富山市街地の画像

富山の転職で成功するには?転職活動のコツとおすすめ転職サイト

  • 2021年1月5日
  • 2022年5月3日
  • 地域

富山県で転職するなら、各エリアの特徴・求人の特徴について知ることが欠かせません。富山県で働くうえでのメリット・デメリットを知ることで、転職活動をより有利に進められるでしょう。

今回は、富山県で転職する際に押さえておきたいポイントをまとめました。富山県での転職を考えている人は、この記事をぜひご覧ください。

富山県エリアの特徴

富山県エリアの特徴

まずは、富山県のエリアごとの特徴を確認していきます。富山県とひとくちにいっても、エリアによって特徴に差があります。地域性を理解しておくと、求人が探しやすくなるでしょう。

平均年収

doda「47都道府県別/地方別平均年収情報」によれば、富山県の平均年収は383万円。北信越地方の平均年収が376万円であることから、北信越では比較的年収が高い地域といえます。ちなみに、北信越地域で最も年収が高いのは福井。平均年収は384万円です。

平均年収は、全業種の平均であり、成長産業や需要のある産業の平均年収はより高くなります。これに対して、利益の出にくい業界やすでに成熟して縮小傾向にある業界は平均年収よりも低くなる可能性があります。

平均家賃

1R~1DK 5.1万円
1LDK~2DK 5.8万円
2LDK~3DK 6.4万円
3LDK~4DK 8.4万円

(参考:富山県の賃貸を相場から探す|ダイワハウスの賃貸【賃貸住宅 D-room】

富山県の1R~1DKの平均家賃は5.1万円と、福井県や新潟県と同じ家賃相場となっています。富山県内では、エリアによって家賃相場に若干の違いがあり、県庁所在地の富山市は4.9万円と比較的安価な一方、新幹線停車駅でイオンモールがある高岡市は5.4万円と高止まりしています。

エリアごとの特徴

富山県といっても、エリアによって特徴はさまざまです。富山県は東部地域と西部地域に二分できます。富山県が発表している富山市町村区分図を参考に、核エリアの特徴を見てみましょう。

東部エリア

東部エリアは、県庁所在地のある富山市や富山市より東に位置する市町村が含まれます。富山市は薬のまちとしても知られており、製薬会社の本社が多数置かれています。また、バイオベンチャーやIT関連企業の誘致・育成など、工業都市としての成長政策に積極的です。市内には路面電車も通っており、市内の移動手段として普及しています。

富山市以外を見ていくと、黒部ダムや宇奈月温泉などがある黒部市や、立山黒部アルペンルートに指定されている立山町など、有名な観光地があるのが東部エリアの特徴。海や山などの資源に恵まれているエリアです。

西部エリア

西部エリアは、富山市よりも西の地域であり、特に注目を集めているのが高岡市と氷見市です。古くから城下町として発展した高岡市は、伝統工芸である鋳物の生産をはじめとした産業が根付いています。氷見市は漁業や観光業が盛んな街として知られています。

富山県の求人の特徴

富山県の求人の特徴

厚生労働省が発表している有効求人倍率(季節調整値)を見ると、令和4年3月の求人倍率は全体平均で1.67倍で、前月より上昇しています。では、富山県の求人にはどのような特徴があるのでしょうか。

製薬会社や関連会社が多い

富山県は薬品の生産で有名な都道府県です。そのため、富山市を中心に製薬会社が多く立地しています。もしも製薬会社への転職を考えているなら、富山市の周辺エリアで転職活動をするとよいでしょう。

第二次産業の割合が高く、第三次産業の割合が低い

富山県は全国と比較して、第二次産業の割合が高く、第三次産業の割合が低いのが特徴。そのため、地方で第二次産業に転職したいなら、富山県での転職がおすすめです。割合が高い分求人数も多くなりやすいといえるでしょう。

富山県で転職するメリットとデメリット

富山県で転職するメリットとデメリット

転職をするなら、その土地のメリットやデメリットを確認しておくことが重要。住み心地なども含めて確認しておくことで、転職後に「仕事はいいけれど、住みにくく不便」と感じることもなくなるはずです。

