ウォーターサーバーを徹底比較!

電気代が安いウォーターサーバーランキング

電気代が安いウォーターサーバーは?

ウォーターサーバーの導入に踏み切れない方の理由の一つに、電気代への不安があります。
月にどのくらいの電気代がかかるのかが気になる方も多くいらっしゃるようです。
最近のウォーターサーバーには、エコモードが搭載されているものも多く、ボタン一つで省エネモードに切り替わったり、センサーによって人がいない時間帯は消費電力を抑え電気代の負担を軽減してくれます。
ここでは、節電機能のあるウォーターサーバーの中でも電気代が安いランキングをご紹介いたします。

当サイトオススメNo.1のプレミアムウォーター!

更新


ウォーターサーバー
人気ランキング

フレシャス

評価

2,152 票, 平均: 2.68 / 52,152 票, 平均: 2.68 / 52,152 票, 平均: 2.68 / 52,152 票, 平均: 2.68 / 52,152 票, 平均: 2.68 / 5 2.68
読み込み中...
フレシャス

グッドデザイン賞受賞のカフェ機能搭載サーバーで手軽にコーヒーが飲める!

フレシャスは、デザイン性の高いサーバーが揃っている宅配水ウォーターサーバーです。プロダクトデザイナーによるデザインサーバーやカフェ機能搭載サーバー、スタイリッシュなだけでなく、使い心地のよさも評価されてグッドデザイン賞を受賞しているサーバーもあります。 天然水は富士、朝霧高原、木曽の3つの採水地から産地直送でお届けされます。それぞれ硬度や味わいが異なるので、自分好みの天然水を見つけられるでしょう。

お水の種類天然水
ボトルの種類使い捨て(7.2L・9.3L・4.7L)
宅配方式ワンウェイ方式
注文本数
(1回の配送)
天然水:
1箱(4パック)~ / 4,924円~(7.2Lパック)
1箱(2本)~ / 3,254円~(9.3Lボトル)
水の価格
(500ml)
天然水 85円~
レンタル料0円(無料)~
月額費用4,242円~

※月額費用:注文本数(1回の配送)+サーバーレンタル料(その他費用は含まず) 主に飲料用で最も安いもの試算

シンプルウォーター

評価

16 票, 平均: 1.69 / 516 票, 平均: 1.69 / 516 票, 平均: 1.69 / 516 票, 平均: 1.69 / 516 票, 平均: 1.69 / 5 1.69
読み込み中...
シンプルウォーター
お水の種類天然水
ボトルの種類使い捨て(6L)
宅配方式ワンウェイ方式
注文本数
(1回の配送)
天然水:1箱(3パック)~ / 2,430円~(6Lパック)
水の価格
(500ml)
天然水 67円
レンタル料0円(買取)
月額費用 2,430円~

※月額費用:注文本数(1回の配送)+サーバーレンタル料(その他費用は含まず) 主に飲料用で最も安いもの試算

信濃湧水

評価

48 票, 平均: 3.33 / 548 票, 平均: 3.33 / 548 票, 平均: 3.33 / 548 票, 平均: 3.33 / 548 票, 平均: 3.33 / 5 3.33
読み込み中...
信濃湧水

高品質天然水が業界最安クラス!

信濃湧水は「コスパのよい天然水ウォーターサーバー」です。 長野大町の採水地から、北アルプスの天然水を業界最安クラスで飲めます。 スタンダードサーバーであれば毎月のレンタル料も無料! 月額維持費用は抑えたいけど天然水が飲みたい人にオススメです!

お水の種類天然水
ボトルの種類使い捨て(11.4L)
宅配方式ワンウェイ方式
注文本数
(1回の配送)
天然水:2本~ / 3,240円~(11.4Lボトル)
水の価格
(500ml)
天然水 71円
レンタル料0円(無料)~
月額費用3,240円~

※月額費用:注文本数(1回の配送)+サーバーレンタル料(その他費用は含まず) 主に飲料用で最も安いもの試算

コスモウォーター

評価

29 票, 平均: 4.21 / 529 票, 平均: 4.21 / 529 票, 平均: 4.21 / 529 票, 平均: 4.21 / 529 票, 平均: 4.21 / 5 4.21
読み込み中...
コスモウォーター

初期費用・レンタル料0円!

コスモウォーターは「老舗の天然水ウォーターサーバー」です。 サーバーはグッドデザイン賞を受賞したSmartプラスのみですが、静音設計、足元ボトル交換と豊富なカラーが選べる完成度の高いサーバーです。 京都・静岡・大分の中から最寄りの採水地から採水し、48時間以内に出荷された汲みたての天然水が届きます。 おいしい天然水が飲みたい人やボトル交換が楽なほうがいい人にオススメです!

