージェントサービスは、担当者の当たりはずれが少なく、優良企業の案件も多いため、あなたの希望する求人も見つけやすいでしょう。

また、dodaは転職セミナーを積極的に行っています。転職活動のテクニックだけでなく、希望する業界や業種で必要となる知識を蓄えることも可能となっています。未経験の方には業界知識や専門性についても学べるため、特におすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビといえば「マイナビ新卒」が有名ですが、第二新卒をはじめとした若年層の就職・転職に強いのがマイナビエージェントです。第二新卒や20代で転職を考えている方は、ぜひ積極的に利用を考えてみてください。

マイナビエージェントの特徴は、大手から中小企業に至るまでの幅広い求人の種類にあります。多くの選択肢を持つことで、転職失敗のリスクを大幅に下げてくれるでしょう。

ちなみに、マイナビは大阪をはじめ全国複数箇所に拠点があるため、大阪以外の地方でも豊富に求人があります。20代の求職者は登録しておいて損のない求人サイトです。

おすすめの転職サイト

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、転職希望者の8割が利用しているサイトです。大手転職サイトなので、まずは迷わず会員登録しておきましょう。リクナビNEXT限定求人も多く、他社との並行利用にもおすすめです。

無料で登録できるうえ、あなたの強みを診断できる「グッドポイント診断」も受けられます。まだ転職しようか迷っている人でも、ぜひ利用してみてください。

doda

doda

dodaは、転職イベントを多く開催していることでもおなじみのサービス。2020年からは新型感染症の対策として、オンラインでイベントを開催しています。「転職オンライン予備校」というイベントでは、転職セミナーや個別相談会も実施中。

もちろん、イベントに参加しない場合でもdodaは活用できます。職務経歴書の作成サポート機能や、転職に関するノウハウ記事なども充実。求人を探すことに加えて、情報収集にも最適なサイトです。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス向けの転職サイト。これまで培ってきたスキルや経験を活かして高年収を狙うなら、ぜひ登録してみましょう。

実績・経歴などを登録するだけでスカウトが届くため、自身で求人を探す必要がありません。登録は無料なので、転職市場でのあなたのニーズを試す意味でも登録してみるとよいでしょう。

まとめ

大阪での転職を考えている人に向けた「大阪の就職状況」「大阪での転職活動で利用すべき求人サイト」を紹介しました。

大阪は独特のノリと空気感がありますが、裏を返せば親しみやすく、コミュニケーションの取りやすい環境です。また、求人数が豊富で種類が多いという大阪ならではの長所もあります。上手く仕事を選ぶことができれば、非常に住みやすい街でしょう。

地方から移住する場合は、大阪の地域性を十分に理解している転職エージェントを上手く利用してみてください。失敗のない転職はもちろん、楽しく過ごしやすい生活を手にすることができるでしょう。

転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。


dodaエージェント
dodaエージェント

おすすめ度: ★★★★☆

丁寧な求人紹介、応募書類の添削、面接対策などを、担当アドバイザーがフルサポート。初めても転職や、経歴に不安がある方におすすめです。


マイナビエージェント
マイナビエージェント

おすすめ度: ★★★★☆

マイナビは求人のラインナップに独自性があります。ニッチだけれども競争力の高い商材を扱っている中小企業など、ユニークな企業を探したい人におすすめです。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。


doda
doda

おすすめ度: ★★★★☆

dodaは求人数も豊富で、フェアなどもたくさん開催している転職サイト。初めて転職する人も、何回か経験がある人も利用しやすいサービスです。


ビズリーチ
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★☆

ビズリーチは登録したらスカウトを待つだけの転職サイトなので、他のサービスと併用しやすいです。登録には審査が必要なので、自分の市場価値を知りたい人におすすめです。

>目標への一歩を踏み出そう

目標への一歩を踏み出そう

転職は難しくない!あなたの目標をかなえるための転職を、いまから始めてみませんか?

CTR IMG