富山県で転職するメリット

まずは、富山県で転職するメリットをみていきましょう。

富山市内は公共交通機関が発達

新幹線停車駅の富山駅を中心に、公共交通網が発達しているのが富山県の魅力の一つです。富山駅から南北に路面電車が通っているため、駅近なら移動に不便はしません。また、駅から東西には新幹線と在来線が通っています。もちろん、都心部と比べると電車の運行本数は少ないものの、不自由なく生活できる本数は確保されています。

自然豊かで都会のような騒がしさがない

富山県は海と山の囲まれた自然豊かな環境なので、休日には自然を感じながら過ごすことが可能です。都会の喧騒に疲れて移住を検討しているなら、メリットといえるでしょう。

富山県で転職するデメリット

一方で、富山県で転職するデメリットになるものもあります。

都会と比べて娯楽に乏しい

デメリットとして、都会と比べると娯楽の種類が少ないことが挙げられます。東京まで新幹線一本とはいえ、毎週末の利用は現実的とはいえません。

戸建てが多く賃貸の数が少ない

都会と比較すると、どうしても賃貸物件の数が少なくなってしまいます。富山市であればある程度物件がありますが、その他の地域に目を向けると賃貸物件がそのものがかなり少ないのが現状です。こだわりが多いなら、希望の物件を見つけにくい可能性もあります。

転職前に富山県に移住するのはあり?

転職前に富山県に移住するのはあり?

「転職先が決まる前に富山県に移住しよう」と考えてはいませんか?結論から言えば、転職活動は在職中にするのがおすすめ。ここでは、その理由について4つ紹介します。

職歴の空白はマイナス印象を与える

転職前に引っ越すということは、現在の仕事をやめて転職活動をすることになります。職歴に空白期間がある状態での転職活動は、企業からの印象が悪くなる可能性があります。空白期間の長さによっては、印象が悪いと判断する会社もあるでしょう。

賃貸物件が借りにくくなる

一時的とはいえ無職になってしまうと、賃貸物件が借りにくくなってしまいます。無職だと家賃を支払えるのかわからないという印象を与えてしまいます。また、転職活動の成否ですぐに引っ越すリスクがあると思われるとさらに借りにくく可能性もあります。

転職活動の金銭的負担が大きくなる

転職活動は、交通費などの金銭面が負担になります。また、普段の生活費は変わらないため、無職になってしまうと貯金を切り崩す必要もあるでしょう。

すぐに転職先を決めようと焦る

無職から転職活動をすすめると、どうしても焦りがでてきてしまいます。そのため、「内定をもらったからここでいいや」と投げやりに転職先を決めてしまうこともあるでしょう。富山県の場合は都心より求人数が少ないため、焦りも大きくなり可能性があります。

富山県での転職を成功させるコツ

富山県での転職を成功させるコツ

富山県での転職活動を成功させるためには、以下の4つのポイントを押さえておきましょう。

転職理由を明確にする

まずは、転職理由を明確にすることが肝心です。「なぜ富山県で転職をしたいのか」や「転職することで何を実現したいのか」が不明確だと、採用担当者を納得させられません。転職活動をはじめる前に転職したい理由を明確にしておくのがおすすめです。

自己分析をしっかりする

自己分析は、自分の価値観や強みなどを知るために役立ちます。自己分析ができていないと、志望理由やアピールポイントが明確にできず、アピール不足に陥りがち。自己分析にはできるだけ時間をかけることをおすすめします。

社風と自分の価値観が合うか確認する

また、応募前に転職希望先と自分の価値観がマッチするか確認しましょう。企業の求人ページはもちろん、会社概要なども調査し、会社の価値観について知ることが大切です。その上で、自分と価値観が合うのかを自己分析を参考にしながら考えるのがおすすめです。

富山県主催の転職フェア・イベントに参加する

富山県では、富山市や高岡市などで転職フェアを開催しています。フェアで情報収集をしたり、相談ブースで悩みを相談するのがおすすめです。イベントを有効活用することで、より転職の意思が出てきたり、転職活動の仕方を知るきっかけにもなるでしょう。

富山県の転職で登録すべき転職サイト・転職エージェント

富山県の転職で登録すべき転職サイト・転職エージェント

最後に、富山県の転職でおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します。富山県に特化したものから全国展開のものまで紹介するので、参考にしてください。