お水の種類天然水
ボトルの種類使い捨て(12L)
宅配方式ワンウェイ方式
注文本数
(1回の配送)
天然水:2本~ / 4,104円~(12Lボトル)
水の価格
(500ml)
天然水 85円
レンタル料0円(無料)
月額費用4,104円~

※月額費用:注文本数(1回の配送)+サーバーレンタル料(その他費用は含まず) 主に飲料用で最も安いもの試算

アクアクララ

評価

44 票, 平均: 2.82 / 544 票, 平均: 2.82 / 544 票, 平均: 2.82 / 544 票, 平均: 2.82 / 544 票, 平均: 2.82 / 5 2.82
読み込み中...
アクアクララ

コーヒー一体型サーバーでワンランク上の味わいを楽しめる

アクアクララは赤ちゃんにも安心して飲めるRO水ウォーターサーバーです。 逆浸透膜で不純物を徹底除去したピュアウォーターに、ミネラルをバランスよく添加したRO水は、安全性とおいしさを兼ね備えたアクアクララだけのデザインウォーターです。 硬度29mgの軟水なので赤ちゃんのミルク作りにも最適。コーヒー機能搭載のサーバーで、おいしい水を使ったコーヒーをいつでも味わえます。

お水の種類RO水
ボトルの種類回収(7L・12L)
宅配方式リターナブル方式
注文本数
(1回の配送)
RO水:
2本~ / 2,808円~(12Lボトル)
3本 / 3,240円~(7Lボトル)
水の価格
(500ml)
RO水 58円~
レンタル料1,100円~
月額費用3,908円~

※月額費用:注文本数(1回の配送)+サーバーレンタル料(その他費用は含まず) 主に飲料用で最も安いもの試算

プレミアムウォーター

評価

351 票, 平均: 4.43 / 5351 票, 平均: 4.43 / 5351 票, 平均: 4.43 / 5351 票, 平均: 4.43 / 5351 票, 平均: 4.43 / 5 4.43
読み込み中...
プレミアムウォーター

ウォーターサーバーシェア、顧客満足度No.1!

プレミアムウォーターは「ウォーターサーバーシェア、顧客満足度No.1!の天然水ウォーターサーバー」です。 非加熱の天然水と最新型サーバーを選べることで、近年大きくシェアを伸ばしました。スタンダードタイプのスリムサーバーⅢや、家電ブランドamadanaがコラボしたamadanaスタンダードサーバー、そしてボトル交換が簡単な下置きモデルのcado×PREMIUM WATER ウォーターサーバーなど、お部屋やライフスタイルに合わせた機種を選択できます。

お水の種類天然水
ボトルの種類使い捨て(7L・12L)
宅配方式ワンウェイ方式
注文本数
(1回の配送)
天然水:
2本~ / 3,974円~(12Lボトル)
2本~ / 3,542円~(7Lボトル)
水の価格
(500ml)
天然水 82円~
レンタル料0円(無料)~
月額費用3,542円~

※月額費用:注文本数(1回の配送)+サーバーレンタル料(その他費用は含まず) 主に飲料用で最も安いもの試算

  ウォーターサーバーの電気代の疑問に答えます!

ウォーターサーバーの電気代って1ヶ月どれくらいかかるの?

ANSWER

ウォーターサーバーの1カ月の電気代は一般的に1000円程度と言われているため、電気ポットと変わらない費用で使用できます。

節電機能のあるサーバーであれば月300円~程度まで節約できるので、電気代を抑えたい方には省エネ仕様のサーバーがおすすめです。

電気代の節約のためにウォーターサーバーの電源ってオフにしても大丈夫ですか?

ANSWER

ウォーターサーバーの電源は入れたままにして使用するようにしてください。

サーバー内部は、温水が循環することで雑菌の繁殖を防いでいるため、電源を切ってしまうと衛生状態を保(たも)てなくなってしまいます。

あまり温水を使わない、という方も、スイッチは常にオンにしておくようにしましょう。

サーバーによっては、温水の温度を下げて消費電力を抑える機能が付いていますので、電気代が気になる方は省エネ機能付きのサーバーを選ぶようにしましょう。

エコ機能を使用するとお湯の温度が下がるのですが?

ANSWER

エコ機能は、サーバーを使わない時に温水の温度を下げることで消費電力を節約する機能です。

エコ機能稼働時は通常よりも5~10度ほど下がっている状態なので、高温の温水を使用したい時は通常モードにして再加熱してから使うようにしましょう。

ウォーターサーバーの電気代を節約する方法を教えてください。

ANSWER

ウォーターサーバーの電気代を節約する方法は、主に二つです。

  • ・使わない時は省エネモードにする
  • ・温度差がある場所に置かない

ウォーターサーバーはお水を冷やしたり温めたりするのに電気代がかかりますが、温水の温度を一定に保ち続けることが特に電力を消費します。

少しでも電気代を抑えたい方は、省エネ機能付きのサーバーがおすすめです。使わない時は温水の温度を通常よりも下げて保温するので、節約することができます。

また、置き場所を工夫するだけでも電気代の節約につながります。直射日光が当たったり、エアコンの風が当たったりなど、温度が変化する場所に置くと影響を受けて無駄なエネルギーを消費してしまうので、温度差がない場所に設置するようにしましょう。

ウォーターサーバー以外の製品の電気代ってどれくらいかかるの?

ANSWER

電気ポットの電気代は1カ月約600~800円、電気ケトルは1カ月300円程度と言われています。

電気ポットの場合は、お湯の温度を一定に保つために常に稼働している状態なのに対し、電気ケトルは保温することができないため、その分電気代はかかりません。

通常ウォーターサーバーの電気代は月に800~1000円程度と言われているので、電気ポットとほとんど差がありません。また、省エネ仕様のサーバーであれば月に300円程度の電気代のサーバーもありますので、冷水と温水の両方を常に使うことができるウォーターサーバーの方が利便性は高いと言えます。