富山県の転職でおすすめの転職サイト

まずは、富山県の転職で登録しておきたい転職サイトを紹介します。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクルートグループの転職サイトであるリクナビNEXT。特徴は、転職希望者の8割が利用していることです。転職に関する情報収集や豊富な求人数が、転職希望者に選ばれている理由だといえます。まずは無料登録をして、富山県の求人の傾向を知るのに活用するとよいでしょう。全国の求人があるので、富山県とほかの都道府県の比較にも使えます。

doda

doda

dodaは、転職フェアなどを定期的に開催しています。オンラインでの開催もあるので、富山県に直接出向く必要がないのがメリットです。転職フェアだけではなく、「転職オンライン予備校」というイベントも開催中。はじめての転職の情報収集におすすめです。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス向けの転職サイト。これまで培ってきたスキルや経験を活かして高年収を狙うなら、ぜひ登録してみましょう。

実績・経歴などを登録するだけでスカウトが届くため、自身で求人を探す必要がありません。登録は無料なので、転職市場でのあなたのニーズを試す意味でも登録してみるとよいでしょう。

富山県のおすすめの転職エージェント

富山県の転職でおすすめの転職エージェントは、以下の3つ。それぞれ富山県もしく北陸地域に特化したサポートが魅力なので、とくに他県から富山県に転職する場合には、活用するとよいでしょう。

REGIONAL CAREER 富山県

REGIONAL CAREER 富山県は、富山県など北陸地方に特化したコンサルタントが所属しています。そのため、地域事情を踏まえた転職先を紹介してくれるでしょう。求人は非公開かつREGIONAL CAREER独占のものがほとんど。そのため、転職サイトを活用しつつこちらのサービスにも登録しておくと、求人の幅が広げられるでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントで、公開データを見ると都市圏だけでなく富山県の求人数も多く、充実しています

ではリクルートエージェントは、どのくらいの求人数を保有しているのでしょうか。実は、他のエージェントと比較しても、かなりの差があります

また、転職エージェントの評判に関する口コミをリサーチした結果、担当者によってサービスに差があるものの、口コミ調査では「転職成功率」「ヒアリングレベル」などの点が高評価です。特にリクルートエージェントでは、「第二新卒」「IT」「外資」などの分野に強みをもっており、幅広い求職者からの支持を集めています。

dodaエージェント

dodaエージェント

dodaは豊富な求人数と手厚い対応が魅力の大手転職エージェント。保有しているなかでも、営業・機械/電気・建築/不動産・土木/プラントは群馬で人気が高く、比較的数の多い求人です。

履歴書・職務経歴書のチェックや面接対策などをしっかり行ってくれるキャリアアドバイザーがいるので、転職に慣れていない人でも安心できます。企業分析に使えるコンテンツも充実しており、「企業が積み上げてきた実績」「企業の平均年収」などを可視化したコンテンツの閲覧が可能です。

dodaの拠点が群馬にないので直接の面談はできませんが、メール・電話どちらでも対応してくれますし、効果的な面談対策を行ってくれるでしょう。

まとめ

富山県は製薬会社をはじめとする製造業が集中していますが、都会に比べると求人数が少ないのが現実。そのため、転職サイトやエージェントをフル活用し、効率よく求人を集めていくのがおすすめです。

この記事で紹介した転職サイト・エージェントは無料で利用できるため、活用してみてください。

転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。


dodaエージェント
dodaエージェント

おすすめ度: ★★★★☆

丁寧な求人紹介、応募書類の添削、面接対策などを、担当アドバイザーがフルサポート。初めても転職や、経歴に不安がある方におすすめです。


マイナビエージェント
マイナビエージェント

おすすめ度: ★★★★☆

マイナビは求人のラインナップに独自性があります。ニッチだけれども競争力の高い商材を扱っている中小企業など、ユニークな企業を探したい人におすすめです。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。


doda
doda

おすすめ度: ★★★★☆

dodaは求人数も豊富で、フェアなどもたくさん開催している転職サイト。初めて転職する人も、何回か経験がある人も利用しやすいサービスです。


ビズリーチ
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★☆

ビズリーチは登録したらスカウトを待つだけの転職サイトなので、他のサービスと併用しやすいです。登録には審査が必要なので、自分の市場価値を知りたい人におすすめです。